ポルトガルでの日々の記録
TOPフリーエリア




小僧7歳6か月。なんとか回避。


DSCF3933.jpg



冬は強烈なウイルスを学校からもらってくるので、恐怖の季節なのですが、なんとか今年は家族に感染しないで回避できたようです。毎年嘔吐系の風邪をもらってきて、私たちに移していましたが、小僧だけ少しもらっただけでした。この3月は季節の変わり目で気温がアップダウンし、真冬にはほとんど降らなかった雪が2回も降り、積もって学校に行けない日もありました。


学校ではすでに割り算を習い始めました。もう小僧はちんぷんかんぷんという感じです。もうすぐイースターを伴う春休みなので、苦手な数学の問題を解いたり、教えたりしようと思います。最近ジジババから数学の問題集も送ってもらい、また日本の大使館からも教科書をいただいたので、うまく活用して克服してもらいたいです。



師匠1歳4か月。カーカ。



17156148_775112979305740_8690359523268792892_n.jpg



とにかく「う〇こ」や「おなら」「おしり」などのワードが好きな小僧。「う〇こ」はポルトガル語で「カカ」と言うのですが、ちょっと言い方を伸ばして「カーカ」と小僧が師匠に言い続けた結果、師匠が独り言で言うようになった言葉が「カーカ」。意味も分からず言い続けている師匠がちょっと哀れです。。。


師匠は見よう見まねでいろいろやるようになりました。例えば紙ナプキンで口を拭いてみたり、リモコンを手にして私たちがチャンネルを変えるようにテレビに向けてボタンを押したりします。私たちの行動をちゃんと見ているんですねえ。


相変わらずメンチは切っております。目が見えるか見えないかくらいまで顔を下に下げてメンチを切っていた時はもうやーさんですよ。。。


食事はずいぶんと私たちが食べる食事を食べれるようになりました。でも噛み切れないとわかるとすぐに口からペッ。です。ときどき口から自分で取り出し、私に返却してくれることも(汗  じゃがいもはあまり好まず、パスタやごはんはもりもりたべます。なかなか口を開けてくれない時もありますが、低い声で師匠の名前を言うと、堪忍したように口を開けて食べてくれます。


今のブームは手でいろんな所を指しては何か尋ねること。毎日手が忙しそうです。



小僧7歳5カ月。パイレーツオブ…






pirate1.jpg



今年のカーニバルは海賊になりたいと言っていた小僧。コスチュームや小物を買いそろえ、いざパレードに参加しました。


pirate3.jpg


今年はパレードを見に行くことができたのですが、やっぱり私は目立ってしまうようですw クラスメイトたちが私を見つけるなり小僧に「(小僧の名前)、マインがいるよ!」と何度も言われておりました。恥ずかしがらないかなと思っていましたが、大丈夫でした。最近では学校に行くときに、お友達たちが待っているところに近くなると、私と繋いでいる手を離すようになり、恥ずかしいようなのです。「もう赤ちゃんじゃないし」と大人ぶっています。だんだん親の元から離れていくような気がして少し寂しくもあります。


気が付けば、子供番組も見るチャンネルが変わりました。Cartoon networkという番組に変わり、その中でも特にお気に入りがGumballという番組。ときどき私も見ますが、このチャンネルのアニメの内容は、はっきり言って教育上決していいものではありませんw 率直に言えばくだらないのです。キャラクターが食べ物を吐いたり、ものすごいスピードで車を運転したり、いきなり悲鳴をあげたり・・・ でも子供たちにとってはそのくだらなさがいいのかもしれません。反面教師となってくれることを願いますw




師匠1歳3か月。メンチ切ってます。


16681594_760968427386862_3910874280921884076_n.jpg


よくこんな顔をするようになった師匠。泣く前や怒っている時はこんな顔で訴えてきます。そしてママはいつも言うのです、「そんな怖い顔しちゃいかん!」。小僧はこんな顔したことなかったのになあ。。。


怒り方もいろいろです。ものを手で払いのけたり、バシッと人をたたいたり、ベッドでうつ伏せになってすねる、などなど。


言葉を覚えるのは相変わらずスローですが、疑問形でごにょごにょ話しかけてくることが多くなりました。いろいろ聞きたいことが多いんでしょうかね。フランが外で吠えていると、師匠も吠える真似をして、外を指さしたりします。逆に私たちの言っていることはわかってきているようで、こっちに来るように言うと、ちゃんと来たり、手に持っているものをちょうだいと言うと、ちゃんとくれますw


他にできることになったことと言えば、キスをしてくれるようになりました。キスをねだると、唇をまだ尖らせることができないのか、しゃくれた口が近づいてきますw ねだらなくても口が近づいてくることも。ときどき頭が近づいてくることもありますが、それはおでこにしてほしいということなんでしょうかね。また手を振るのもできるようになりましたが、なぜか手の甲を向けて手を振ってくれます。


ほとんど泣かず、良く寝てよく食べるお手本のような赤ちゃんなので師匠と呼んでいたわけですが、師匠撤回になりつつあります。。。夜中に泣いてよく起こされるようになったのです。目覚めると真っ暗で一人で寝ていることに気づいて泣くことが多いような気がします。とにかく抱っこされるとさっと泣き止むのです。そして一度起きるとなかなかすぐに寝てくれません。寝かしつけるまでに2時間かかることも。しかも熟睡してからでないとベッドに移した途端に泣き出すこともあり、私が歩き去る音で泣き出すことも。なのでスリッパを脱いで靴下で音をたてずに歩き去るようにしています。それなのに、ゆっくり歩いていた時に私の足の関節音がポキッと鳴り、それで起こしてしまったことがありました。その時はホント私が泣きたいくらいでした。。。

それでも師匠の笑顔を見ていると、改めてもう一人産んでよかったと思います。メンチ切らないでこんな笑顔をいつも見せてほしいものです。



16473733_760967947386910_8944138422447322323_n.jpg
そう、こんな笑顔!




小僧7歳4か月。ワイルド継続中。



DSCF3879.jpg



今のところ学校から病気も持ってこないで、冬でも家で走り回ったり、大声出したり元気な小僧。元気すぎて師匠への扱いも荒くなってしまって泣かしてしまうこともあります。


年末に担任の先生から授業中に話をすることを指摘されてから、よく小僧に「今日は先生に注意された?」と聞くようにしています。たまに0回の時がありますが、だいたい1回は注意されているようです。。。みんなの迷惑になっていないといいのですが、なかなか言うことがきけないようです。


少し前に「Pata」という言葉を師匠に使っていて、パイからこっぴどく叱られた小僧。Pataとは動物などの足の意味で、師匠に手をどけるように言ったときに使い、師匠を動物扱いしたことにパイが激怒したわけです。いろんなボキャブラリーを学校で学んできていますが、使い方次第で相手を傷つけることもあるので、こういうことはちゃんと注意していかなくてはいけないと思いました。


ただ今かけ算を学んでいて、よく宿題でノートに書いています。日本のように何度も読んだり書いたりして記憶させるような学び方をしているのでしょうか。また日本ではおそらく学ばないであろう韻を踏む文章をいくつか書かせる宿題もあります。音楽に乗せて言えばラッパーになれますかね。。。