ポルトガルでの日々の記録
TOPフリーエリア



小僧8歳6か月。いたずらか、いじめか。。。



IMG_2448.jpg



小僧がある日、自由時間に外で遊んでいる間に誰かにペンケースを切られたと言ってきました。ジッパーの真ん中をざっくり切られていて、二度と開け閉めできないようにされた悪質なものでした。でも証拠もないし、何かに引っかかって切れたかもしれないと思い、その時はあまり重要視しませんでした。でも次の週に再び同じ箇所を切られていて、これで2つペンケースが使えなくなり、先生にも報告しました。すぐに先生から「対応します」との返事をもらい、どうやら疑わしい子たちを主に小僧のペンケースを切ったか聞いたようです。先生は犯人捜しをしようとしているようでした。私は犯人捜しよりも、「こういうことがあったから」とクラスで話し合いの場を作ってほしいと思いました。特定の子を疑うのも可愛そうだし(無実かもしれないのに)、尋ねたところで正直にやったと言うとは思わなかったのです。おそらく犯人は見つからなかったんでしょう。でも、先生から疑われた何人かの子の中にやった子がいたかもしれません。なぜならその後数週間が経ちましたが、再びペンケースを切られるようなことがなくなったからです。


いじめは英語で「Bullying」というのですが、ポルトガルでもこの英語のBullyingと言うのが一般的で、ニュースでも使われます。忘れたころにいじめのニュースがときどき出て、暴力をふるういじめが目立ちます。


小僧にはいつも「隠し事はなしだよ」と言っています。言ったとしても、これからいろんなことを隠すかもしれませんが、学校で何かあったらすぐに私に教えてくれるのは、嫌なことであっても、教えてくれてありがとう、という気持ちになります。いたずらにあったり、友達に嫌なことを言われて一人で悲しい思いをしているのを想像するだけで辛いし、親としてできるだけのことをしてあげたいので、これからは注意深く小僧の持ち物などを見てあげたり、学校の出来事をきいたりして、もっと会話を増やそうと思いました。


少し前に小僧が「ハーフが嫌だ」と言ったのです。誰かにからかわれたのか聞いてみるとそうではないらしく、ポルトガル人だけ、とか日本人だけ、として生まれてきたかったようなのです。ポルトガルに住んでいるのに100%ポルトガル人ではないことに違和感を感じるようになったのかもしれません。「あなたは特別なのよ」と言ったのですが、小僧にとってはその特別が嫌なのかもしれません。。。


今はイースターを含めた春休みに入っており、タブレットで遊んでばかりですが、最近Youtubeの検索に話しかけて検索してくれるシステムを見つけ、一人でタブレットに向かって話しかけていますw あと今どきの子供らしく、ユーチューバーにハマっていて、ポルトガル人の男性が、珍しい家や醜い写真などを面白おかしく紹介していたり、ゲーム実況をしているのを見て喜んでます。ユーチューバーがやっていたのか、いきなり手で三角を作って「イルミナティ」と意味も分からず私に言ってきたときは驚かされましたけどね。。。





師匠2歳4か月。あ゛ーっ。




IMG_2428.jpg



「食べなさい」とか「片付けて」など師匠に言うと、ちょっと反発気味に「あ゛ーっ」と言います。これは小僧の真似なのです。小僧も私の言うことに「嫌」と言えないので、そのかわりのちっちゃな抵抗として「あ゛ーっ」と言い、行動に移すわけです。その行動をよく見ている師匠も言うようになってしまいましたw


師匠にはこだわりがいろいろあるようです。気が付くといろんな所に車を綺麗に並べたり、少しでも引き出しが開いていると、自分で閉めるなどします。几帳面なのでしょうかね。その影響なのか、小僧が見つけてきてくれたタブレットを使っての幼児用パズル(8ピースくらいですが)をうまく指でスライドしてできるようになりました。その一方で車を解体したりl壊したりするが好きで、車のパーツがあちこちに散らばっていることも。エンジニアにでもなる気なのかしら、みんなと冗談で言っています。


相変わらずいろんなものに興味津々なので、ものを指さしては「Que?」(何?)のオンパレード。同じものをずっと指さしてることもあって、答えが無限ループになることも。。。他には、青の意味の「アズール」を言いたいのか、「アジュー」と言ったり、「アイラブユー」を「アルー」と言ったりとまだまだ完璧に言えない言葉が多いですが、少し前から小僧の名前を言えるようになり、よく呼んでいます。またみんなとビデオ電話などで話しはじめるとき、みんなが「Ola, tudo bem?」と師匠に話しかけるので、同じように言い返しています。かっこいい、などの意味を指す「Fixe」フィーシュも良く言っています。ただ、シンプルな「はい」を指すSimがなかなか言えず、そのかわり、Yeahと英語で言ってます。


師匠は元気いっぱいでいいのですが、家中を走り回ることも多く、よく転んでは泣いて私のところにやってきます。ほとんどがおでこを打っているのですが、青くなったり、ちいさなたんこぶができることもあります。泣いてる度合でどのくらい痛いかわかりますが、ものすごい痛いときは、泣く声がなかなか出なくてはじめは沈黙なんです。大丈夫だと思ってたら、そのあとでものすごい泣き声が出るので、とんでいって対応する感じです。



夜に師匠が泣くときは、なんとかテレビや動画を見せて泣き止ませ、またベッドに戻すようにして、私との添い寝は好まなかったのですが、最近は私との添い寝を好むようになり、朝まで私のベッドで寝ることもあります。ただ良く動くんですよ。。。夜中に腕を私の目に振り落として痛い思いをしたこともあり、気が付けば足と頭が逆になって寝ていたりします。



師匠が何気に見ていることも、毎日行われていることはちゃんと覚えているものなんですね。夕方から暖炉に火をつけるのですが、始めは見ているだけだった師匠も、次に何が必要かというものを覚えて、私が松ぼっくりに火をつけると、他の松ぼっくり、そして細い枝から手渡してくれるようになりました。おかげで火おこしはスムーズです。お手伝いができるようになった年齢になったとは。。。うれしいものです。





小僧8歳5カ月。全部ばれてますー



IMG_2396.jpg



小僧のクラスは担任の先生がほとんどの教科を教えているのですが、美術や英語、体育など他の先生が教える授業もあります。先生によっては厳しくないというか、甘い先生もいるようで、そういう授業ではやんちゃな生徒たちは授業中の態度も良くないようなのです。小僧ももちろんその一人。小僧はばれてないと思っているかもしれませんが、その先生が担任の先生に報告し、そして私にも報告が来るので全部ばれています。席を立ったり、大声で話したり、真似をしたり、音をたてたりするなど。。。ただ先生のミスで小僧以外に同じメールを他の保護者に送っているのがわかったので、すべての事柄が小僧に当てはまっているかはわかりませんが、とにかくやんちゃの一人ということは間違いありません。小僧に言わせると、勉強ばかりなので遊びたくなってそういうことをしてしまった、とのこと。ガス抜きなら、自由時間に遊んだりするなどしてもらいたいのですが。。。



最近の数学で学んでいるのは、分数や小数点以下の数字が含まれた足し算引き算など。間違うことも多々ありますが、私が教えたことを小僧が理解し、小僧も問題が解けるとお互いうれしくてハイファイブしてますw



今年もカーニバルが行われて、生徒たちは市内でパレード。私は残念ながら見に行くことができませんでしたが、希望していたカウボーイの格好を用意することができて、うれしそうに学校に向かいました。



IMG_2369.jpg




師匠2歳3か月。BabyTVは卒業!



IMG_2357.jpg
古い携帯で遊ぶのが最近お気に入り



少し前まで師匠にテレビを見せるときは主にBabyTVを見せていましたが、なんだか幼稚でつまらないと感じてきたのか、小僧の見ているカートゥーンネットワークのほうが面白いと思ったのか、BabyTVのチャンネルにすると、「Nao」と言って否定します。ディズニーチャンネルでミッキーが出ているとうれしそうに見たり、パンダチャンネルという幼児向けのチャンネルも見ます。ただ見ている番組が気に入らないと、チャンネルを変えてほしくて私のところにリモコンを持ってきます。ケーブルのリモコンだけでいいんだけどな、、、師匠はテレビ本体のリモコンと2ついつも持ってきますw


師匠は自分の好物を除いては、すすんであまり食べてくれないので、私かパイが口に持っていくのですが、どうしてもいやで吐きそうになるのが魚介類のリゾット。アサリなどいろんなシーフードが入っていて、その味が苦手かもしれません。師匠の好きなソーセージも入れますが、ソーセージだけ食べて、ライスはなかなか食べません。残念ですが、食事のレパートリーから最近外しました。。 逆に好きなのがケチャップ。ケチャップだけなめたりするくらいお気に入りのようです。



師匠は機嫌がいいときはズンズンと行進しながら歩くので、それを見るのが好きなのですが、おやつを取りに一緒に行くときも、行進してうれしそうなのですが、可愛さのあまりちょっと意地悪して、後ろを歩く私が隠れたのです。後ろを振り向いて、あれ?の顔と走って私を探しに来る師匠は面白かったですよ。ごめんよ、師匠。



いつも私には似合わないとわかっていても、ちょっとイメージチェンジしてみたくて、自分で切って前髪を作ってみたのですが、師匠が前髪のある私を見るなり、首をふって「Nao....」と完全否定でしたw 見慣れないマインの姿はダメだったようです。おまけにパイには「本当にアジア人みたい」と言われ、「いや、私アジア人なんだけど。。。」というカオスなやり取りがそのあとありました。




小僧8歳4か月。難しすぎる。。。



IMG_2316.jpg



小僧の習っていることがとにかく難しすぎます。。。少し前出された宿題のテキストを見てみると、体のしくみのことだったのですが、体のパーツをざっくりと学ぶならわかるのですが、詳細の部分まで穴埋めになっていて、そこに当てはまる名称を書くような宿題だったのです。それが心臓の部分。心臓につながる肺静脈や肺動脈、上大動脈などの名称を書くようになっていて、パイはおろか、私もちんぷんかんぷんです。ウィキで調べて書かせましたが、とにかくこんな難しいことやってるのか、と驚きました。政府は子供たちにできるだけ多く医者にでもならせようとしてるのかしら、と思ったりしましたよw その傍らで、シンプルな割り算をやってるのですが、ギャップが激しすぎるような気さえします。またその割り算も日本の式とは書き方が違うので教えられず、姪に連絡して教えてもらっています。


とにかく難しい宿題が出ることも多く、親さえわからないことがあるので、同級生の親にパイが尋ねたら、「大学を出た私でも答えられないものがある」と言ったそうで、疑問をもっているのは私たちだけではないのはわかりましたが、無理に難しいことを教えてすぐに忘れたら意味がなさそうだし、ちょっと学び方に疑問を持っています。。


小僧は学校に午前用と午後用のスナックを持って行っているのですが、午前用はサンドイッチ、午後用はフルーツとクッキーを持たせています。そのクッキーがバタークッキーでおいしく、あるスーパーでしか買えないのでそこに行くとまとめ買いをするくらいで、小僧も気に入っているのですが、まわりの友達にあげたら友達もそのおいしさに毎回ちょうだいとねだられるようになったそうです。あげるだけでは自分が食べれないから、交換してもらったら?と行ったら、それ以降はチーズなどと換えてもらっているようで、クッキーより価値のあるものに代わって食べているようですw 


少し前に「ママは僕にそんな笑顔は見せないね」と言われてしまいました。私がキャンディを溺愛しているのはご存知かと思いますが、私を待って見上げてる顔が可愛すぎてものすごい笑顔をキャンディに作ってしまった時に、どうやら小僧は見ていたようなのです。赤ちゃんの時に顔が引きつるくらい笑顔を見せたよ!と言っても納得しないようでした。ジェラシーなんですかねえ。おふざけでものすごい笑顔を小僧に作ったら、本人からもものすごい笑顔が返ってきました。まだまだ甘えん坊なんでしょうね。