ポルトガルでの日々の記録


小僧7歳。お祝いにはちょっとユニークなレストランへ。


DSCF3616.jpg


小僧ははじめマックに行きたいと言っていましたが、ゲストを呼ぶには寂しいディナーになってしまうので、また今度行くということでシュラスコレストランに決めて行ったら、臨時休業。で、一度行ってみたいと思っていたレストランへ。ワイン樽を使った家具やいかにも北部らしいインテリアのレストランで気になっていました。


DSCF3608.jpg
こんな大きなワイン樽の中でのお食事。


プライベートな感じの空間が気に入ったのですが、少し狭くて、6人だと身を寄せ合って食べてる感じでしたw


JB7.jpg


私と小僧は牛肉ステーキを食べました。

DSCF3613.jpg


パイやほかのゲストは鴨のごはん。

DSCF3615.jpg


値段の割に量が少なく、パイは少し物足りなかったようです。ポルトガル北部らしい雰囲気のレストランだけあって、観光客が結構いたし、ウェイターも英語を話せたようでした。


小僧の誕生日に欲しいものはやっぱりトーマスやカーズのおもちゃ。そして今のお気に入りはZomblingsというコレクション的なおもちゃ。家つきのものを2つも買い、大満足してました。

夏も終わって新学期が始まり、小僧も小学2年生。朝9時から5時半までしっかり勉強して帰ってきます。若干反抗することもあり、ご近所さんにあいさつしなかったり、すねたような態度をとることもあります。師匠に構っている人を見て、自分は構ってもらえないと感じてその思いを直接私に言ってくることもあります。でもこれも成長過程の一つと思いながら小僧と接しています。来年はもう少し大人になっているのか、やんちゃが増すのか・・・どうなることやらですw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
今月ポルトに旅行する予定なので、ポルト在住の方のブログを検索したところ、ポルトガル在住の方のブログを集めたサイトを見つけ、そこからひとみんさんのブログにたどり着きました。
師匠、小僧、5姉など家族のネーミングが面白く、内容も笑いながら読ませていただきました。
私も2007年にイギリス人の主人と結婚して、イギリス在住9年目です。現在6歳の息子が一人と雌猫のマキと片田舎で生活しています。
ハンサムな小僧と可愛い師匠のお話、また拝見させていただきますね。
2016/10/02(日) 00:15 | URL | Yuri #-[ 編集]
はじめまして。お返事遅くなってしまいすみません。。ブログを読んでくださってありがとうございます!ポルトの旅を楽しんできてくださいね!素朴でどこか懐かしい感じの雰囲気で、きっとまた訪れたくなる街ですよ♪
2016/10/12(水) 06:18 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/905-feb064f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック