ポルトガルでの日々の記録


師匠7か月。いろいろ使っています。


DSCF3185.jpg


歩行器を使い始めました。でもまだまだ後ずさりが多く、前に進むのは少しだけです。テーブルにも赤ちゃん用の椅子をつけて座らせています。まだ少しフラフラするので、バスタオルで固定したりしてます。おかげで離乳食をあげるのが楽になりました。約7キロの師匠を抱えては結構たいへんだったので・・・

以前は離乳食を泣きながら食べていましたが、もう慣れてきたのか泣かずに食べるようになりました。食事を与えるのも一定になってきました。朝はミルク、昼はスープ、午後は甘い離乳食、夕食にスープ、寝る前にミルク で、朝までぐっすりという感じです。

また寝返りがうてるようになりました。これで少しは絶壁の頭が改善されるかな。。。


師匠は乾燥肌で、かゆみがよく出るので爪で顔や体を引っ掻くため、靴下をはめたり、クリームを塗って保湿を十分にするなどしていたわけですが、どうやら引っ掻いたところから細菌が入ってしまって、それを触って他の所をまた引っ掻いて、という状態で、だんだん肌がひどくなり、病院に連れて行ったら、そのまま治療のために入院が必要となり、先週4日ほど泊まり込みで付き添いしておりました。

付き添い人用のベッドもあり、食事も、朝昼おやつ夕と4回も出してくれるので助かるわけですが、ネットも使う人が多くてつながったり、つながらなかったりで師匠が寝ている間は暇で、雑誌を読んだりダウンロードしてきた曲などを聞いたりと過ごしておりました。師匠はというと、点滴姿がかわいそうでしたが、本人はいたって元気で、食事もちゃんととり、看護師さんや医者にもニコニコしていい子でおりました。今は傷もだいぶ良くなってきました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/898-1d71423f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック