ポルトガルでの日々の記録


師匠、6か月。毎日号泣。



g6mo1.jpg


5か月からスープを始めたのですが、塩はもちろん、お肉など味付けに何も入れれないので、毎日号泣しながら食べております。6か月に入り、お肉(豚肉はダメ)やオリーブオイルを少々スープに入れることができるので良くなるかと思いきや、まだまだお口に合わないようです。これから少しずつ野菜を増やしていくので、食べてくれるといいのですが。。。でもデザートのフルーツは泣かずに食べてくれます。甘いものはちゃんと食べるのですね。


相変わらず師匠は良く寝てくれて夜泣きもせず、子育てに苦労はしていませんが、スープの後は物足りないのか、時間があまりあかずに泣き、次の食事を要求します。一日最後の食事はミルクにして、満足して寝てもらうようにしております。


師匠は皮膚がデリケートで乾燥しやすく、相変わらず首回りや頭を爪で引っ掻くくせがあり、靴下を手にはめておいても、数分後には引っ張って取ってしまうありさまでした。眠いと首がとれるんじゃないか、というくらい左右にブンブン振るので、服で皮膚が擦れてしまうこともあります。小児科の先生に会ったら、お風呂はぬるま湯にするとか、一日何度もたくさんボディークリームを塗るなどアドバイスをもらいました。かゆみ止めのシロップを処方してもらい、それを飲み始めてからは掻くことが減ったと思います。


気が付くと、師匠もちゃんと成長しているのがわかります。おもちゃなどを強くつかんだり、やわらかいゴム製のような、噛んでも大丈夫なおもちゃを口に持っていって、自分で噛むようになりました。大きな変化は目。私が師匠からさっと目線を離すと、以前は私を目で追うのにゆっくりでしたが、今ではささっと目を追うようになりました。素早いので驚きです。


そういえば、みんなを笑わせる師匠の面白い行動がありました。4カ月くらいから始めた行動なのですが、顔を見て話しかけると、プイッと反対側を向くことがあるのです。そして、反対側に回ってまた顔を見て話しかけると、プイッ。何度もやることがあり、ぐずったりせず、無言でくるっと反対側を向くので爆笑です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/896-51c8be0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック