ポルトガルでの日々の記録


小僧6歳6か月。やっと抜けました。


DSCF3010.jpg


グラグラしていた歯がやっと抜けました。本人も気づかず、朝私が小僧を見て気が付いたのです。しかもその歯は行方不明。寝ている間に飲み込んでしまったか、どこかに落ちているか。ベッド周りを探してみたのですが、見つからずです。本人は歯が抜けたことがうれしいようです。今もう2本グラグラしていて、待ちきれないのか、気が付くと歯を触っている小僧。上の歯が抜けたら、顔の印象が変わりそうで、笑ってしまいそうです。。


今小僧は春休みの真っただ中。日本でいう2学期が終わり、小学1年生もあと2か月半くらいです。夏休みが長いだけに、あっという間という感じです。先日2学期の成績をもらってきました。一つMuito Bom(優)がBom(良)になってしまっていましたが、あとは1学期と同じ成績でした。どうやら、態度の悪さを色のボールで表しているらしく、緑色は良い、黄色はふつう、赤色は悪い、となっていて、小僧は赤色がいくつかあるようでした。授業中の態度が良くないようです。改善しないと保育園に戻るよ、と脅しておきましたが、変わってくれるかどうか。。。家でも走り回ったり、ジャンプしたりして、ずいぶんとエネルギーがあるように感じます。元気がいいのはいいですが、学校ではルールに従うことを覚えないとと思いました。。


小僧はずいぶんとポルトガル語の読みができるようになってきました。毎日寝る前に本を読んであげているのですが、最近では私が読んでいる所よりも先の文を見て自分で読んでいたり、自ら声を出して本を読みたいと言ったりと、相変わらずいろいろと学ぶことは好きなようです。家でも字や絵をよく書いていて、私に手紙を書いてくれることも。だいたいハートや花や褒め言葉が書かれています。

先日は父の日で、小僧がパイに手紙をプレゼントしました。英語のクラスで作ったようで、すべて英語で書かれていました。

DSCF3012.jpg
Happy Fathers Day

DSCF3014.jpg
I love you Dad

よくできました。


それから、待ちに待った日本の教科書が大使館から届きました♪ 

DSCF3017.jpg
国語、算数、道徳、書写、音楽、図画工作、あたらしいせいかつ


ポルトガルの教科書はイラストばかりですが、日本の教科書はカラーや写真が多くて小僧が興味津々で見ています。小僧がもし日本にいたら、4月から小学1年生なのかあ。。。としみじみと感じてしまいました。きっとママたちは入学式のためにスーツを用意して、子供には一張羅(古っ)を着せて、いろいろ準備に大変なんだろうなあとも思ってしまいました。そう考えるとポルトガルは入学式など何もないし、あっけらかんとしています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/891-a0726378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック