ポルトガルでの日々の記録


先日パイが憤慨していました。なぜかというと、ジャガイモやブドウなどに必要なビタミンの液体が、普通に買えなくなったとのことでした。購入するには、40時間の講習を受け、200ユーロを払ってライセンスを取得しなければならないとのこと。そうすれば買えるようになるのですが、使用後はどのくらい使ったか申請もしなくてはならないようで、かなり面倒なことになっています。おそらく、ライセンスを持っている人に頼んで他人が買わないようにするための防止策のようです。また、販売をするお店もそのビタミンに精通したプロを雇わなければならず、その人を雇うお金などないお店は、ビタミンを販売するのを断念しているとのこと。


もともとあまり裕福ではないポルトガルでは自給自足は当たり前で、特に年配の人たちは、畑に出ていろんな作物を作り、ブドウを育ててワインを作るなどしています。そこにやっと?目を付けたのでしょうか。政府はお金集めにあれこれ躍起になっているのです。


ポルトガルは、なーなーになっていることがまだまだあります。でもそれも少しずつ見直されて、今後いろんなルールに縛られるようになるような気がします。何でも好き勝手にできなくなり、何でもお金を徴収するようになりそうな気さえします。


つい最近ガソリンが値上げしたニュースを聞きました。スペインのほうがガソリンが安いので、ポルトガル人はスペインに行って給油する人も多いのですが、それは止めようと政府が促していました。みんないろんな方法を考えて節約をしているわけですが、政府はいろんな形で市民の生活を苦しめているような気さえします。今日本で話題となっている、「保育園落ちた日本死ね」というダイアリーを書いた匿名の人が「国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ」と言っていましたが、ポルトガルも市民を苦しめる前に、無駄に多い気がする議員たちを減らしてそこからまず財源確保をすればいいのにと思ったのでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
政権が代わって税金が安くなるんではと思っていましたが、喜んだのはボーナスが復活した公務員や民営化が進められていたのに再び国有企業に戻ったポルトガル航空の職員だけ?
地域やご親戚に議員はいませんか?田舎なら陳情が効果的かもしれません。こういう時こそ使わないと。
2016/03/16(水) 20:23 | URL | caldoverde #-[ 編集]
まわりに議員はいないんですよね。。主人は議員を減らす陳情を出したいくらいと言っておりました(笑
2016/03/26(土) 19:02 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/890-595131b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック