ポルトガルでの日々の記録

普通分娩だった私は、48時間病院に入院してその後家に帰ることができました。小僧の時は帝王切開だったため、傷口が痛くてなかなか思うように子育てを始められなかったので、普通分娩なら大丈夫だと思っていたのですが、これがかなり大変でした。


出産した日は朝から何も食べていなかったし、分娩室の個室にいた時も水も飲めず、ただ口を水で塗らすくらいしかできなかったので、出産後はとにかくお腹がすいて、病院の夕食に間に合うかなあとそればかり考えていましたw 看護師さんがとりあえずとお茶とマリークッキーを持ってきてくれたのですが、これだけでは足りず、やっと一般病棟に移されて夕食を運んで来てもらった時には、もう慌てるように食べました。写真のことはすっかり忘れてしまっていましたが、私の好きなマッシュポテトに温野菜、白身魚のソテーでなかなかおいしかったです。

パイと小僧、3兄の妻と娘が夜の9時前までいてくれたのですが、みんなが帰ったあとからが地獄でした。麻酔が切れはじめ、縫合した部分の痛みがだんだん出てきたのです。とにかくどんな姿勢でも痛みを感じ、痛み止めの薬をお願いして飲んだのですがぜんぜん効かず。夜中の12時ごろにヘルパーさんと看護師さんが一緒にシャワーを浴びるのを手伝ってくれたのですが、とにかく歩くたびに激痛が走り、泣きそうでした。そのあと氷を持ってきてくれて充てていたのですが、結局その日の夜は痛みでほとんど寝られず。そんな私の代わりに看護師さんたちが次男にミルクをあげてくれたり、時間になったら用意してくれたりして助かりました。


小僧の時の入院は、いい思い出がありませんでした。不愛想なヘルパーさんがいて、おまけに頼んだミルクを小僧が半分しか飲まず、そのままにしておいたら、それをヘルパーさんが看護師さんに言いつけ、2人がかりで私に「全部飲ませないとダメ」と注意され、一人病棟で泣いた思い出があるのです。産後はホルモンバランスがくずれ、小さなことでも泣き出してしまうくらい感情が乱れることがあり、私はそれを小僧の時に経験しました。退院後家に帰って、キャンディの目のまわりが目ヤニで汚れているのを見て、パイに「なんでケアしてあげないの」と泣いて怒ったり、フランが私が食事を取り上げると勘違いして軽く手を噛んだ時も「噛まれた」と泣いたりしたのですが、今回は全く感情が乱れることがなく、泣くこともありませんでした。看護師さんやヘルパーさんもとても優しく、世間話をしてくれたり、進んでミルクをあげてくれたり、穏やかに過ごすことができたこともあるかもしれません。次男もとてもおとなしく、ほとんど泣くことがなかったので助かりましたが、とにかく私はずっとお股の痛みと闘っていたのでした。でも不思議なのは、他のママたちは全然平気そうに普通に歩いたり、産後問題なさそうだったことです。会陰切開をしなかったからでしょうか?私だけ普通に歩けず、苦しんでいた感じでした。


産後の痛みと闘っている中で、唯一の楽しみはやっぱり時間になると食事やスナックを持ってきてくれることでした。家で毎食事の料理をしている私にとっては、贅沢な時間に感じました。

DSCF2541.jpg
2日目の夕食 豚肉とピーマンの串刺し・パスタ・キャベツ・スープ・りんご


DSCF2546.jpg
3日目の昼食 ひき肉と豆・ライス・温野菜・スープ・フルーツサラダ


最後の食事だったひき肉と豆の料理だけはまずくてほとんど食べられませんでした。。。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
元気なお子さんが生まれて良かったですね!
小僧君もすっかりお兄ちゃんになって、2人で遊べるのを楽しみにしているところですね。
それにしても外国は退院するのが早い。
ケイトさんやダイアナさんも出産後2日位で、赤ちゃんを抱いてスタスタ歩いてましたね。日本人と身体の造りが違うんでしょうか?
2015/11/27(金) 23:59 | URL | caldoverde #-[ 編集]
>元気なお子さんが生まれて良かったですね!

ありがとうございます!無事に産まれました。

>ケイトさんやダイアナさんも出産後2日位で、赤ちゃんを抱いてスタスタ歩いてましたね。日本人と身体の造りが違うんでしょうか?

ほんと違う気がしますよね。まわりのみんなは何ともなかったように子育てを始めていて羨ましかったです。
2015/12/07(月) 02:14 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/880-78b3fd9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック