ポルトガルでの日々の記録

金曜日は保育園の終業式でした。日本のような格式ばった形ではなく、毎年恒例で保護者や家族の前で子供たちが歌やダンスを披露して、保護者の一部で出しものをし、先生たちにお礼をしたあとで、バーベキューの食事会です。


DSCF2266.jpg


実は小僧は未だに小学校に上がれるのかがわかりません。問題は小僧の生まれた日。ポルトガルでは、9月15日を境に分かれています。9月15日までに生まれている子は確実に小学校に上がらなければなりません。でも小僧は9月21日生まれなので6日遅く、来年に回されてもおかしくないのです。クラスに空きがあれば、9月16日から12月31日までに生まれた子は上がれるようですが、今回の卒業生は特に多く、ほとんどの子が今の保育園と一緒になっている小学校に上がることを希望しているため、難しいと言われています。どうしても小学生に入りたかったら、空きのある学校を探してもらうこともできますが、問題は送り迎えがあるかどうか。それに通い慣れた学校を離れ、仲良くなった友達みんなと別れなくてはならないこともあり、希望の小学校に入れないなら、もう一年保育園に留まることで合意しました。

早く新しいことを学んでほしいと思っていた私にとっては、小学校に入ってもらいたい心境ですが、もう一年保育園に留まることは、そんなに悪い事ではないとも思いました。まず、来年は小僧が第一優先で希望の小学校に入れるということ。8月21日生まれの近所のディエゴ君は、何がなんでも小学校に入らなくてはならず、希望の小学校ではなくても、どこかに入学しなくてはならないのです。それを考えると、もう一年待って希望の小学校に入ることはいいことかもしれません。また、小僧がクラスで一番年になるので、他の子よりも多少の知識があるということ。現に5姉の長女はクラスの中でも年のほうだったので、勉強についていくことは容易だったようですが、次女はクラスの中で若いほうだったので、勉強についていくのが大変だったようです。そういうことを考えると、保育園に留まるのもありかなと思ったのでした。


前置きが長くなりましたが、一応卒業生という扱いをしてもらいつつ、小僧は今年も大いに歌ったり踊りました。


Fin2015-1.jpg
これはみんなでカブを抜くストーリーの劇。小僧はメイン夫婦の兄役で登場



Fin2015-2.jpg
ダンスを披露(右側)








Fin2015-3.jpg
歌披露



Fin2015-4-re.jpg
(一応)卒業生として歌披露


今年は3兄の嫁と娘が見に来てくれました。


Fin2015-6.jpg


バーベキューの食事のあとは、みんなでケーキでお祝い。今年は泣けるかなーと思っていたのですが、卒業するかしないか曖昧だったので泣けませんでしたw でも驚いたのは、一人の卒業する男の子が感極まってステージで泣いたのでした。それにつられて泣いてた保護者も。小僧は絶対泣くタイプではないなと思いながら見ていました。。。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/861-7f4651a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック