ポルトガルでの日々の記録


わが家は、よくコンチネンテというポルトガルの大型スーパーを利用しています。500ユーロ買うごとに5ユーロ分還元してくれたり、よく10%オフのクーポンが来たりするので、食事の買い物はコンチネンテがほとんどなのです。


そしてコンチネンテでは、12月頃から2月終わりごろまで、今までになかった新たなプロモーションが。それは、20ユーロの買い物毎にシールを一枚くれて、枚数に応じてナイフや包丁がもらえるというもの。


DSCF1703.jpg


ここで気になったのは、やっとのことでシールを集めたはいいものの、交換したい時にはもうない、なんてことにならないかということ。半信半疑で集め始めたのです。気がつけばパイのほうが気になって、買い物に行くたびに「あのシール帳持ってきた?」なんて言うまでにw


結局少し前に500ユーロ分の買い物をしたのでシールが貯まり、お目当ての一番大きい包丁をゲットすることができました。

DSCF1704.jpg
矢印のコレです。

包丁の多くは日本の包丁と書かれていました。日本製ではなく、日本で使われている包丁ということなのですが、ここでSantokuという日本語らしいものが目に入りました。全く知らなかったのですが、Santokuとは三徳のことで、3つの用途を意味し、肉、魚、野菜が切れる万能包丁という意味があることを今回知りました。

賢いな、と思ったのは、すべてシールを集めなくても少額のお金を出せばもらえるということ。私がもらえた包丁も、10シールに4.99ユーロを出せばもらえると書かれています。

すべてセットで欲しければ、店頭で購入もできるし、購買意欲をかきたてるものでもあります。その狙いもあるのでしょうね。普段包丁なんてそう買うものでもないし、これを機に購入が増えれば利益に繋がりますしね。

まだ期日まで日にちがあるので、少なくとも果物ナイフを手に入れることができそうです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/837-eef57d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック