ポルトガルでの日々の記録

ポルトガルで一番有名な魚と言えばバカリャウ(鱈)ですが、日本では見かけないけどこちらではポピュラーな魚の一つにドウラーダ(Dourada)があります。この魚はタイの一種で、日本名はヨーロッパへダイ。白身ですが、日本で食べるタイよりも柔らかい食感だと思います。


わが家は魚というと、バカリャウとサーモン、アジくらいしか食べず、ごくたまーにサバを料理するくらいであまりチャレンジしないのです(-_-;)


そしてこのドウラーダも過去に1,2度外でグリルしたことがあるくらいで、普段ほとんど買うことのない魚だったのですが、オーブンで焼いてみようと思い立ち、早速料理してみました。


DSCF1338.jpg


内臓処理済のドウラーダに塩こしょう、そして玉ねぎ、にんにく、赤ピーマン、ローリエ、オリーブオイル、白ワインを投入して200℃で約40分、オーブンにお任せ。とても簡単なのに、とてもおいしかったのです!茹でたポテトにもぴったりでした。もちろん我が家のメニューに堂々と入りましたw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/826-ccf0565e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック