ポルトガルでの日々の記録


土曜日に小僧とバスでポルトに行ってきました。ポルトに日本語補習校があり、先生からよかったら見学に来てくださいとお誘いを受けていたものの、なかなか参加することができず、今回やっと行くことができたのです。

ビラレアルからポルトまではバスで1時間半。その間小僧はいい子に座っていてくれるかどうか気にしていましたが、保育園のお迎えやイベントでバスに乗ることもよくあるので、座ると同時に自分でシートベルトを着用していましたw

それでもバスにトイレがあるわけではないので、いろんなことを想定して準備をしていきました。トイレは、ペットボトルやパンツタイプの紙おむつで対応、リバースのためにプラ袋を用意するなど。。。予想通り行きのバスで少々リバース。帰りのバスではおしっこのためにペットボトルが活躍してくれました。

ポルトに着いてタクシーを拾おうかと思ったのですが、思い切ってメトロに乗ってみました。英語表記があったのでチケット購入もスムーズにできました。小僧は初めて乗る電車に不思議そうな感じでいました。

今回は日本語補習校は運動会でした。見学にもかかわらず、いろんな競技に参加させてもらいました。

DSCF0439.jpg


始めは恥ずかしがっていた小僧も、慣れてくると他の子供たちと遊んだり、保護者の方たちにちょっかいを出したり。。。


DSCF0446.jpg
パン食い競争も経験。他の子とパンを取り合ってたけど、自分の分を見つけてなんとかゴール。


DSCF0449.jpg
スイカ割りも経験。ピニャータみたいだね、と小僧。


DSCF0454.jpg
玉入れも経験。


他にもいろんな競技に参加させてもらい、小僧はとても楽しかったようです。帰りのバスの中でもまた日本の学校に行きたいと言っておりましたが、たぶん小僧は日本の学校はこういう運動会を毎週やってると思っているのかも。。。パンをもらったりスイカを食べたり、風船や手作りおもちゃをいただいたり。。。フェスタに参加している感覚だったかもしれません。

今回の見学は、小僧にとっても私にとってもいい経験でした。小僧は日本の規律などを学んでないから、先生の話を動かず立って聞くことができなかったし、ラジオ体操は初めてというのはあったのですが、みんなと一緒に最後までできないような状態でした。日本語とポルトガル語の二か国語をちゃんと話せる子も多く、小僧には学ぶことがまだまだたくさんあると考えさせられました。

ここからポルトまで週一で通うのは今は難しいですが、小僧がもう少し大きくなって行けるような状態なら通わせてあげたいと思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/784-195132da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック