ポルトガルでの日々の記録


小僧4歳6か月。新しいおもちゃに夢中!


P3222972.jpg




最近アメリカに住む5姉から使わないipadをもらった小僧。それでYoutubeを見たり、キーボードを打ってみたり新しいおもちゃとして夢中になっております。


毎年5姉の娘たちがポルトガルに来る時に自分のipadを持ってきていて、小僧も使わせてもらったことがあり、使い方は少しわかっているようで、指を使ってあれこれやってます。使い方がわからないことがあると、私がやっているのをちゃんと観察して、次からは自分でやっているみたいです。興味のあることは、どんどん覚えていきます。


最近小僧の言動で笑ってしまったことがありました。小僧が何かをお願いする時は「ポルファボール」と語尾に言うのですが、ある日チョコを十分食べたのにまだ食べたいとせがみ、小僧のポルファボールの度に私がダメと言っていた後、突然「プリーズ」と英語で言ったのですよ。ポルトガル語でダメなら、英語で言ってみようという発想に笑ってしまいました。今まで厳しい顔でダメと言ってた私が、プリーズのあとに笑ったものだから、今は始めから「プリーズ」と言ってます。

また、私が小僧の見る動画の中で笑えたものがあったのですが、ある日小僧がそれを見つけて開き、「見て!」と嬉しそうに言ったのです。私が笑っていた動画を覚えてて、私にまた喜んでもらい、笑ってもらいたいという小僧のやさしさが見えました。小僧の何でも「ママ、ママ」と甘え頼って自分でなかなかやろうとしないことにうんざりしているような私の顔や、産後体調が優れないことが増え、調子が悪い時の顔を知らないうちに小僧はよく見てしまっているのかな、と思ってしまいました。だから私が笑ってくれるようなことをいろいろしてくれるようになったのかなあ、と。小僧の前ではもっと笑顔を見せてあげないと、と思ってしまいました。


それでももう4歳半。そろそろ自分で一人でやってくれたらいいのですが、服を着るのも手伝ってとなかなか自分で率先してやりません。日中に一人でいるのも嫌なようで、ママと一緒にいると言って家のどこに行くにもついてくる状態です。そしてまだ一人でも寝れないでいます。夜に一人だと怖いみたいで、月を見ても怖いと言っています。一度小僧が寝てから他のベッドに行ってみたのですが、やはり夜中に私がいないのに気づいて泣いて「ママ〜」と叫んでいるので、そこから小僧と朝まで寝ることに。次の日に「もうパイのベッドに行っちゃだめだよ」と念を押されてしまいました。。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/758-d08634c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック