ポルトガルでの日々の記録


アメリカに住む5姉が、たくさんの小僧の服と共に送ってくれたのがコレ↓


P5032432.jpg


バーベキューグリル。今まで使っていたのは結構しょぼかったので(左のや左上のです)ずいぶんとスタイリッシュになったような感じで、家にまだ馴染んでおりませんっw


バーベキュー日和が続いているので早速活躍しています。


P5032434.jpg
先日はバラ肉を焼きました。


ちょっとした上段があるので、野菜など焼いてもよさそうです♪


ところで5姉が利用した配送ですが、なかなか賢いビジネスをしている人がいるのですよ。大きな荷物を送りたいけど、そんなにたくさんあるわけではない、という人のために、安い料金でコンテナに一緒に荷物を入れて送ってくれるのです。そういう人がたくさん集まってコンテナはたくさんの荷物で埋まり、儲けている人がいるわけです。それだけ需要があるのでしょう、パイがコンテナが到着する場所に取りに行くと、受け取りに来た人がたくさんいたそうです。


パイが使う大工用具をはじめ、ポルトガルにある多くの商品はアメリカで売っている商品に比べてクオリティーが低いのです。そのくせ値段が高い。アメリカからいろんな商品を持ってきたい気持ちはよ〜くわかります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
道具も食べ物も昔からあって変わっていないものが多すぎ。良く言えば伝統を大事にする、はっきり言えば進化がない。金属製のやかんやティーポットの使いにくいこと。でもやけどしないように取っ手を別素材にすると、「鍋つかみ産業」が衰退してしまうので困るのかもね?
2013/05/15(水) 19:50 | URL | caldoverde #ywW7zt0k[ 編集]
私は日本ですけど、アメリカから買ったりします。日本でアメリカのアパレルは売っているんですが、価格が2倍だったりして輸入して関税払っても安いことが多いからです。アメリカは、安くていいものが多いのでしょうね。残念ながら円安へと進んでいますので今後は減ると思いますが。
2013/05/20(月) 22:16 | URL | 通行人 #-[ 編集]
>良く言えば伝統を大事にする、はっきり言えば進化がない。

ほんとそうですよね。まだ売られているということは、多少の需要があるということでしょうし。。。レストランもポルトガル料理が主流であまり他の料理を冒険しませんよね。ある意味鎖国な感じがしてしまいます。。
2013/05/23(木) 00:24 | URL | ひとみん  #-[ 編集]
>私は日本ですけど、アメリカから買ったりします。日本でアメリカのアパレルは売っているんですが、価格が2倍だったりして輸入して関税払っても安いことが多いからです。

日本の物価に合わせているといいますか、多少高くても売れるからかもしれませんね。今はネットで比較も簡単ですし、消費者も賢く買い物しなくては!ですよね。
2013/05/23(木) 00:27 | URL | ひとみん  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/676-51abc0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック