ポルトガルでの日々の記録

14日の金曜日から保育園が始まりました。最後まで入れるかどうか心配していましたが、指導員の方や小児科の先生のプッシュで何とか希望の保育園に入ることができました。オムツの件もどうやら大丈夫のようで、ホッとしていますが、オムツをしていればそこにしてしまうので、トイレに行きたいという意思表示ができるかどうか。。。



P9142241.jpg

P9142245.jpg


入園式などはなく、初日は親同伴も可で半日のみでした。お母さんと離れるのが嫌で既にぐずっている子、途中でお母さんがいなくなったのに気づいて泣き始める子、シャイで他の子と遊べずに隅でどうしようかと見つめている子、さまざまでした。


P9142251.jpg


小僧はというと、教室に入るなり椅子に座ってペンを取り出したり、たくさんのおもちゃに興奮して早速遊びだしたり。もう親の存在は眼中にない様子でした。。。


うれしかったことは、先生たちが既に子供たちの名前を覚えていたこと。私を初めて見るなり先生が「あなたは(小僧の名前)のお母さんね!」言ったのにもびっくりでした。名前と顔を一致できるような写真付きのラックが用意されていました。また、壁には誕生日の欄もあって、誕生日にはケーキを出して祝うのだそう。既に今日は誰かの誕生日で、ケーキが振舞われたようです。


P9142260.jpg


P9142248.jpg


小僧はこのクラスの中でも若いほうですが、他の子供たちと比べると、手がかかりそうだなあという印象でした。先生の言うことを聞かず、他の事をしはじめたり、おとなしくしていられなかったりなどなど。学校で学ばなければならないことはたくさんありそうです。


P9142259.jpg


保育園は祝日を除いて月から金、9時から3時半。希望がある人のみ、6時までいられます。ここは私立ではなく公立なので、保育料はかかりません。月に10ユーロ(約1000円)の文房具などの材料費と、お昼代がかかるのみです。


P9142264.jpg


それから、今のところ交通手段が確保できずにいます。集落の長に頼んでいますが、もし確保できないとなると、他の家族たちと協力して送り迎えをしようと考えています。子供の義務教育は6歳からで、5歳からは確保するということになっていますが、今の段階は義務ではないので、なかなかお金が出せないのが現状のようです。


パイが「新しい旅のはじまり」なんて言うもんだから、なんだかしんみりしてしまいました。。。こうやって親の元からだんだん離れていってしまうんだなぁ~と大げさに思ったり。この状況に慣れるのに時間がかかるのは小僧ではなく私だったりして。。。(๑→ܫ←)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ポルトガルの経済状況は詳しくなく、スペインのような失業率が25%ほど高くもないのかもしれませんが、子供にとっては環境が整った住みやすい国のようですね。うらやましいです。小僧君は積極的でよさそうですね!
2012/09/15(土) 07:50 | URL | 通行人 #-[ 編集]
保育園、行けるようになってよかったですね!しかも公立に行けるなんて、うらやまし。

うちは、地区の公立はもちろんSanta Caseの保育園も見事にこぼれ落ち、少し遠い新しい保育園に通う事になりました。まだ、市の営業許可がおりておらず、来週か、はたまた再来週か、いつ始まるか分かりません。。。ザ•ポルトガルです。

そうですよね。。。寂しいですよね。。。
まだ通い始めていないので、頭の中でのシミュレーションでは、意外とあっさりと受け止められるのではないかと思っていましたが、体験談を聞いてしまうと、それだけで寂しく何とも言えない気持ちになりますね。。。
子供の成長は嬉しい事ですが、成長するという事は、親から少しずつ離れて行くという事ですよね(泣)
なんだか、ちゃんと送り出せるか不安になってきました(笑)

そういえば、トイレトレーニングなのですが、うちの姫、完全に卒業できました!
彼女の好きな、白雪姫などのプリンセスシールを買い、『おトイレでう●ちが出来たら好きな所に貼れる』としたら、その日から出来るようになりました。ひとみんさんもまだでしたら試してみてください。
2012/09/15(土) 08:55 | URL | tomoko #-[ 編集]
ご入園おめでとうございます。
夏休み前に保育園の話をしていたのでどうなのかなあと思っていました。希望の園に入れたということでよかったですね。(よかった反面・・)ママはさみしくなっちゃいますね。 
この園も年齢で分かれているのではなく数学年が同じクラスなのでしょうか? 園生活では学ぶ事もたくさんありますね。成長も大きいことでしょう!楽しそうな園ですね☆

ということは小僧君は4年保育になるのですか? 我が家は2年保育の計算でまだ家にいますが私の計算が間違っていたら1年保育になりうる可能性もあり・・かもです。
また園の様子など聞かせてくださいね♪ 
2012/09/18(火) 08:48 | URL | twopeasinapod #-[ 編集]
>ポルトガルの経済状況は詳しくなく、スペインのような失業率が25%ほど高くもないのかもしれませんが、子供にとっては環境が整った住みやすい国のようですね。

子供にやさしい国ではありますが、田舎になると、いろいろ難しいこともあります。。でも授業料がかからないのはありがたいですね!
2012/09/21(金) 15:53 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>うちは、地区の公立はもちろんSanta Caseの保育園も見事にこぼれ落ち、少し遠い新しい保育園に通う事になりました。まだ、市の営業許可がおりておらず、来週か、はたまた再来週か、いつ始まるか分かりません。。。ザ•ポルトガルです。

同じ地区にいながら近くの保育園に入れないなんて。。。それだけリスボンは子供の人数に対して保育園が少ないのでしょうか?すぐに保育園に行けるといいですね。

>子供の成長は嬉しい事ですが、成長するという事は、親から少しずつ離れて行くという事ですよね(泣)
なんだか、ちゃんと送り出せるか不安になってきました(笑)

家に帰ると静かでびっくりしますw自分の時間がやっと作れる反面、やはり寂しさも感じます。。慣れるまで少し時間がかかりそうです。。

>そういえば、トイレトレーニングなのですが、うちの姫、完全に卒業できました!

おめでとうございます!娘ちゃんがんばりましたね!うちの小僧はあれこれやっていてもなかなか。。地道にやっていきます;;




2012/09/21(金) 15:58 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>ご入園おめでとうございます。

ありがとうございます!

>この園も年齢で分かれているのではなく数学年が同じクラスなのでしょうか? 

この保育園は3歳から5歳の子がいっしょの教室にいます。6歳からの義務教育からは、同じ年代の子に分け学ぶようです。ということは、小僧は3年保育ということでしょうかね。。
2012/09/21(金) 16:02 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/617-116f6d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック