ポルトガルでの日々の記録



私たちの住んでいるエリアは、田舎だからなのか、今まで住所に番地がありませんでした。ストリート名までだったのです。しかも私たちが住み始める少し前までは、これまたストリート名もなく、集落名のみ。これで郵便物がなんとか届いていたのが驚きです。



そしてようやく、みんなの各家に番地がつくことになりました♪ みんなうれしいのか、必要性を感じていたのか、もう多くの家は、外壁などに番号を取りつけ始めました。



そこで不思議なのがこの番号。目と鼻の先のご近所さんと、番号が5番も違いがあるのです。私たちの家からちょっと離れたご近所さん(といってもその間にある家はたったの4軒)とは、60番も違いがあって、すでに100番台の数字も変わっちゃってる始末。普通連番になってるはずでは?どういうふうに番号をつけたのかが疑問です。



とにかくこの番号のお陰で、郵便物は確実にみんなの元に届くことを願いたい。2兄の娘の家の郵便物は、近所の人のポストに入っていたと言うし、今はもう起こらないけど、2兄の家に私たちの郵便物が入ってたこともあったから。


この田舎も少しずつ改善してきているよう。あとは、都市ガスとケーブルが通れば、都心と変わらない生活になるんじゃないかな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
番地が付くと便利になりますね♪
昔より郵便物は多いだろうし、自分の知らないエリアの配達をすることもあるでしょうしね~。楽になるのでスピードアップするかも知れませんね。
2010/11/08(月) 21:04 | URL | Sette #73lZ7beo[ 編集]
>楽になるのでスピードアップするかも知れませんね。

そうだといいのですが。。。ときどき、どこの郵便物かわからず、ほかのポストに入れていくということもあるんですよ。かな~り適当ですw
2010/11/09(火) 06:32 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/426-3cd9b019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック