ポルトガルでの日々の記録




少し前にあるご近所さんと話をしていた時のこと。ある言葉が、発音が悪くて相手に伝わらず、書いて見せました。でも相手が私の書いた字を見ることはなかったのです。それですぐに気がついたのです。。。






「しまった。。。。。」






実は、多くの年配の人たちは、読み書きができないのです。母国語を話し、聞くことはできるのにと考えると不思議ですが、なぜかというと。。。





おそらく読み書きができない年配の人たちが生きてきたのは、サラザール政権という1932年から74年までの独裁政権の間かと思われます。その当時人々は貧しく、子供たちも学校に行かずに働いたり、家の手伝いをしていたからです。



現に、ダンナの両親も読み書きができなかったそうで、ダンナとお姉さんがせめて自分の名前を書けるよう、教えてあげたそうです。


そういう時代だったからこそ、人々が読み書きができなくても生活できるしくみになっていたと思うのです。サインは拇印で済んでいたというし、ペーパーテストの不要な、限られた乗り物(50ccのバイク等)が乗れる免許も存在していたわけです。でも、時代が変わるにつれて便利になっているはずのことが彼らには不便になっていることも事実です。


例えば郵便局などにある整理券を取る機械。用件によって取る整理券も違うわけですが、まずその用件の字が読めないわけです。また、テレビで放映される海外の映画やドラマ。字幕があっても読めないわけですから、彼らにとっては意味のない番組なわけです。


近所に住むテルムリンダおばあちゃんも一度、薬の箱に書かれた文字が読めず、いつに何錠飲んだらいいのかわからず、ダンナに聞きにきたことがありました。あるニュースで、薬局の人が老人相手に接客をしていたのが映っていたのですが、いつ飲むのか忘れないように、朝と夜を意味する、太陽や月の絵を描いてあげていました。


こういうことに直面するたび、私が、学ぶことができる環境にいたことに、感謝をしなければいけないなと思うようになりました。


小僧もいつか学校でこのことを教えられるかもしれませんが、あらためて小僧の祖父母の時代はこうだったんだよ、と学校に行って学べるありがたさを教えてあげたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
話せるのに読み書きができないって、すごい不思議な感じ。
当たり前に学んでいた事にほんと感謝です。
そういう事に直面しないと、自分のありがたさってわからないですね。
でも、イラストで説明表示するのってなんだか可愛いです。
2010/08/10(火) 21:05 | URL | michi #-[ 編集]
アンソニーの祖母は自分のサインが書けなかったので、身分証明書にその旨が書いてあり、拇印でした。義母もあまり字が書けません。買い物メモに、裏返しにアルファベットが書いてある事も。小学校低学年までの学歴です。計算は出来ないんじゃないかなー。当時の田舎暮らしでは、学問は必要なかったんでしょうね。
2010/08/10(火) 22:32 | URL | 小町 #-[ 編集]
今当たり前に学校に通えて、読み書きが出来るって素晴らしいことだと実感しますね。
世界中で見てみれば、まだまだ紛争・生活事情で学ぶことが出来ない人達がたくさんいるわけですから、学ぶことが出来るという境遇の有難さを伝えていくべきですね。良いお話を聞かせてもらいました。
2010/08/11(水) 01:12 | URL | じょみー #-[ 編集]
ご無沙汰しております*
小憎くんとっても大きくなっていてびっくりしました!すごいかわいいですね♪
フランちゃんも大きい!
ほんと、当り前のようなことこそ感謝すべきことだというのを普段忘れてしまっていますよね。私も改めて考えさせていただきました。
2010/08/11(水) 07:34 | URL | きらり #eAb5nx9M[ 編集]
ご無沙汰しております!
ネットワーク障害にてぐずついておりましたw

そうですよね、私もこの国に来て、ありがたみをもって過ごさないとなぁ、と思うこと多々あります。

普通の環境で必要最低限の勉強ができたこと、勉強させてくれた両親に、感謝です。

2010/08/11(水) 07:53 | URL | ピパーナ #ZxXOt7Ek[ 編集]
>そういう事に直面しないと、自分のありがたさってわからないですね。

ですよね。今更ながら、教育を受けれたことに感謝をしなければならないなと思いました。

>でも、イラストで説明表示するのってなんだか可愛いです。

テレビで見たときは、いいアイデア!と感心して見てました。
2010/08/12(木) 16:44 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>アンソニーの祖母は自分のサインが書けなかったので、身分証明書にその旨が書いてあり、拇印でした。

サインを書けない旨が記されてもいたのですね。

>当時の田舎暮らしでは、学問は必要なかったんでしょうね。

農業には労働力のほうが必要だったのでしょうね。
2010/08/12(木) 16:47 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>世界中で見てみれば、まだまだ紛争・生活事情で学ぶことが出来ない人達がたくさんいるわけですから、学ぶことが出来るという境遇の有難さを伝えていくべきですね。

そうなんですよね。今でも十分に教育を受けれない子供たちが世界にたくさんいるんですよね。。。このことも学校に行ける子供たちに伝えていく必要がありますね。
2010/08/12(木) 16:49 | URL | ひとみん #-[ 編集]
ご無沙汰しております。お元気でしょうか。

>ほんと、当り前のようなことこそ感謝すべきことだというのを普段忘れてしまっていますよね。

そうですよね。私もこのことを知って改めて感謝をするようになりました。
2010/08/12(木) 16:52 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>ご無沙汰しております!
ネットワーク障害にてぐずついておりましたw

ご旅行にでも行かれたのかしら。。。と思っておりました。ネット障害、私のもときどき起こりますが、使えないもどかしさでイラッとしてしまいますよ。特にビジネスでネットが必要ならなおさらですよね。

>普通の環境で必要最低限の勉強ができたこと、勉強させてくれた両親に、感謝です。

私も、大学まで行かせてくれた両親に、改めて感謝をしましたよ。


2010/08/12(木) 16:56 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/392-d01d7457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック