ポルトガルでの日々の記録


最近ダンナが鼻の手術をしました。(といっても整形じゃないですよー)

無事に手術は完了したのですが、はじめに主治医に相談してから手術をするまでかかった年月なんと。。。
















1年6ヶ月。






信じられない長さです。主治医が専門医に会うリクエストをしてくれてから、専門医に会えたまでが約半年。それから検査やら、手術の日にちを言われるだけに行ったりなどの無駄なアポもいくつかこなしてもいたのです。



私はこの時間のかかる原因は、ドクターが足りないのかと思ったのですが、そればかりでもないようなのです。姪の話では、システムが悪すぎるということのようなのです。



私が妊娠前に行った乳がん検査も2ヶ月待ちだったし、以前リスボン近郊に住んでいたときも、体調が悪くて主治医に会いたくても、すぐには会えないのが現状でした。何でも時間がかかるのです。


言い方が悪いかもしれませんが、「医者に会うまでに、良くなるか、死んでしまうか」と思ってしまいます。


最近のニュースでは、私たちの近くの町にドクターがいないということを言っていました。ドクターはもっと大きな都市で働きたくて、田舎で働きたい人がいないようなのです。


これがポルトガルの医療事情の現実かと思うと驚かされます。


そして今、看護師たちがストに入ってしまっています。昨日小僧の検診だったのですが、看護士がいないために身体測定ができなかった上に、予防接種もできませんでした。来週の月曜日には通常通りになるようなので、私たちには大きな影響ではないのですが、入院している人がいるような病院ではどうなっているのだろうと心配になりました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
海外に住んでいると一番心配なのは・・・・医療面ですよね~!これって本当に国によっての保障システムが全く違うから大抵やきもきされられる事がおおいですよね~~~~!!

それにしても1年6カ月なんて~~!!よく待てましたね~!

スリランカでも病院やクリニックはいつも満員状態。ちょっとした事で薬を処方してもらいたいだけなので朝早くから整理券並び→夕方からの診察並び・・・・本当に一日掛かりで疲れますが、外人の私が待っていると必ず優先されてしまいます・・・他の方たちに申し訳ないやら・・・!
2010/02/04(木) 22:35 | URL | nacona #dvUYBDnY[ 編集]
スリランカでも医療に関しては大変そうですね。。。

そう思うと日本の医療システムは早くてありがたいと思いますよね。

2010/02/08(月) 20:00 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/337-de6c7edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック