ポルトガルでの日々の記録

芸術家の姪がガトーショコラ作りを手伝っていた時、ご機嫌だったのか、いろんな歌を歌っていました。その中で、



ア~ザマス♪



ア~ザマス♪




と勢いのいい歌が。





ざます、って・・・  スネ夫のママか



でも、どっかで聞いたことあるな・・・あ、そうだ。




サッカーの試合だ。





国歌だ!






嗚呼ざますは、サビの部分 Às armas!  だったのね。(そう聞こえるのよ)


そういえば、どんな意味かも知らず、いつも聞いていたので調べてみました。



Hino Nacional


Heróis do mar, nobre povo, (海の英雄、気高い国民)
Nação valente, imortal   (勇敢な国、永久の)
Levantai hoje de novo,   (掲げよ、今再び)
O esplendor de Portugal   (ポルトガルの華麗を)
Entre as brumas da memória, (記憶の霧の中で)
Ó pátria sente-se a voz   (祖国の叫びを聞け)
Dos teus egrégios avós   (われらの素晴しい祖先を)
Que há-de guiar-te à vitória. (勝利に通ずる声を)

Às armas! Às armas!     (武器を!武器を!)
Sobre a terra e sobre o mar! (地の上に 海の上に)
Às armas! Às armas!     (武器を!武器を!)
Pela Pátria lutar!      (祖国の戦いのために)
Contra os canhões marchar, marchar! (大砲に向かって進め、進め!)


注: ひとみん訳につき、ゆるく見ていただきますようお願い致します。(感じだけ、つかんでおいてw)



日本の国歌と違って、勢いある歌です。


聞きたくなったアナタには、お約束の動画を見るがいいです。


ANJOS(兄弟デュオ)という、ポルトガルの歌手のアカペラバージョンでどーぞ。(動画はワールドカップ2006)


(最後にチラッと出てくるのがANJOS)








もっといい画像ないの?クリスティアーノよく見れないじゃない!ってお冠の方には、下の画像で機嫌直したらいいやん。


↓ 2007年3月に行われたユーロ予選(ベルギー戦)より





よい週末を。



P5100081.jpg
応援クリックは下ざます



   
人気blogランキングへ






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なかなかいい歌じゃないですか!
歌詞の内容はおいといて、いい音ですね~♪
それにくらべてイタリアの国歌はこっけいですよ。聴いたことあると思いますが。。。
日本人だったら、国歌を鼻歌でうたう人一人もいないでしょうね。
2007/05/19(土) 06:59 | URL | きらり #eAb5nx9M[ 編集]
偉いねー、よく調べました。私は全く興味なかったので、今回、初めて意味を知りました。ひとみんさん、ありがとう。これって、軍隊っぽい歌ですよね。今時の若い人は、ちゃんと歌えない人も多いらしいですよ。テレビの街頭インタビューでやっていました。
2007/05/20(日) 03:46 | URL | 小町 #-[ 編集]
イタリアは確かに聴いたと思うのですが、すぐに思い出せず、探して聴きましたよ。どちらかというと、マーチっぽいですね。
2007/05/21(月) 02:19 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>今時の若い人は、ちゃんと歌えない人も多いらしいですよ。

日本に比べて少し長いですからね、ポルトガルの国歌。

訳が正しいか微妙ですが・・・こんな感じですよね?
2007/05/21(月) 02:21 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/32-7d945346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック