ポルトガルでの日々の記録


私の住むあたりには、2つの教会があります。そして、この教会から時間を知らせる鐘が鳴り響きます。

家から近いほうの教会(仮にA)は、鐘がカーンコーンと3回ほど鳴ってから、時間の数だけ鐘が鳴ります。そして、家から少し離れたほうの教会(仮にB)は、鐘が奏でる音楽が鳴ってから、時間の数だけ鐘が鳴ります。両方の教会は、30分にも鐘が鳴ります。この教会Aと教会Bが若干ずれて鳴るからいいもので、同時だったら、鐘を数えたくても何が何だかわからなくなりそうです。。。

家づくりをしていた時は、この鐘時計が役に立ったものです。今でも外にいると、「あーもう○時かぁ・・・」と教えてくれます。

でもこの鐘、風向きによってはかなりの音。近所の人にとっては、夜中も容赦なく鳴るわけだし、寝れるのかなあ。。。と。ダンナ曰く、もうみんな慣れてしまってるよ、とのことですが。

随分前にニュースで、ある教会の鐘を鳴らさないように決めたところ、住民の反対があったというのを聞いた。特に田舎では、年配の人たちが畑仕事など外で作業している人も多い。そういう人たちは、時計など持たず、教会の鐘を頼りに時間を知るのです。生活に欠かせないものなのですね。


そして教会Aでは、訃報の鐘も鳴ります。同じ村に属している人が亡くなると、担当の人が教会に向かい、鳴らすのです。聞くと、少し悲しげな音色。他には、結婚式を挙げると鳴らします。


教会の鐘は、人々の生活に密着しているんだなーと思わされます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひとみんさん!
うちも道路を挟み、教会があります。
その教会も時報とお葬式の時、鐘を鳴らします。
音は静かで、ちょうどいいです。
寝れない夜、長風呂中、鐘の音で時間を聞き分けれるからちょうどいい。笑
でも、鐘の鳴り方ってどこも同じじゃないんですねー
うちは、まず4回(15分x4)鳴って、その後朝6時なら6回。
あとは、15分ごとになります。
ひとみんさんの教会の音聞いてみたいものです。
2009/09/12(土) 04:38 | URL | えこ #mQop/nM.[ 編集]
>寝れない夜、長風呂中、鐘の音で時間を聞き分けれるからちょうどいい。笑

なるほどー。確かに便利ですね!

15分ごととは、時間も正確にわかりますね。
2009/09/14(月) 16:51 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/310-71c27ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック