ポルトガルでの日々の記録
ずっと犬が欲しい欲しいと思っていたさなか、近所の人のラブラドールが子供を産んだと聞き、早速尋ねると、譲ってくれるということになって私たちはもううれしくて。父親がラブラドールではないんだけれど、見た目はもうラブラドール。乳離れしたら持ってきてくれるとのことで、首を長くして待っていたのでした。



でも。。。オーナーが急に譲れないと言いだしたのです。どうやら育てているうちに情が移ってしまい、自分たちで飼うことにしたというので。。。残念でした。



ところが運命的な出会いが!!!去年の11月から新居に住みだし始めた頃、ゴミを捨てにいく途中で動物が鳴いている声を聞いたのです。子犬でした。

まだ目が見えず、お母さん犬から離れて、道路で鳴いていたのでした。もう2匹子犬がいて、お母さんのお乳から離れないでいました。

お母さん犬はノラ犬で、よく見かけていました。ここではメス犬は少ないので、たくさんのオス犬が彼女のお尻を追いかけ、子孫繁栄のための熾烈な戦いが繰り広げられて、よく喧嘩しているような声が聞こえていました。それで腹んだのでしょう。

お母さん犬は、いつもは人間を恐れて去っていくのですが、さすが子供を守るために、「うー」とうめきながら、ものすごい形相で私を追い払おうとしていました。

この子犬の行く末は分かっていました。近所の誰かが川に流してしまうのです。飼い主のいないノラ犬を増やさないため。ノラ犬たちは、畑や羊小屋を荒らしたりしてしまうからなのです。

だから余計に私はこの子犬たちを持って帰ろうと思ったのです。でも、お母さん犬の側にいる子犬たちは取り上げられない。。。せめて道路で鳴いている子犬だけでもと、持って帰ったのでした。


持って帰ってきた子犬はこんな状態でした。。。



PB190369.jpg


ダンナが反対するかなーと思ったのですが、頑張って育ててみようと言ってくれたのでよかったよかった。


でも、まだ母乳が必要な子犬だったので、ちゃんと育ってくれるか心配でした。



そして一週間後、目が開き始めました。


PB250276.jpg


そして名前はフランに決定。ダンナが名づけたのですが、ポルトガル語ではFurão。意味は、「詮索者」とか「探し出す人」という意味。あちこち匂いを嗅ぎまわる仕草をするので。。。発音は、「フラォン」という感じですが、ここでは簡単にフランとしておきます。


ちなみにこのお方がフランの母。


P1100428.jpg


そして、おそらく父親であろう、近所の犬。


FR1.jpg


いつもこの2匹は仲睦まじくしていたし、体の模様が似ているので。。。


こうしてフランとの3人の生活が始まったのデス。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キャ~、フランちゃんかわいいですすね☆
ラブラドールもいいですけど、こうして運命的に出会うワンちゃんはまた特別ですね!
ほかの子犬ちゃんたちも飼い主がみつかるといいですね。。。
2009/08/02(日) 17:03 | URL | きらり #eAb5nx9M[ 編集]
お腹は白いだねv-286
2009/08/03(月) 12:37 | URL | フランス娘 #-[ 編集]
フランちゃぁああぁぁぁぁぁん、とーってもラブリーw

しかし、野良犬増やさないために、川に流しちゃうって、ちょっとかわいそう。。。

フランちゃんはひとみんちゃん夫妻に拾われて、幸せやね。
2009/08/04(火) 22:58 | URL | きさらぎ #-[ 編集]
>ラブラドールもいいですけど、こうして運命的に出会うワンちゃんはまた特別ですね!

子犬はどの犬もカワイイですからねー。見つけてしまったら、持って帰らずにはいられませんでした。。。
2009/08/05(水) 17:28 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>お腹は白いだね

ところどころが白いことになっておりやす。
2009/08/05(水) 17:29 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>しかし、野良犬増やさないために、川に流しちゃうって、ちょっとかわいそう。。。

私も知った時はショックだったよ。今度見つけたときは、シェルターなどに連れて行ってあげようと思いました。飼い主が見つかるかもしれないし。。。
2009/08/05(水) 17:42 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/295-47fc7fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック