ポルトガルでの日々の記録


ポルトガルスープ界ではおそらく一番有名であろう、カルドヴェルデと呼ばれる、ジャガイモのスープがあります。




久しぶりに作ってみました。




P2050044.jpg



オリーブオイルでニンニクと玉ねぎを炒めたあと、水とジャガイモを入れ茹でる。


そしてあのマシーンでガーっ。


そしてCouve galegaと呼ばれる、キャベツの一種の千切りを入れ、塩コショウで味を調え、最後はポルトガルのソーセージ、チョリソーをのせてできあがり。


体が温まる、冬にはもってこいのスープです。



P5090070.jpg
コレだけでいける。


あとパンがあれば、昼はコレでいい勢い。


応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごくあったまりそうなスープですね♪
名前がイタリア語みたいです。
緑のあたたかいものって意味ですが、ポルトガル語ではどうなんですか?
チョリソーは辛いんですよね?
これをいれるところがいいですね*
2008/02/05(火) 06:55 | URL | きらり #eAb5nx9M[ 編集]
 よく聞く名前ですが食べたことありませんでした。どんなものかも知らなかったです。 今度作ってみますね。 キャベツが入るんですね~、なるほど。それで緑色なんですね。
2008/02/05(火) 07:52 | URL | maerilla #p7b3euCg[ 編集]
カルド ヴェルデ、私も好きです。
あの、緑が健康に良さそうですよね~。
ところで、気になったのですが、このスープの入った食器、とっても可愛らしい絵が描いてある!!
好みです!!
2008/02/05(火) 07:54 | URL | GIRAS+SOL #amXlFcx2[ 編集]
私もカルドヴェルデが大好きです!
オリーヴオイルと滑らかなイモとの相性がたまらなく美味しい^^
美味しそうです!!!!!
都内のポルトガル料理店へ行った時もコレも頼んでみました、ちゃんとそのキャベツが入ってましたよ。
2008/02/05(火) 08:25 | URL | bio #SAgGpZhg[ 編集]
v-421
すばらしい!

美味しそうですね(じゅる)
そのキャベツが手に入らないので、日本では作れないです。(たぶん)

素朴なポルトガルのスープは私も大好きです。
なんだか日本の味噌汁に通じるものがあるような気がします。
2008/02/05(火) 12:44 | URL | かぎちゃん #JzQhROSo[ 編集]
寒い日には、スープですよね。
カルドヴェルデ美味しそう・・
キャベツ・・あの硬いキャベツの事かな?家でも作れるかしら・・?
2008/02/05(火) 19:21 | URL | maki #-[ 編集]
ニュージーランドから遊びに来ました、みーあ。です。

冬にぴったりのスープで、美味しそうですね。(ちなみにニュージーランドは真夏です汗)

最後にいつも登場する豚チャンの一言がおもしろいっ。

応援ポチっとして帰りま~す:) そしてまた遊びにきまっす!
2008/02/06(水) 17:49 | URL | みーあ。 #UODr0Lv2[ 編集]
>緑のあたたかいものって意味ですが、ポルトガル語ではどうなんですか?

緑の汁になります。

>チョリソーは辛いんですよね?

見た目ほど辛くはないんですよ。どちらかと言うと、塩が効いている感じです。種類によっては辛いソーセージもあります。
2008/02/07(木) 05:52 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>よく聞く名前ですが食べたことありませんでした。

レストランではよくメニューに載っている、代表的なスープです。簡単ですので、ぜひ作ってみてください。
2008/02/07(木) 05:55 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>カルド ヴェルデ、私も好きです。

とても飲みやすいスープですよね。コレだけでお腹いっぱいになります。笑

>ところで、気になったのですが、このスープの入った食器、とっても可愛らしい絵が描いてある!!
好みです!!

ありがとうございます♪豚のイラスト付きのボウルです。本当は朝食用なのですが、使っちゃってます。
2008/02/07(木) 05:58 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>都内のポルトガル料理店へ行った時もコレも頼んでみました、ちゃんとそのキャベツが入ってましたよ。

おお!日本でも同じキャベツで同じスープを飲めるところがあるのですね!
2008/02/07(木) 06:00 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>そのキャベツが手に入らないので、日本では作れないです。(たぶん)

日本で見かけることのないキャベツの種類ですよね。キャベツとはまた違う野菜のようなんですよね。
2008/02/07(木) 06:02 | URL | ひとみん #-[ 編集]
>キャベツ・・あの硬いキャベツの事かな?家でも作れるかしら・・?

このキャベツなのですが、フランスにありますでしょうか?↓

http://pt.wikipedia.org/wiki/Couve_portuguesa

もしありましたら、簡単ですのでぜひ作ってみてください。
2008/02/07(木) 06:06 | URL | ひとみん #-[ 編集]
はじめまして。コメントありがとうございます!

ニュージーランドは真夏ですね!羨ましいです。

またぜひ遊びに来てください。
2008/02/07(木) 06:08 | URL | ひとみん #-[ 編集]
ガレガケールを400坪ほど栽培しています。種、入手大変でした。日本のケールはほとんど品種改悪された雑種です。元はアメリカのチジミケールかポルトガルの低いケールかが原種になっています。
2011/05/20(金) 09:56 | URL | 大塚恒吉 #-[ 編集]
>日本のケールはほとんど品種改悪された雑種です。元はアメリカのチジミケールかポルトガルの低いケールかが原種になっています。

そうなんですね。日本ではほとんど見かけないですよね。私はこちらに来て、こういうキャベツがあることを知りました。
2011/05/23(月) 18:22 | URL | ひとみん #-[ 編集]
返信ありがとうございました。あれから500坪に増やし栽培しています。ここは埼玉の熊谷ですが、最高気温40度、最低気温ー6度でポルトガル育ちのケールには厳しいらしく梅雨で腐ったり、台風で倒れたりと生存率はあまり高くありません。日本のケールはコラードと言う巨大キャベツの一種とポルトガルケールの雑種が50年かけて作り出されたそうです。青汁の創始者、故遠藤仁朗医師の岡山県に住む息子さん、遠藤治郎博士に確認しました。リスボン大のアントニオ モンテイロ博士にも質問したところコラードはケールではなく、近年、どこかで作り出された可能性が強いとのこと。多分アメリカの実験所で。もし、ケールを栽培されておられるなら大切にしてください。ガレガやポルトガルケールこそ5000年間大きな品種改良なく守られ続けた宝だと思います。
2012/02/07(火) 14:18 | URL | 大塚恒吉 #-[ 編集]
>ここは埼玉の熊谷ですが、最高気温40度、最低気温ー6度でポルトガル育ちのケールには厳しいらしく梅雨で腐ったり、台風で倒れたりと生存率はあまり高くありません。

場所が変わると気候の違いで育てるのは本当に難しいのですね。。。

>もし、ケールを栽培されておられるなら大切にしてください。ガレガやポルトガルケールこそ5000年間大きな品種改良なく守られ続けた宝だと思います。

今年ご近所さんから苗をいただけたらポルトガル独自の野菜として、大切に栽培したいと思います^^
2012/02/09(木) 03:26 | URL | ひとみん #-[ 編集]
こんにちは。あれから、アントニオ・モンテイロ博士に再度メールをいただきました。コーボ ガレガやポルトガル・ケールはほとんど、どんな菜の花系とも交配するそうです。ポルトガル人の雑な管理から考えて純潔どころかいろいろ交配し続けたのは間違いないと思います。尚、スープに入れる葉がないと書かれておられる方がいますが、日本のケール(青汁用)で代用できます。味も大きさも全く同じです。
2012/06/06(水) 22:26 | URL | 大塚恒吉 #-[ 編集]
こんにちは。

>ポルトガル人の雑な管理から考えて純潔どころかいろいろ交配し続けたのは間違いないと思います。

「雑な」の部分に妙に納得してしまいましたw

>尚、スープに入れる葉がないと書かれておられる方がいますが、日本のケール(青汁用)で代用できます。味も大きさも全く同じです。

そうなのですね!うちでは今年もCouve galegaを育てています。
2012/06/08(金) 17:23 | URL | ひとみん #-[ 編集]
日本的には少しはっきり書きすぎてしまいました。アメリカの大学育ちですから、お許しを。モンテイロ博士に尋ねる前に、couve galegaをgoogleでポルトガル語から英語に翻訳し、サイトのほとんど全て読みました。1年かかりました。その中に、galegaは自家受粉するとありました。後、種を購入したポルトガル人の女性ともう一人菅知子さんと言うポルトガル在住の女性二人にポルトガルの農家の方たちに尋ねていただいたのです。2人の返答はgalegaは自家受精であり他のキャベツ類とは交配しないとの返事で狂喜したのもつかの間、疑り深い私は最後に、交信のある大先生モンテイロ博士に尋ねたのです。結果は、書いた通りです。何といういい加減な国民だ!と少し腹を立ててしまいました。ポルトガル人は親切な国民である利点があるのですから、仕方がないと思っています。
2012/06/21(木) 15:57 | URL | 大塚恒吉 #-[ 編集]
そのようないきさつがあったのですね。そうなんですよね、いい加減な部分がありつつも、人々はとても親切ですね。
2012/06/22(金) 01:16 | URL | ひとみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitominpt.blog100.fc2.com/tb.php/218-e980993d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック