ポルトガルでの日々の記録

小僧7歳7か月。 言うこときかん坊。。。



18157732_804983052985399_6033726065714611016_n.jpg


なかなか言うことを聞かない小僧。ときどき聞いてるのか聞いてないのかもよくわかりませんw 叱れば必ず言い返して態度も大きいです。先日は、お迎えのバンを待っている時に、車が通るからあちこち行かないようにと何度も言っても聞きませんでした。そんな時は、いつもバンから私に手を振って去るのに、まるで無視。。。


短気なのは血の気が多いポルトガル人の血を引いているのか、私の黙っていない性格が災いしているのかは不明ですが、とにかく宿題ができないと怒り、何かがうまくやれないと怒り、困ったちゃんです。学生のころ私は理科が苦手でなかなか理解できず泣いたことがありますが、小僧は怒るタイプのようですw


相変わらず私の隣で毎日寝る小僧。自分の部屋があってベッドもあるのに、小さいころから添い寝していた習慣がまだ抜けきれません。それなのに、夜中にいきなり「いい夢見てたのにマインのいびきで起こされた」と言う始末。その時は寝ぼけ眼だったので「そんなにうるさかった?」と言いましたが、今考えれば「じゃあ自分の部屋で寝れば?」ですよ。。


小僧はスープにしない限りあまり野菜をたべてくれませんが、先日いとこのアフォンソ君が来てサラダをもりもり食べているのを見て、「自分も食べる!」とすすんでレタスを食べていた小僧。時にはこういう刺激や競争心が小僧には必要そうです。

スポンサーサイト


師匠1歳5カ月。相変わらず。。。




17884432_795668227250215_1389651624702375556_n.jpg





相変わらず、こんなコワイ顔をする師匠。怒っている時は、物を投げたり、テーブルから落としたり、椅子の後ろに頭を打ち付けるようにしたり。。。態度がどんどん大きくなってます。でも何か欲しいときは、指をさしながら甘えた声でねだるようになり、親ばかながらかわいいのでついつい言うことをきいてあげたくなります。1番目の子供よりも2番目の子供は世渡り上手と聞いたことがありますが、まさに師匠もそんな感じ。ある意味賢くなりそうです。


これまでも私がイスに座ってPCを使っている時、師匠はときどき来ては私をペチペチ叩いて呼ぶことはしていたのですが、私が振り向くと、顔を私の体にくっつけるようになり、私が頭をなでてあげたり、ハグしてあげると満足してまたどこかへ行くというやりとりを何度もするようになりました。パイは小僧にはしないで、私にだけしてくれるのがちょっとうれしかったりします。


他にできたことと言えば、ボールを蹴るのができるようになったり、使い方が間違っているような気がしますが、ママ~やパパ~をよく言うようになりました。携帯の使い方を見たことがあるのか、小さな古くなった電卓を耳に持って話すしぐさをするようにもなりました。


師匠はあまりミルクを好んで飲まなくなり、特に寝る前は飲まないのでやめて、朝飲むだけになりました。お腹が空いて起きることはないのですが、昼から少しずつ食事の時間をずらしていき、夕食は私たちの食べる時間(夜8時ごろ)にして、ゆっくり食事をとって9時すぎにはベッドに入ります。すぐには寝ませんが、ちょっと遊んだりしたあとで自分で横になり、寝るという感じです。それでもときどき夜中に起こされます。だいたいPCで「BabyTV」の動画を少し見せたりしたあとは、ディズニーのオルゴール音楽を聞かせながら寝かしつけがお約束になっています。



小僧7歳6か月。なんとか回避。


DSCF3933.jpg



冬は強烈なウイルスを学校からもらってくるので、恐怖の季節なのですが、なんとか今年は家族に感染しないで回避できたようです。毎年嘔吐系の風邪をもらってきて、私たちに移していましたが、小僧だけ少しもらっただけでした。この3月は季節の変わり目で気温がアップダウンし、真冬にはほとんど降らなかった雪が2回も降り、積もって学校に行けない日もありました。


学校ではすでに割り算を習い始めました。もう小僧はちんぷんかんぷんという感じです。もうすぐイースターを伴う春休みなので、苦手な数学の問題を解いたり、教えたりしようと思います。最近ジジババから数学の問題集も送ってもらい、また日本の大使館からも教科書をいただいたので、うまく活用して克服してもらいたいです。