ポルトガルでの日々の記録


小僧、7歳2か月。相変わらずなかなか言うこと聞きません。。。(汗


DSCF3723.jpg


冷めないうちに食べなさいとか、早く服に着替えてとか言っても、なかなかすぐにやらない小僧。普通に言うトーンでは響かないようです。。。声を上げるのは嫌ですが、そうしないと本気度が伝わらないみたいです。


もうすぐクリスマスなので、「あと何日でクリスマス?」とか「いつおもちゃ買ってくれるの?」と言うようになりました。とりあえずサンタさんに欲しいものを伝えるから手紙を書くように言ったら、今回は絵も描いておりました。自分の絵を描き、吹き出しに「サンタさん大好き」とリップサービスも欠かさず(爆 クリスマスが終わればさっさとサンタさんのことなんて忘れるのにな。。。


小僧の学校は「Eco Escola」と言って、環境にいい学校作りをしています。リサイクルのことを教えたり、敷地内に畑を作って野菜やハーブを育てていたり、ニワトリやアヒル、うさぎなどの動物を飼って、子供たちが世話をすることでいろんなことを学べるようにしているのです。そして、学校で採れた野菜や卵でケーキなどを作って出したり、採れたハーブでハーブティーを出したりもしています。そんなこともあって少し前に学校が「Eco Escola」として表彰されたこともあってか、最近3,4社ほど続けてテレビ局が取材に来ておりました。生放送に出たりもしておりましたが、学校は子供をテレビに出していいか事前に親に許可を求めていたので、ちゃんとしているなあと感じました。


スポンサーサイト


師匠1歳。


DSCF3695.jpg


もう一年が経ってしまいました。この1年を振り返ると、短期の入院を2度ほどしましたが、子育てに苦労をすることはほとんどなく、良く寝てよく食べてくれる、高齢ママ思いの子だったなという感じです。今ではものにつかまって歩けるようになり、小僧と同じ時のように成長しています。

今ではすっかり「キャンディー」がちゃんと言えるようになり、よく言っております。もっと簡単なマインやパイという言葉を教えていますが、なかなか言ってくれませんw


食事の時の行動もいろいろ変わってきました。口にこぼれたスープを自分の手で拭こうとしたり、私が飲み物をあげようとすると、口の中のものを早く食べて飲み込み、飲む準備をしてくれたりするようになりました。知恵を働かせて、ランチョンマットの上にある届かないクッキーやパンは、ランチョンマットをめくって、自分が届くところまで持ってこようとするので驚きです。新しい行動がみられるのはやっぱり面白いです。


誕生日の日には後見人(2兄と3兄の嫁)とその家族を呼んでレストランに行きました。ケーキは5姉がくれたミッキーのぬいぐるみがベッドの中にあるので、見覚えあるとわかってくれるかなー?という思いでミッキーのイラスト入りのを注文。でも本人はどうやらケーキがお好みじゃなかったようで、お皿に盛ったケーキを目の前に置くと、いらないのか何度もお皿を前に押しておりました。。。