ポルトガルでの日々の記録


小僧7歳。お祝いにはちょっとユニークなレストランへ。


DSCF3616.jpg


小僧ははじめマックに行きたいと言っていましたが、ゲストを呼ぶには寂しいディナーになってしまうので、また今度行くということでシュラスコレストランに決めて行ったら、臨時休業。で、一度行ってみたいと思っていたレストランへ。ワイン樽を使った家具やいかにも北部らしいインテリアのレストランで気になっていました。


DSCF3608.jpg
こんな大きなワイン樽の中でのお食事。


プライベートな感じの空間が気に入ったのですが、少し狭くて、6人だと身を寄せ合って食べてる感じでしたw


JB7.jpg


私と小僧は牛肉ステーキを食べました。

DSCF3613.jpg


パイやほかのゲストは鴨のごはん。

DSCF3615.jpg


値段の割に量が少なく、パイは少し物足りなかったようです。ポルトガル北部らしい雰囲気のレストランだけあって、観光客が結構いたし、ウェイターも英語を話せたようでした。


小僧の誕生日に欲しいものはやっぱりトーマスやカーズのおもちゃ。そして今のお気に入りはZomblingsというコレクション的なおもちゃ。家つきのものを2つも買い、大満足してました。

夏も終わって新学期が始まり、小僧も小学2年生。朝9時から5時半までしっかり勉強して帰ってきます。若干反抗することもあり、ご近所さんにあいさつしなかったり、すねたような態度をとることもあります。師匠に構っている人を見て、自分は構ってもらえないと感じてその思いを直接私に言ってくることもあります。でもこれも成長過程の一つと思いながら小僧と接しています。来年はもう少し大人になっているのか、やんちゃが増すのか・・・どうなることやらですw

スポンサーサイト


師匠10カ月。一本!



DSCF3551.jpg



歯が一本生えてきました。笑うと小さく一本だけ見えて滑稽ですよ。


師匠は今ではハイハイができるようになり、ものにつかまって立ちあがるまでできるようになりました。ベッドの中では柵を持って立ち、前後にゆすっている姿はまるで動物園のサルそのものですよ。。他にも「握手」と手を差し出すと、手を出してくれたり、小僧がやることを真似したりします。首を左右に振る、手でテーブルをバンバンたたくなど。。。

歩行器も今では両サイドを持ちながらすいすい歩いています。だいたい立ち寄って触りたがるのが、テレビが置いてある棚の両サイドにあるドア取っ手。ここを触りたくて仕方がありません。いつも師匠の名を呼んでダメと言っているのですが、ある日5姉と話に夢中になっていたら、師匠が取っ手のそばから私の顔をじーっとみていることに気づきました。まるで「触るよーいいのー?注意しないのー?」と訴えているようでしたw

食事に卵を加えてみることにしたら、どうやら小僧と同じでアレルギーがありそうです。食べたあとは顔の一部とお腹のまわりが赤くなってしまいました。これはアレルギーテストをしてもらう必要がありそうです。あと主治医からマリークッキーを与えていいとのことだったので、食事が待てずぐずっている時などにあげると、おとなしく食べています。歯茎でガシガシやってます。ただもう椅子まわりがクッキーでボロボロ&ぐちゃぐちゃです(涙

お腹がすくとぐずりだす師匠ですが、哺乳瓶などを見ると余計に大騒ぎしだします。りんごなどをする、すり器を見ても大騒ぎな状態です。


日本人の方にお借りした甚平を着せてみました。

DSCF3573.jpg

似合ってますでしょうかー。



小僧6歳10カ月。&6歳11カ月。髪もバッサリ。


DSCF3312.jpg

DSCF3539.jpg


今まで床屋に行って坊主にしてくることはなかったのに、パイが「夏だから」という理由で坊主を頼んで帰ってきたときはさすがに怒りましたよ。この写真はまだいいほうです。相当短くなってしまい、5姉からも不評。当たり前ですよ、一気に貧乏っぽくなって、悪ガキにしか見えませんもん。洗礼式があるっていうのにーと激おこでしたよ、私。


5姉とその次女が1週間ほど泊まっていましたが、次女はもう16歳で子供ではなくなってしまい、小僧などの小さい子と遊ぶよりも年上のいとこたちと遊ぶほうが楽しいらしくて一緒にいる時間がほとんどなくて小僧は少し悲しそうでした。それでも5姉からもらった新品のタブレットや中古のDSをもらい大満足。無料のゲームを次々とダウンロードしてはゲームに夢中です。タブレットにキスをするほど大事にしている今、そればかりも困るので、時間を決めて遊ばせるようにしました。それにしても、どうして今まで遊んだことのないゲームのやり方を誰に聞くでもなくできるのかと疑問だったのですが、どうやらYoutubeでゲームの動画を好んで見て、そこで覚えたようです。好きなことに関しては吸収が早いです。これをもっと日本語習得に生かしてもらえたらいいのですが・・・


ここ最近小僧は寝る時間にすぐに寝てくれません。ルーティーンとして、歯を磨き、私が本を読み聞かせて寝る、だったのが、「窓が開いてるかチェックして」「言いたいことがあるんだけど」「トイレにいっていい?」「飲み物飲んでいい?」など理由をつけてベッドから私のところにちょっかいにくるわけです。夏で暑くて寝付けれないものあるかもしれませんが、困りものです。そしてだいたい朝私が目を覚ますと、となりで小僧が寝ています。これも困りもの。。。


小僧のクラスメイトなどからお誕生日会のお誘いを受けることがときどきあるのですが、いつも行きたいと言うのでほとんど行かせていたのですが、先日のある子のお誕生会のお誘いには「行かない」と言ったのです。どうやらその子が苦手なようで、小僧にもそういう好き嫌いが出てきたのかと驚きました。楽しいかもしれないから行ってみたら、と促してもだめだったので、行かないことに。こういうお誕生会ルールとして、行くなら電話でその旨を伝えるようになっているので、参加しないなら電話も何も不要なところが幸いでしょうか・・・


先日小僧が突然「人生の意味って何?」と哲学的なことを聞いてきて驚きました。教会でも学校でも宗教(カトリック)の授業があるし、その影響なんでしょうか。私が6歳の時には考えもしなかったことです。私は「人それぞれ生まれてくる意味があって、うんぬん・・・」と言ったのですが、パイは単純に「生きること!」でしたw