ポルトガルでの日々の記録


小僧6歳9か月。また取れました。


DSCF3220.jpg


前歯がとれて、笑うとちょっと滑稽。先日食事中に小僧が吹いた時、食べていたご飯が前歯の穴から米粒が飛んできたことがあって、私もそれで吹きましたw すでに新しい歯が出始めているのですが、その歯が押し出そうとしているせいなのか、夜中に痛くて寝れない日がありました。水でうがいすれば少しの間は痛みがなくなるようで、何度も繰り返ししてその夜は乗り切りました。その後は痛みはきてません。


すでに小僧は夏休みに入っていますが、宿題も何もないのでちょっとダラダラ過ごしてしまっています。お勉強を勧めるのですがやる気ナシです。おまけになかなか言うことをきかず、口答えも増えました。ちょっと頼めば「すぐ僕に手伝わせるー」と言う始末です。


そんな小僧ではありますが、小学1年生だった1年間はそれなりに勉強を頑張ったようで、総合成績はとてもよかったので褒めてあげました。無事に9月からは小学2年生になれます。


相変わらず悪い夢を見たり、眠れない時もときどきあってかわいそうですが、先日小僧は眠れない時、小さな声で歌を歌っていたようです。それを聞いて抱きしめずにはいられませんでした;;

スポンサーサイト


師匠7か月。いろいろ使っています。


DSCF3185.jpg


歩行器を使い始めました。でもまだまだ後ずさりが多く、前に進むのは少しだけです。テーブルにも赤ちゃん用の椅子をつけて座らせています。まだ少しフラフラするので、バスタオルで固定したりしてます。おかげで離乳食をあげるのが楽になりました。約7キロの師匠を抱えては結構たいへんだったので・・・

以前は離乳食を泣きながら食べていましたが、もう慣れてきたのか泣かずに食べるようになりました。食事を与えるのも一定になってきました。朝はミルク、昼はスープ、午後は甘い離乳食、夕食にスープ、寝る前にミルク で、朝までぐっすりという感じです。

また寝返りがうてるようになりました。これで少しは絶壁の頭が改善されるかな。。。


師匠は乾燥肌で、かゆみがよく出るので爪で顔や体を引っ掻くため、靴下をはめたり、クリームを塗って保湿を十分にするなどしていたわけですが、どうやら引っ掻いたところから細菌が入ってしまって、それを触って他の所をまた引っ掻いて、という状態で、だんだん肌がひどくなり、病院に連れて行ったら、そのまま治療のために入院が必要となり、先週4日ほど泊まり込みで付き添いしておりました。

付き添い人用のベッドもあり、食事も、朝昼おやつ夕と4回も出してくれるので助かるわけですが、ネットも使う人が多くてつながったり、つながらなかったりで師匠が寝ている間は暇で、雑誌を読んだりダウンロードしてきた曲などを聞いたりと過ごしておりました。師匠はというと、点滴姿がかわいそうでしたが、本人はいたって元気で、食事もちゃんととり、看護師さんや医者にもニコニコしていい子でおりました。今は傷もだいぶ良くなってきました。