ポルトガルでの日々の記録
小僧6歳3か月。お笑い芸人ではありませんっっ。。。


DSCF2706.jpg


今年のクリスマスパーティーのドレスアップをこんな感じにしてみたのですが、なんだかお笑い芸人っぽい格好にw 実は蝶ネクタイは女の子の髪飾りなのですが、ショップのサイトでは男の子の蝶ネクタイに使っていたので真似してみました。いいアイデア♪


この1ヶ月は小僧は学校でウイルスをもらってきたのか、嘔吐&下痢。なぜか寝ている時に嘔吐することが2度もあり、ベッドの上が大変なことに;; その処理をしたせいか、直接もらったのかはわかりませんが、私も小僧と同じ症状に。とにかく小僧がもらってくるウイルスは強力すぎます。去年も同じようなことがあり、もう冬が怖いです。。師匠がまだもらってないことが幸いでしょうか。


先週の金曜からやっと冬休みに入り、小僧は今ご機嫌です。日本と違って宿題なども何もなし。なので、数学の問題を出したりしています。まだ早いかもしれませんが、少し前にかけ算を教えてみました。たし算やひき算とどう違うかという説明をして、簡単な問題から出してみたら、理解してくれたようでできていました。あと、歌のように九九を覚えてくれたらもっと簡単に答えられるかも。。。少しずつ言い方を教えてみようと思います。


普段どれだけ小僧が学校で学んでいるかなかなか知ることができなかったのですが、週末に学校で覚えた文章なのか、何も見ないで長い文章を書いていて、もうこんなに書けるんだと感心しました。しかも筆記体で書くので、慣れていない私は読みにくい単語もあり、もう完全に小僧の学習力のほうが上です。


小僧は相変わらず師匠を気にかけて、ぐずっている師匠のベッドを揺らしてなだめたり、「泣かないで」と声をかけたり、頬にキスをしたりと可愛がっています。でも、一度だけ師匠のお世話で忙しくしている時に「師匠のほうが好きなんでしょ」と言って、とうとうそのフレーズ出たか!と思いましたよ。「師匠は一人で何もできないから、何でもやってあげないといけないんだよ」と説明しましたが、今度はいつそのフレーズが出ることやら。きっとその時は小僧もご機嫌ナナメなんだと思うのですが、言われるマインも辛いのです。。。

なにはともあれ、もうすぐクリスマス。小僧はサンタさんから欲しいものを手紙に書き、私がサンタさんに送りました(ことになっていますw)。あとはいい子にして届くのを待つのみです。みなさんも素敵なクリスマスをお過ごしください。


natal20156.jpg
スポンサーサイト

師匠1ヶ月。次男を師匠と呼ばせていただきますw


G1MO5.jpg


小僧が生まれてから1ヶ月の子育てを「怒涛の1ヶ月」と呼んだくらい大変だったので、次男のはじめの1ヶ月もかなり覚悟をしていました。寝不足もあるだろうし、疲れも出ないかなあなど考えていましたが、思った以上に楽をさせてもらっています。小僧はお腹の中ではいい子でしたが、生まれてからが大変だったのに対して、師匠がお腹の中にいる時は辛かったので、生まれてからはいい子でいてくれないかなあと望んでいたのです。そして今はその望み通りにおとなしくていい子でいてくれています。


2人目なので要領がわかっているのもあるかもしれませんが、何よりも師匠はよく寝てくれて、ぐずって泣くことが少しなので助かっています。ミルクを飲めばまた再びベッドでコロっと寝てくれます。夕方から夜にかけては、パイや小僧が帰って来て話し声だったり、テレビの音だったりが気になるのか、泣くこともしばしばですが、あやすのに時間がかかりません。小僧は断固として使わなかったおしゃぶりを師匠は使ってくれるし、Youtubeで拾ってきたオルゴールの音楽などを流してあげると静かになったり。今思えばどうして小僧の時は音楽を利用するのを思いつかなかったんだろう。。。


あと、自分なりに子育てに無理をしないように、完璧にやろうとしないなど心に余裕を持ってやっているのもいいのかもしれません。師匠が寝てくれている間にゆっくりお風呂に浸かってリラックスしたり、スイーツと共に一服してリフレッシュしたりなどして落ち着く時間も作っています。小僧の時はただただ泣きやますのに精一杯で、わが子を見て「かわいい」と思う余裕もありませんでしたが、師匠に対してそういうことを思う余裕もあるので、子育てを楽しみながらできています。


実は師匠は生まれてすぐに黄疸の症状が出ていて、顔や目の白い部分が薄く黄色かったので、先生からは3時間以上ミルクをあげないでおかないようにと言われていたため、はじめは目覚ましを3時間ごとセットしてミルクをあげていました。でも師匠の腹時計はほぼ正確で、2時間半から3時間くらい経つと泣きだしてミルクを催促します。今は黄疸も治まって検査でも問題なく、少しずつミルクの量も足して4時間くらい寝てくれることもあります。そんないろんな次男の行動に驚かされたり、感心したりするので、師匠と呼ぶことにしたのです。 と書いておきながら、ものすごい夜泣きが始まったりして。。。