ポルトガルでの日々の記録


キッチンのこととか家のことであちこち出かけたりしている中、お昼近くになってしまってやっぱりお世話になるのはいつものレストランですw



P3212961.jpg
チキンの煮込み。これとってもおいしいのデス。


ランチのチョイスに3品中魚2品とは珍しいなあと思っていたのですが、あとから宗教上イースターまでは金曜日はお肉を食べてはいけいことになっているのに気付きました。でも結構みんな食べていたような。。。パイもすっかり忘れていてこのチキン食べてしまいました。。


デザートは。。


P3212962.jpg


クッキームース。マンゴムースなかった〜;;


少し前まで暖かかったのに、また雨の日々に戻ってしまいました。でも植えたじゃがいもにとっては恵みの雨。すでに少し芽が出てきているようです^^



スポンサーサイト


ポルトガルは、内装に関しては今はモダンばかり。キッチンもこんな感じのデザインが多いです↓


cozinhas-1.jpg


そんな中で、私たちが作るキッチンは至ってクラシック。業者さんがデザインを送ってきてくれました↓


gcozi.jpg


このあと少し修正してもらい、最終決定は終了。あとは出来上がるのを待つだけです。



クラシックなデザインは今はあまりウケないみたいです。会社の工場に見に行ったことがあるのですが、やっぱりモダンなキッチンを作っていました。色はなんと水色。。。今どきのポルトガル人の好みとは私と当分かけ離れているなあと感じましたよ。


また、以前見積もりに来た会社の人に、こんなデザインのをと提案しても、そのデザインはもう古くて、今は誰もこんなふうには作らないみたいなことを言われてしまいました。今でも見かけるごくごくシンプルなデザインなのに、2社から同じようなことを言われたのでびっくり!なので、取っ手においてもとにかくモダンなデザインばかり。自分たちで好きな取っ手を見つける必要があったので、ショップで選びました。


あるショップで取っ手をチェック。

P3042927.jpg


デザインも豊富。これを見ているだけでワクワクしてしまいました^^



小僧4歳6か月。新しいおもちゃに夢中!


P3222972.jpg




最近アメリカに住む5姉から使わないipadをもらった小僧。それでYoutubeを見たり、キーボードを打ってみたり新しいおもちゃとして夢中になっております。


毎年5姉の娘たちがポルトガルに来る時に自分のipadを持ってきていて、小僧も使わせてもらったことがあり、使い方は少しわかっているようで、指を使ってあれこれやってます。使い方がわからないことがあると、私がやっているのをちゃんと観察して、次からは自分でやっているみたいです。興味のあることは、どんどん覚えていきます。


最近小僧の言動で笑ってしまったことがありました。小僧が何かをお願いする時は「ポルファボール」と語尾に言うのですが、ある日チョコを十分食べたのにまだ食べたいとせがみ、小僧のポルファボールの度に私がダメと言っていた後、突然「プリーズ」と英語で言ったのですよ。ポルトガル語でダメなら、英語で言ってみようという発想に笑ってしまいました。今まで厳しい顔でダメと言ってた私が、プリーズのあとに笑ったものだから、今は始めから「プリーズ」と言ってます。

また、私が小僧の見る動画の中で笑えたものがあったのですが、ある日小僧がそれを見つけて開き、「見て!」と嬉しそうに言ったのです。私が笑っていた動画を覚えてて、私にまた喜んでもらい、笑ってもらいたいという小僧のやさしさが見えました。小僧の何でも「ママ、ママ」と甘え頼って自分でなかなかやろうとしないことにうんざりしているような私の顔や、産後体調が優れないことが増え、調子が悪い時の顔を知らないうちに小僧はよく見てしまっているのかな、と思ってしまいました。だから私が笑ってくれるようなことをいろいろしてくれるようになったのかなあ、と。小僧の前ではもっと笑顔を見せてあげないと、と思ってしまいました。


それでももう4歳半。そろそろ自分で一人でやってくれたらいいのですが、服を着るのも手伝ってとなかなか自分で率先してやりません。日中に一人でいるのも嫌なようで、ママと一緒にいると言って家のどこに行くにもついてくる状態です。そしてまだ一人でも寝れないでいます。夜に一人だと怖いみたいで、月を見ても怖いと言っています。一度小僧が寝てから他のベッドに行ってみたのですが、やはり夜中に私がいないのに気づいて泣いて「ママ〜」と叫んでいるので、そこから小僧と朝まで寝ることに。次の日に「もうパイのベッドに行っちゃだめだよ」と念を押されてしまいました。。





19日はポルトガルでは父の日でした。保育園では、午後からお父さんとサッカーをしたりして過ごすイベントがあったのですが、平日だったため、仕事でパイは参加できませんでした。。。


その日のために子供たちが用意したのがTシャツだったようで、これがパイへのプレゼントでした。


P3192960.jpg


失敗はできないので、先生に手伝ってもらいながらこの絵を描いたようです。裏にはパイの名前が手書きではなく、ちゃんとプリントされていたのですよ。



先週ディエゴ君の親戚の人に用があって家に来てもらい、ディエゴ君も一緒に家に来てくれました。


P3112930.jpg


この2人が5〜6か月の頃がこちら↓


3amgs.jpg


2人とも大きくなりました。


ディエゴ君はポルトガル人とブラジル人のハーフ。この2人はハーフ同士なのです。小僧にどの友達が好きかと聞くと、いつも決まってディエゴ君と、写真に一緒に写っているアナちゃんの名前を出します。(恋人という意味で)彼女は?と小僧に聞いても、この2人の名前を出すのです。彼女の意味がまだわからない小僧にとっては、特別な友達がこの2人ということみたいです。


小僧はディエゴ君に自分のお気に入りの車のおもちゃを見せてあげて、なかよく一緒に遊んでいました。




週末はパイの誕生日だったので、レストランへ食べに行くのがお約束になってますが、主役に行きたいレストランを聞くと、少し前にご近所さんと行ったレストランにまた行きたいそうで。。。子豚の丸焼き、また食べたかったみたいです。


こんな外観のレストラン。

P3162953.jpg


前回行った時よりももっと混んでいました。お昼どきのピークは席が全部埋まって、待つ人たちも。


前回撮れなかった前菜2種が出てきました。


P3162933.jpg


このレストランでは、日曜日はレイタオン(子豚の丸焼き)、バカリャウ(鱈料理)、ヴィテラ(仔牛の料理)、カブリート(ヤギ肉の料理)を用意しているようです。

パイはまた食べたかったレイタオン。

P3162934.jpg


私は前回ご近所さんが食べてた仔牛の料理を小僧とシェア。


P3162936.jpg
お肉がやわらかくて、とてもおいしかった。。ローストポテトも旨。


小僧はナイフを使ってお肉を切る練習をしてた。。。

P3162940.jpg


そして小僧はデザートにまたアイスを食べ、


P3162947.jpg


私もまたプリン、パイはボーロ・デ・ボラシャというクッキーを使ったケーキを食べたのですが、おいしさに驚きました。


P3162952.jpg

少しもらって食べたのですが、今まで食べた中で一番でした。同じケーキでも、もっと乾燥しているようなものを食べたことが何度があったのですが、一度もおいしいと思ったことはなかったのですよ。でもこのレストランのは、作りたてという感じで、どちらかというとしっとり。リキュールも入っていて、味もおいしい。そしてこの大きさ。文句なしでした。


今回もほとんどのお客さんがレイタオンを食べていました。帰りにまたうちの犬たちにあげるために、残った骨や食べ残しなどを袋に入れてもらいましたが、他の人の食べ残しもたくさん入れてくれたようです。うちに帰ってあげると、まだ手に付けてないようなレイタオンがいくつかあり、うちの犬たちにとってもごちそうの日でした。


まだまだ不況と言われているポルトガル。仕事が随分と減った、とか仕事がないという声も聞くのですが、そんな中で「本当に仕事に困ってる?」と聞きたくなることばかり。

先月に保育園で本の紹介があり、興味があったので購入しようと前向きでした。そして質問があったので、チラシに書いてあったEメールに送るも、二度と返事が来ることはなかったのです。本当に売る気があるの???

そして先々週のこと。ようやくキッチンが作れるめどが立ち、2社がとある日に見積もりに来ると言っていたので待っていたのですが、その日に2社とも現われることはなかったのです。本当に仕事を得ようとしてる???

忙しかったり、用事ができたりして来れないのはわかるけど、それなら電話の一本くらいよこしてくれてもいいのに、と思う。ここはやっぱりポルトガル、か。

たまたま私の周りで起きた事なので、もちろん一生懸命働いている人もいるだろうけど、みんなセカセカしていないというか、仕事がないと言われている世の中で、本当に仕事に困っている様子が見られないのです。新しい仕事を得ようと頑張っていないというか。。。

結局その2社は違う日に見積もりに来てくれたけれど、信用を疑ってしまいました。何社かに見積もってもらい、一つの会社に決めたので、細かなことを決めて4月中には出来上がりそうです。





小僧の髪の毛は素人の私がいつも切っていましたが、保育園に通っているし、きれいに切れてない髪型で行くのもかわいそうだと思い、パイがいつも行く床屋に一緒に行かせました。


その床屋は車で10分くらいの隣の集落にあるのですが、お店ではないのです。理容師として働くおじさんが、家でもプライベートで切ってくれるのです。なので格安で、多くの人が利用しています。ただ、休みは未定w おじさんが不在なら休みだし、おじさんが家にいれば切ってくれるというわけなのです。


小僧はいざ椅子に座ると怖かったようで、はじめは声も出さずに涙を流していたとのこと。病院みたいに感じたのかな?でも、痛くもないし、怖くもないとわかり、最後までちゃんと椅子に座って切ってもらったとのこと。


P3092923.jpg
さっぱりー


家に帰ってきた時は、「見てー!」と言わんばかりに飛んできたのでした。



★おまけ★


POCOYOというアニメのキャラクターのように踊る小僧。





オリジナルはこんな感じです↓





今年もじゃがいも植えをしました。カーニバル休みで家にいたので、小僧も少しお手伝い。


P3052936.jpg


大きなじゃがいもが収穫できますように。。


ずっと続いていた雨の日々も今週の水曜から晴れで、気温も最高16〜18℃くらいになり、すっかり春です。今年の冬を振り返ると、気温が0℃を下回るような寒い日はなかったんじゃないかな?その代わり雨ばっかり降っていた憂鬱な冬でした。今は気持ちいいくらい洗濯物が乾き、溜まっている洗濯物を毎日洗濯しています。





先週久しぶりにいつものレストランへ。。。



パイは豚のレバーのソテー。


P2252911.jpg


私はランチメニューに食べたい料理がなかったので、ビーフを注文。



P2252912.jpg
目玉焼き・ライス・フライドポテト・サラダ付


小僧と仲良く食べました。


デザートは、私はいつものマンゴームース、小僧がクリームとクッキーのデザートを食べました。


P2252913.jpg


ごちそうさまでした♪




カーニバルの時期になり、小僧の保育園でもイベントがありました。ただ、木曜日はみんな同じフルーツのコスチュームで市内を歩く予定が、雨で中止。金曜日はそれぞれ好きなコスチュームで保育園へ。




P2272918.jpg

小僧は好きなカーズのコスチュームでレーサーに!


実はこのコスチューム、いつもお世話になっている小児科の先生が貸してくれたのです。たまたま同じ週に定期検診に行った時に「カーニバルは何を着るの?」という話になり、小僧の好きなキャラクターを知った先生が自分の子供が過去に着たコスチュームを貸してくれることになったというわけです。本当に優しい先生です!


金曜日は小学生も含めた学校のみんながコスチュームを着て登校し、学校の近くを歩く予定だったので見に行ったのですが、天気が悪くて止めることになりみんなの写真を撮れずに帰ったのですが、そのあとなんとか雨が止んだタイミングを狙って歩いたようです。

今年は小僧は○○はてんとう虫だった、とか○○はバットマンだったなど、お友達が何のコスチュームを着ていたか教えてくれました。女の子はプリンセスが多かったようです。