ポルトガルでの日々の記録


日曜日にサマータイムが終わり、日本との時差は9時間になりました。少しずつ寒くなってきて、私の苦手な冬に向かっているのが感じられます。


PA282966.jpg


雨の降る日も増え、洗濯物を乾かすのに困る時期にもなってきました。そして夏には山火事にならないように敷地でのたき火を控えていた人たちがやっとできるようになり、あちこちで煙がたっているのを見かけるようになりました。

スポンサーサイト


小僧4歳1ヶ月。おねしょ復活;;




PA232952.jpg
マッチョなポーズをお願いしたら、こんなんでましたけど




ここ1ヶ月で劇的におねしょが復活してしまいました。寒くなってきたのもあるのか、2日に1回ほどしています。。昨日は記録的なおねしょに見舞われ、一夜にして3回も。私も夜中に起きることが増えました。。



小僧はよく長い棒のようなものを探しては持ち、ピラータと言っています。ピラータは海賊の意味。保育園でよく海賊ごっこをしているのかな?長い棒はきっとナイフなのでしょうね。他にも「目を閉じて」と言われ、閉じているとその間にサングラスをかけて変身していたり、面白い遊びをいろいろするようになりました。それに伴って、おふざけも増えました。


寒くなってきたので、よく野菜スープを作っています。野菜嫌いの小僧も、スープなら全部マッシュされてわからないので食べてくれます。小僧の好きなメニューにカレーがありますが、ある日残りを次の日に出したら「Outra vez!?」(またぁ!?)と言われてしまいました。小僧からこんな言葉がでるとは。。。「ごめんねぇ」と言いながら差し出すと、ちゃんと残さず食べてくれましたw




妹がインコを飼いはじめました。画像を送ってくれました。




1382358129163.jpg




まだ生まれて1ヶ月だそうです。名前は「おすぎ」。昔実家で飼っていたインコが「ピーコ」だったので、今度は「おすぎ」と命名したかったようです。まだ小さいのでよくビャービャー鳴いてるようです。


萌え萌え要素がたっぷりで、見てたら欲しくなってきた。。。市内に鳥専門のペットショップがあるので、本気で行ってみようかと思った今日この頃です。






ご近所さんがマルメラーダを作って持ってきてくれました。



PA112916.jpg


マルメラーダとは、マルメラという洋ナシに似た形をしたフルーツから作る、固めのジャムのようなもので、パンにはさんだりして食べます。味は少しイチゴジャムのような気もするし、梨の味もするような。。。


パイはチーズと一緒に食べるのがお気に入りです。


PA112911.jpg


私はチーズとは食べる気になりませんが、パンと食べるとちょっとしたおやつといった感じでおいしいです。







先日は残念なことに常識のない人たちに出会ってしまったパイと私。。。



はじめはマーケットに行ったときに出会ったあるおばはん。パイの仕事に着ていくのによさそうなジャケットが安くて、購入して店員からプラスチックの袋に入れてもらって受けとった時に起きた。


なんと隣で商品を物色していたおばはんが、私が購入したジャケットが見たかったのか、袋からジャケットを取り出そうと引っ張り出したのだった。。。その勢いで手提げの部分が切れた。







このBBA〜ッ!!!!!もちろん心の声です




私キレました。ありえん。「見せて」と断るならまだしも!!!このおばはんに怒りをぶつけようとも英語しか出てこず。。。とりあえずパイにはガーッと言ってたんだけど、このおばはんにも何か言わなきゃ気がすまなくて、強めにポルトガル語で「気をつけて」と一言。おばはんは、言いかえしもしないで静かになってたけど、悪いことをしたと思っていたのか、何がいけないの?と思っていたのかは定かではありません。となりでパイが「そんなふうに言わなくても」となだめてて、そういえば移民局でも私をなだめてたっけ、と思いながら(この件も思い出すだけではらわたが煮えくり返りそうなんだけど)気が付けば店員さんも「まあまあ」という感じでもう一つ袋をくれたのでした。




そのあとパイが、病院の受付で順番待ちをしていると、堂々と人を押しのけ受付の人に話しかけ始めたおっさんが。パイも黙っていられず、「みんな並んでるんだけど?」と言うと、「ちょっと話すくらいいいじゃない」とおっさん。パイも負けじと「他の人のことを考えるなら、並ぶべき」と言いかえし、「そんな大きな声で言わなくても」と言いつつ、列に並んだという。そのあと、病院の外で嫌味っぽくおっさんが「これで満足?」と言ってきたという。




こういう怒りがトラブルのもととなることもあるから、私は我慢をすることもあって、例えばパイが遭遇したような列の割りこみとかも普通にあったりするけれど、ときどき紛らわしく私よりも前に立っても、番が来ると「次あなたでしょ?」と言わんばかりにどうぞとなることもあるから、すぐに注意したりせずに少し様子を見るようにもしています。今回のおばはんのケースはあまりにも常識がなさすぎて、キレてきつく言ってしまいましたが。。。



こういう常識のない人たちは、意外と他人が見えてないというか、自分のやりたいように行動してしまうのかなあと思ったのです。そしてこの常識ない行動も、彼らにとっては普通なのかなあ、と。今回のことがあっても、おばはんはきっと変わらないだろうな。頭で考える前に手が出てしまっていそう。。。



アメリカでは、人々は常識のない人に対してすぐに言っていた記憶があります。列の割り込みはすぐに言うし、電車内で携帯音がうるさいと「静かにして」と言ったり。自分の意見ははっきりいう傾向にありますね。そこでも私は多少なりとも我慢することはあって、悔しい思いをしたこともありましたが、それでもいろんな人種がいた場所で、「アジア人だからとナメられては困る」と、言うことは言っていた時もあったかと思います。それが今でも続いているような。。。


あとで読み返してキーッとならないように、癒しの画像を貼っときますw

P9092867.jpg



ビラレアルは大都市でもないし、観光地が特にあるわけでもないので、市内にお土産屋さんはほんの少ししかありません。私の知っている限りでは2軒くらいしかないのですが、最近あるお土産屋さんを発見。そこは、一見本屋さんなのですが、お土産なども売っているのです。しかも、ポルトガルとか、国旗が書かれているような典型的なお土産ではなく、片田舎で細々と作られているような、素朴なお土産ばかりだったのです。




例えば、ロバ(の乳?)でできた石鹸とかクリームだったり。。。


TM_blogue_01328.jpg
お店のHPより拝借



木の実などでできたアクセサリーや木彫りの置物など、一見ポルトガル製とはわからないお土産も多かったです。


TM_blogue_00521.jpgTM_blogue_00183.jpg
お店のHPより拝借


今回は、サクランボのお酒と一杯飲めるミニマグを買ってきました。


P9242923.jpg


年配のご夫婦のような2人が遅くまで開いていたこの素朴な本屋兼お土産屋、また行ってしまいそうです。






フランはとうとうご近所さんの犬、ベンフィカとケンカをしてしまいました。。


今でも傷は痛々しいです。


PA082914.jpg
ブスからちょい悪にw



ベンフィカの素行の悪さはご存じの方もいるかもしれませんが、飼い主におしっこをかけるという、今まで見たこともない行動に度肝を抜かれたあの犬でR。


その日はご近所さんがチェーンを外して自由にさせていたようで、いつものように私たちの敷地に来たのだけれど、今回はパイの後をついてきたようで、フランのすぐそばまで来ていた様子。気がついたらケンカを始めていたようで、どちらがふっかけたのかはわからないのですが、フランはこの犬に対してストレスはたまっていたんじゃないかと思う。。


私は外から「ガルルルルル」という音が聞こえてきたのでとんで行ったら、ケンカになっていて、パイがほうきをもちながら、2匹を離そうとしてました。フランはちょうどベンフィカの背中を噛みついていて、何もできない私は、なぜか「そこは急所じゃない〜」と思ったのでした。やっぱりフランは野性じゃないなとか思いながら。


やっと離れた2匹を見ると、フランは血だらけ。ベンフィカは血も出ていなかった。ベンフィカのほうが一回りも小さいのに、フランは弱いな。。。と思っていたら、あとでベンフィカは足を噛まれたのか、1〜2日ほど普通に歩けなかったようで。。。フランちゃんとやることやったのだな、と。過去にはシェパードに首を咬まれ何もできなかったフラン。でももうヘタレとは呼ばせないってことですか。






用事で市内に行って、昼近くになってしまうと、テイクアウトとかスーパーの惣菜、とも考えますが、やっぱりいつものレストランへ向かってしまいます。。


豚のグリル、砂肝の煮込み、ツナサラダの3種類の日替わりから豚のグリルを。



PA072912.jpg
目玉焼きも付いてた♪


今回のランチはボリュームたっぷりだったので、スープはスルー。


そしてデザートは前回食べれなかったお気に入りのマンゴムースを。


PA072914.jpg


そうそう、この味!と思いながら食べてました。ごちそうさまでした。


今日は久しぶりに美容院に行ってきました。急に髪をバッサリ切りたくなり、胸あたりまであった髪をあごのラインあたりまで切りました。美容院のおねーちゃんには芋を洗うように髪を洗われましたが、「このあたりまで切ってもいい?」と確認しながら切ってくれました。




先週は、小児科の先生のアポの帰りにいつものレストランへ。。。


ポルコ・アレンテジャーナを食べました。


P9262912.jpg


豚と貝(ハマグリ)が融合した、ポルトガル料理の中でも斬新な料理ですが、これがまたおいしいのです。アメリカに住んでいた時も、ポルトガルレストランでときどき食べていたほど。付け合わせはライスとブロック型のフレンチフライがお約束。レストランによっては、フレンチフライがすでに豚と貝と混ざっていることもあります。

特にお肉が思った以上においしくて、この日は当たりの日替わりランチでした♪

パイはスープも食べ。。。

P9262916.jpg


私はデザートにクッキームースを食べ。。。


P9262915.jpg


小僧はパイの代わりにフルーツサラダを食べたのでした。


P9262914.jpg


ごちそうさまでした。