ポルトガルでの日々の記録



しばらくやっていなかった手芸。いろいろバッグなど作りたいものはあるものの、なかなか材料をそろえるのも大変なのでクロスステッチどまりでいました。でも久しぶりに簡単にできるものを作ってみようかなあと思い、キットを購入。



P5302511.jpg


小さなポーチを作りました。商品名は「わたしのねこちゃん」。猫がちょうどキャンディっぽい色!


P5302510.jpg

のんびりと2時間くらいで完成。サイドがちょっといびつになってしまったけれど、なんとか作りあげました。


私が購入したキットはMama's Handsの商品で、型紙はないものの、生地もすでに裁断されていて、しるしもついているのですぐに始められるところが便利です。説明書も丁寧に書かれていたので製作もスムーズにできました。

スポンサーサイト

2兄の娘の旦那さんの誕生日会に行ってきました。彼の好きな料理を食べにレストランへ!



P5212496.jpg
チキンのリゾット。血を使っているので少しダークなのです。

ビネガーがよく効いていて、思ったよりさっぱりですが、あまり私の口には合わず。。。ビーフとライスのほうをよく食べました。


P5212495.jpg



P5212499.jpg


最後はケーキとシャンパンでお祝い〜♪


P5212500.jpg


P5212501.jpg
小僧の顔w


小僧はどこで覚えたのか、家でもときどきやりたがるのですが、グラスでルネッサ〜ンスをするのですよ。みんな小さな小僧がまさかそんなことをするとは思わなかったようで、みんな小僧とのルネッサ〜ンスを求めていましたw


先日心理学の先生に会った後、小僧とカフェに立ち寄りました。


P5212484.jpg


お気に入りカフェ、パステラリア・ゴメスの他のお店へ。こちらもクラシックな店内で、席が少ないのでいつ見ても満席だったのですが、今日は珍しくすいていたのでこちらのお店で食べました。


P5212487.jpg


私はいつものミルクたっぷりのカフェ、ガラオンと名物パイのCovilheteを。小僧はピーチネクターにクリームドーナツのBolaを食べました。


P5212488.jpg


手と口まわりが砂糖でいっぱいになりながら、完食〜。


小僧3歳8か月。仲裁役に任命っ!



P5212474.jpg



ある日私とパイが口げんかになった時、いきなり小僧が「Pai,Calma. Mae,Calma. Tabem?」(パパ、落ち着いて。ママ、落ち着いて。OK?)と言ったのです。笑えてしまって口げんかが止まりましたw きっと保育園ではこうやって先生が喧嘩してる子供たちの仲裁役になっているんでしょうね。いろんなことを覚えてくるものです。


最近小僧はABCの歌や数字の歌ばかり見たがっています。それも歌は英語で、そのまま覚えてしまいました。でも、普通に言うとなると、ポル語とごちゃまぜになっているかもしれません^^;


相変わらずあれこれお手伝いをしたいようで、私がキャンディのえさをあげていると、小僧はフランにドッグフードをあげていたり、机にあるゴミはすぐにゴミ箱に入れてくれたりしてくれます。それに、床のマットの角がペロンとめくれているとちゃんと直すのですw 靴や上履きもきちっとそろえるし。。。意外と几帳面なのかしら。


夜はおねしょの日々です。おねしょをしたのに気づいたら私が起こすこともあるし、自分で気づいて起きることもあります。まだまだ尿意を感じてトイレに行くというのは稀です。私がおしりふきで拭いた後は、替えのパンツとズボンを枕元に置いてあるので、自分で新しいのに着替え、またすぐ眠りについてくれるのでそんなに苦労はしていませんが、おねしょ用マットを敷いていてもシーツまで染みを作ったりして、洗濯が増えたのは仕方ないかなあという感じです。


先日再び心理学の先生に会いに行きました。ご近所さんが市街地に行くときに一緒に連れてってもらうので、また頼まないと、という話をパイとした夜にいきなり「医者に会いたくない。家にいる」と言ったのには、なんかもう行く空気が小僧に伝わってるようでしたw 当日も車の中でおしっこがしたいと言いだし、完全にナーバスに。建物のゲートに来ると、泣いて大騒ぎ。なんとかなだめて建物に入ったものの、やっぱりいつあの医者が現れるかと冷や冷やしているようで我慢が出来ず、「家に帰る!」と建物を出ていった時に、苦笑いで医者登場!小僧は泣くしかないようでしたが、「5分で終わるから」と医者になだめられながら抱きかかえて連れて行ってくれた時に大暴れしなかったのが不思議です。もう石になってたのかもw 小僧に問題はないし、来る度に泣いてばかりで小僧に質問もなかなかできないので、カウンセリングは一旦終わりになりました。これからは小僧が言うことを聞かない時に、「医者に会いにいくよ?いいの?」と切り札として使わせていただきます。


アメリカに住む5姉が、たくさんの小僧の服と共に送ってくれたのがコレ↓


P5032432.jpg


バーベキューグリル。今まで使っていたのは結構しょぼかったので(左のや左上のです)ずいぶんとスタイリッシュになったような感じで、家にまだ馴染んでおりませんっw


バーベキュー日和が続いているので早速活躍しています。


P5032434.jpg
先日はバラ肉を焼きました。


ちょっとした上段があるので、野菜など焼いてもよさそうです♪


ところで5姉が利用した配送ですが、なかなか賢いビジネスをしている人がいるのですよ。大きな荷物を送りたいけど、そんなにたくさんあるわけではない、という人のために、安い料金でコンテナに一緒に荷物を入れて送ってくれるのです。そういう人がたくさん集まってコンテナはたくさんの荷物で埋まり、儲けている人がいるわけです。それだけ需要があるのでしょう、パイがコンテナが到着する場所に取りに行くと、受け取りに来た人がたくさんいたそうです。


パイが使う大工用具をはじめ、ポルトガルにある多くの商品はアメリカで売っている商品に比べてクオリティーが低いのです。そのくせ値段が高い。アメリカからいろんな商品を持ってきたい気持ちはよ〜くわかります。




またフランが浸かっていますw


P4302424.jpg


あれだけ掘っちゃだめっ!と言っていますが、気がつくと掘って、そこに居座ります。


P4302425.jpg


P4302426.jpg


ほんと、半身浴です。

P4302430.jpg



3兄が出稼ぎ先のスイスから一時里帰りをしていたので、ディナーにお呼ばれしたので行ってきました。


P5082450.jpg


小僧はやっぱりはじめはシャイになって、私の足の後ろに隠れていたのですが、少しずつ打ち解けて逆にみんなの邪魔をするように^^;

P5082459.jpg


小僧はもりもり食べていました。食べにくそうなフォークを使っているので、みんなからスプーン使う?と聞かれてましたけど、みんなが使っているものと同じものを使いたい年頃なのですw


P5082460.jpg

小僧のいとこ、そのまたいとこたちと。小さい子たちはすぐに仲良くなって、鬼ごっこをしていました。




日曜はポルトガルでは母の日でした。それに伴って保育園でもイベントがあったので行ってきました。


P5062436.jpg


お母さんの前で「ありがとう」と言って、歌を披露。小僧は、私が「今日の午後に保育園に行くからね〜」と言ってしまったがために感情的になってしまったようで、朝から泣いていたとのこと。私の膝に居座って、「家に帰る」ばっかり言っていたのでした。。


P5062437.jpg


小僧からのプレゼントは、箱に入ったチョコでした。でも自分で開けて全部食べてましたけど (-_-;


そのあとは、お母さんと一緒に踊ったり、おもちゃで遊んだり。。


P5062440.jpg

P5062443.jpg


最後にみんなでケーキなどを食べながら母の日をお祝い。


P5062445.jpg


小僧は保育園で世話の焼ける子になっていないか心配になるくらい、この日の小僧の態度はひどかったのです。みんなでゲームをしていても、ひとりどこかに行ってしまおうとしたり、他の子が組み立てていたブロックを倒そうとしたり。。私がいたことでわがままな態度が一気に出たのでしょうか。。。そのあと私がいろいろ考え込んでしまいました。。

 


私の誕生日が近いので、日本にいるお友達がプレゼントを送ってくれました♪


P4302420.jpg


クーピーは小僧へのプレゼントで、開けたらびっくり!ひとつひとつに小僧の名前が入っていました。今こんなカスタムメイドができるんですね〜。早速使っています。


電車の箱の中は。。。


Syusei.jpg
右は、ねずみ小僧のようです。ちょうど結び目がくるようになっていて面白い!

メッセージカードも切符風でかわいいな。


P4302422.jpg

懐かしいタマゴボーロとお茶が入っていました。


Tさん毎年ありがとうございます♪♪♪