ポルトガルでの日々の記録


近頃のキャンディは。。。


PB162258.jpg


PB162254.jpg


PB162256.jpg


元気にしてます〜

スポンサーサイト


や〜っと1階のドアを取り付けましたw お恥ずかしながらドアなし生活に慣れすぎて、めちゃくちゃ開放的な家になっておりました。もともとドアをなるべく減らした作りにしたのですが、必要なところはやはり必要で。。。1階は3つのドアが必要でした。


来客があるときはトイレを暖簾のようなもので覆ってなんとかしていましたが、そろそろ。。。でも、ドアも結構高いと聞いていたのでおっくうになっておりました。。


ドアにも木の種類からデザインの種類からたくさんあって、気に入ったものを見積もってもらったら、1ドア約38000円! やはり高かったのでした。デザインも何もないドアなら1万ちょっとでできるようですが、さすがに板状のドアでは。。。


結局そのお店で、ちょうどキャンセルになったドアがあり、安く勧めてくれたのでそれに決定しました。


ドアは先に枠を取り付け、そこにドアを取り付けると思っていたのですが、完成された枠付きドアごと持ってきたのでした。

PB222309.jpg


隙間をムースのようなスチロール?で固定。固まる翌日まで放置。次の日に外枠を取り付け完成です。


PB232313.jpg


やっと家らしくなりましたw これで来客があっても大丈夫です♪


追記―こちらのドアの取り付けは業者さんに全てお任せしました。


いつものレストランに行ってきました。


私はアリェイラというやわらかいソーセージを。


PB202306.jpg
アリェイラ、ライス、フライドポテト、目玉焼き。


パイはヤギ肉を。

PB202307.jpg
ヤギ肉、茹でポテト。



スープとデザートもしっかり食べました。小僧は私の料理を少し食べただけで、ヤギ肉はぜんぜん食べませんでした。でもフルーツサラダは完食。私はいつものマンゴムースで〆ました。


小僧3歳2カ月。パンツはいて行ってます!


3yr2m-1.jpg



保育園の先生から、オムツではなくパンツをはいて通園してみましょうとのことで、パンツをはいて保育園に行ってます。毎日出来具合はさまざまで、パンツにおもらしして汚れた服をたくさん持って帰ってくる日もあれば、出かけたままの格好で帰ってきてくれることもあります。指導員の人の勧めで、ノートに何時ごろにおしっこ&う○こをしたか記入して保育園まで持っていきます。そして、先生も何時ごろしたか記入してくれています。少しずつトイレでするようになったのがわかります。でも!!う○こだけは、保育園でも家でもトイレでしてくれません。。。保育園では我慢しているのかも。とにかくオムツにしないと気が済まないようです。


最近おまるにしたおしっこを、プラスチック容器だけ出してトイレに流しに行っていました。いろいろと自分でやりたがるのです。私が容器を戻すと、上下間違って置いたのか、違うといって直していましたw 私が今まであれこれやっていましたが、知らないうちに覚えて一人でできるようになっているかもしれません。プリンやヨーグルトの上の蓋も自分で開けたがります。


あれこれ質問して答えられるようになりました。今のところ・・・


「名前は?」「何歳?」「どこに住んでる?」「パイの名前は?」「マインの名前は?」「ババの名前は?」「5姉はどこ?」続きで「アメリカのどこ?」「ジジババはどこ?」続きで「日本のどこ?」「1兄と4兄はどこ?」「叔母(私の妹)はどこ?」「保育園の先生(3人)の名前は?」「友達の名前は?」

などが答えられます。ジジの名前だけはまだ覚えられないようですw


他にも、自分の目の前で起きたことを言えるようにもなってきました。「壊れた」「電気がついた、消えた」などなど。


昨日小児科の先生に会いに行ったとき、食事の時は水かアイスティーを飲んでいると伝えたら、だめーっ!!!と言われてしまいました。。。アイスティーはカフェインが入っているのでハイパーになるようで。。反省。保育園で牛乳を飲んでくれていると思いきや、結局飲んでいないようで、先生から飲むヨーグルトをスナックに入れておいてくださいと言われました。家でもよく飲んでいます。


PB152281.jpg



最近アップルパイを作った時に余った少しの冷凍パイシートを使い、ソーセージを巻いて作ってみました。



PB102259.jpg


これがまさかの大好評。。。パイシートにソーセージをのせ、ケチャップをかけた後巻いただけの超カンタンおやつだったのに。少量だったので、卵黄も塗らずで本当にあっという間にできたおやつだったのに。小僧もパイもパクパク食べ、すぐに完売。確かにおいしかった。。


ソーセージ強し。





保育園のお迎えバスを待つ場所まで、抱っこしないとぐずる小僧を抱えての毎日はちょとしんどいですw 帰ってくる時は家まで歩いてくれるようになったので、まだ良くなったほうです。



PB142274.jpg



バスを待っている間、通る車に手を振ったり、ご近所さんに挨拶したり、走り回ったり。。。


お迎えバスはコレです↓


PB142276.jpg
バスというより、ミニバンかな?


だいたい運転手の後ろの窓際に座るので、私が見えている間ずっと手を振ってくれます。いってらっしゃ〜い!




わが家には一足早くクリスマスツリーが登場!



PB122261.jpg


今までクリスマスツリーを飾ったことがなかったのですが、小僧がいろいろとわかるようになってきたこともあって、今年は飾らないと!とツリー用のライトを先週購入。

まだまだ先だと思っていたら、週末にパイが松の木を切って持ってきたのでした。このあたりは、もみの木がほとんどないこともあって、松の木を代用して飾る家も多いそうです。


ライトを付けると小僧は喜んでいます。「いい子にしてないとサンタさんがプレゼントを木の下に置いてくれないよ〜」と言っていますが、わかっているかどうか。。。


とりあえず今のところリボンのみで飾り付け。それだけではとても淋しいので、今度オーナメントを買ってきたいと思います♪




今年も両親からユニクロを送ってもらい、届きました♪


PB092251.jpg
パイの分を撮り忘れた。。


ヒートテックを主に、あったかグッズで今年も冬を越しますよ。


それからこんなグッズも送ってくれました↓


PB092252.jpg
バナナケースです♪


小僧が以前保育園でバナナを食べないで持って帰ってきたとき、バッグの中で相当動いてたのか、真っ黒になって返ってきたことがあった。ケースがあれば便利だなと思っていたので。。。


それから、母上から妻籠みやげもいただきました。


PB092256.jpg
ヒノキのお弁当箱です♪


“曲げわっぱ”とは聞いたことがあったのですが、妻籠のほうでは“めんぱ”と呼ぶそうです。

とっても軽くて驚きです。小物入れにしようか、お弁当を詰めて一人ハイキングでも行こうか考え中♡ 

ちなみに母上が買ったお店はあぶらやさんのもの。ヒノキの商品がたくさんあって、いろいろ欲しくなります。




ご近所さんにたくさんリンゴをいただいたので、アップルパイを久しぶりに作りました。


PB052258.jpg
なんかいろいろ適当さが出てますけど。。。


食べやすいサイズで作ったけれど、小僧は食べてくれませんでした。。。甘ったるいポルトガルのケーキよりおいしいと思うんだけどな〜もう味覚がポル人化してしまったのか。。。 チョコやクリームが付いてりゃ食べます的な考えだったりして。


週末も雨続きだったポルトガル。そんな雨の中あるものを探し求め出かけました。。


途中でカフェにも立ち寄って休憩。


PB032252.jpg

PB032255.jpg


そして探し求めたものもなんとか見つかり。。。それはドア。取り付けが済んだらまた報告したいと思いマス。

日曜日からサマータイムが終了して、日本との時差は9時間になりました。ここのところ、朝真っ暗な中パイは仕事に出かけていましたが、これで1時間遅くなり、明るくなってから仕事に行けるようになりました。その分夕方は暗くなるのが早いです。


雨季の時期に入ったこともあり、雨の降る日も多くなり、気温も結構下がってきました。すでに10℃以下になることも。。。各家の煙突から煙が出ているのをよく見かけるようになりました。


今日は指導員の方からの誘いで、先生たちが保育園でどういう風に教えているか見学に行ってきました。


ハロウィンの日でもあったので、ハロウィンにまつわる物語を大きなスクリーンに映し、読み聞かせをしていました。教室に入ると、1人の指導員が小僧と一緒にいてくれていました。私を見つけると、落ち着いて先生の話を聞かずあっちに行ったりこっちに行ったり。。。他の子がぐずっていたりすると、小僧もそういう態度になるようですが、多くの子が静かに座って聞いているのに、と少し恥ずかしくなってしまいました。。。


毎週見に来ている指導員の方から、小僧と仲良くしている子を教えてくれました。姪の子供と同じ名前だったので、家で名前を言っているとき、同じ保育園の仲良くしている子のことを言っているとはわかりませんでした。その子はおそらく4、5歳で、お兄さん代わりになってくれているような感じでした。一緒に遊ぼうと誘ってくれたり、先生の言うことを聞かないで座っていないと、代わりに「ここに座りなよ」と言ってくれて、とても優しい子という印象でした。その子だけでなく、大きな子が、小さい子を助けているといった感じで、見ていてほほえましくもありました。中には小僧の身勝手な行動を冷ややかな目で見ている子もいましたが^^; 小僧、みんなに迷惑かけてないかしら。。。


午後の授業はハロウィン一色で、読み聞かせのあとは小僧たちはブルーシャ(魔女)を書いていました。そして最後は一人の先生が魔女に扮装して登場。とても楽しい授業を見学することができました。