ポルトガルでの日々の記録



今年も栗の季節がやってきました。わが家の栗の木にもたくさんの栗がなって、パイが木に登って揺らして落とし、栗拾いをしました。



PA232245.jpg


あるご近所さんにおすそわけしようと思ったら、一緒に拾うのを手伝ってくれました。そのご近所さんが、とったばかりの栗はまだ水分がついていて、天日干しして乾かしてから調理すると、甘さも増すのだそう。知らなかった~

今年も栗きんとん作りたいと思います♪

スポンサーサイト

小僧3歳1ヶ月。保育園楽しく通っています♪


PA222242.jpg


10月半ばから、やっとマイクロバスの送り迎えをしてくれるようになりました。画像はご近所の9歳の男の子と一緒にピックアップ先で待っているところ。送り迎えがあることで、保育園が終わる3時半には運転手さんがまた小僧を連れて送ってくれることになったので、5時半すぎまで保育園にいることはなくなりました。

家に着くとだいたい4時くらいになるのですが、そのあと遅い昼寝ができるのはいいことかもしれません。疲れて帰ってくると、まずお腹がすいているのか、あれこれ食べたいと言い出しますが、そのあとはコテッと寝てしまいます。

ここ最近牛乳を飲んでくれるようになりました。見るのも嫌だったのに飲めるようになったのは、保育園で出しているからかもしれません。他の子が飲んでいるから自分も、と飲むようになったかも。


ポルトガルは雨季の季節に入り、雨の降る日が多くなりました。洗濯物がなかなか乾かず困る時期でもあり、小僧が保育園に着ていける服が間に合わなくなりそうです。それから、困るのが靴。ピックアップ先まで少し歩くので、長靴を履かせたいのですが、ご存知の通りポルトガルは室内も土足。履いてきた靴で教室内を過ごします。こんな時、日本の上履きのような、室内だけ履きかえる靴があればいいのにと思ってしまいます。


余談ですが、うちには小僧用の上履きがあるのですよ。靴屋を営んでいた親戚の方からいただいて、うちの両親が送ってくれました。底がゴムでできていてすべりにくく、家の中で履かせるにはもってこいの一足。この「上履き」ですが、パイが初めて見たときは「これがウワバキか!」と興奮気味でした。というのは、映画The Fast and the Furious3で、主人公が日本の学校に初めて行った時に土足で入ろうとした場面で、上履きに履き替えないといけないと言われるくだりがあるのですよ。そこでは日本語で「ウワバキ」と言っていて、パイが覚えた日本語の1つになったわけです。そんなわけで、パイも小僧にはあえて「ウワバキ」という日本語を使うので、小僧も上履きだけは「ウワバキ」と日本語で言うので滑稽です。



今日の朝は市内が雲に覆われていました。



asa20122.jpg


ものすごい標高の高い場所にいるような感覚。この雲が上にどんどん上がって消えていく姿もなかなか幻想的です。山暮らしでしか見れない光景です。


そしてこのお2人のいつもの朝。。。



asa20121.jpg

朝ごはん待ちです。




また小僧が保育園に行っている間にビラレアル市街地を散策してきました。今日はメインストリートだけでなく、路地裏などまだ歩いていない場所も行ってみたりしました。


PA122215.jpg
朝方なのでひっそり


PA122222.jpg
壁の落書き


PA122224.jpg
コーヒーとお茶の専門店を発見。茶道具まで売ってた。


PA122225.jpg
古い食料品店。


おじいさんが一人で切り盛りしているようでした。ここでこの飴を購入。ちょうどパイに頼まれていたんだった。


それから、買う目的がないのに入るのは勇気がいったけど、洋品&手芸品店に入ってみた。


PA122226.jpg
レトロ感が漂っています。


PA122229.jpg
ここだけ時間が止まっているような感じの店内。


何もかもが今の時代にないような商品で、私にとってはお宝に見えたのでした。品のあるおばあちゃんが出てきて、ちょと出かけなくてはいけないとかで、ゆっくり見れなかったのが残念。。。キレイに袋に入っていたり、ショーケース入っているようだったので、一つ一つ頼んで見せてもらわなくてはならないような感じでした。今度行っても宝探しは大変そうだ。。


PA122231.jpg


路地裏散策はとても楽しかった。朝からトントンと古い家具を修理しているお店を見つけたり、ひっそりやっているようなカフェがあって、エスプレッソマシンの音が聞こえてきたり。いままでほとんど街を散策することがなかったので、いろんな音やいろんな人が見聞きできるというのは楽しかった。また行こう。



ぶどうの収穫の季節になりました。あちこちでぶどうを採る姿を見かけ、ワインを造り始めるのです。パイもご近所さん2件に頼まれて、ワイン造りに参加。足でぶどうを踏む作業です。(去年の踏む作業はこちら


そしていつもいただくぶどう。食べてもまたいただいたりして、贅沢な食べ放題状態です。小僧はぶどう好きなので毎日食べてます^^


PA092216.jpg



そしてこの時期はいちじくの時期でもあり、ご近所さんから好きなだけ採って食べて~と言われていて、これまたありがたいのですが、今年も小僧は手をつけませんでした。見た目からダメなようです。食べたらきっとおいしさに驚くだろうになぁ。。。


小僧の体調も良くなり、昨日は久しぶりにマックに行きました。



小僧初めてのハッピーミール♪


PA042310.jpg
絵がくるくる動くコップがオマケで入ってた。


今日から3連休のポルトガル。マックの近くには大学があって、一時帰省のためにスーツケースを持った学生たちを多く見かけました。



保育園その後・・・



保育園は、クラスに3歳~5歳の子が24人で、3歳と4歳の子がほとんどのようです。3人の先生で見ているようです。9時~3時半まではその先生たちがいろんなことを教えてくれるのですが、3時半からは他の先生が一人?で保護者の迎えを待ちながら面倒を見ているようです。


保育園には、スナックを持っていきます。一日中保育園にいる子には2回分のスナックを持たせます。甘いものはあまり持たせないように、と言われているので、午前中用はハム&チーズのサンドイッチを、午後用はバナナとマリークッキーを持たせています。


保育園に通い始めてから、小僧が家でぐずることが増えました。集団生活のなかで思うようにいかないこともあるだろうし、我慢していることを家で爆発させているのかもしれません^^; また、保育園ではお昼寝をさせないので、疲れて帰ってくるだろうし、生活リズムが変わってしまったのは確か。家に帰ってすぐ寝てしまうこともあります。


そして、今まで週一でいろいろ教えてくれていた指導員の方は、小僧が一日中保育園にいることもあって、これからは保育園を訪れて小僧の様子を見に行ってくれるそうです。既に一度見に行ってくれて、「お昼をいっぱい食べてましたよ」と教えてくれました。どんなものを食べているのか聞いてみたら、スープ、メインはお肉か魚、そしてデザートまで出るようです。


そして現在、実は小僧は保育園をお休みしてます。。ここ最近急に寒くなったポルトガル。小僧は嘔吐と下痢が続いているのです。快方に向かっていますが、保育園は集団生活でもあるので、病気をもらってきやすいというのもあると思います。いつも一緒に行っている近所の子も熱が下がらず、ずっと休んでいます。早く2人が治って、保育園に行けるといいのですが。。。

P9282304.jpg
園内で着ている〝バタ〟という園服。基本的に色も形も自由です。