ポルトガルでの日々の記録



今年もさくらんぼの季節がやってきました。



P5281832.jpg


玄関開けたら、たくさんのさくらんぼが入った袋が置いてありました。ご近所さんが持ってきてくれたようです。ありがたくいただきます♪


小僧はフルーツ好きなので、毎日食べてます。今年は種ごと渡しても、上手に食べれるようになりました。きれいに種だけ残して満足げです。


P5281839.jpg


ジューシーなフルーツだけあって、最後はこんなことに。。。








P5281842.jpg


まるで血だらけ!!!Σ(゜ロ゜;)
スポンサーサイト



小僧2歳8ヶ月。いろいろ勉強中。



P5231824.jpg


指導員の下、パズルをやったり、お絵かきしたりいろいろ学んでいます。楽しくやってくれていますが、少し経つと飽きてしまい、ほかの事をやりたがって、指導員が持って来たおもちゃなどが入ったバッグを覗きに行くばかり^^; 



相変わらずお決まりの「Aqui(アキ)」で、「これはなに?」と尋ねられることがいっぱいなのですが、何か使い方が変わってきましたw


すでに小僧が何と言うかわかっているのに、聞くのです。そういう時は、逆に「これはなに?」と聞くと、「忘れた~」と言うのです。また、トーマス仲間の名前を聞かれて、私がわからず「忘れた~」と言った時には、



「ア~キッ!!!!!!!!」



と言われ続け、答えが当たるまで尋ねられる状態に。。。大変です。



そんなトーマス好きな小僧のために、少しでもお食事タイムも楽しんでくれたらと食器を購入!


P5181840.jpg
じ~っ


これで嫌いな野菜も食べてくれるかな~と少し期待したけど、やっぱりダメでしたw コップも上手に使ってますが、目を離したすきに、ご飯などを入れて遊んでました。。。そういう使い道違うんだけどな。。。


トーマス仲間の名前も早く言えるようになりました。少し間違ってますが、途中で間違いに気づき、訂正する場面もw よかったらご覧くださいまし。





おかげさまで今年もわたくしの誕生日がやってまいりました。といっても、いつも食事に出かけるくらいですが。。


何を食べたいかと考えたらやっぱりお寿司などの日本料理だったりしますけど、ポルトあたりまで行かないと無理だし、ポルトガルのレストランの料理は食べ飽きてる。。。となるとあのB級グルメ、浮かびました~♪



P5201863.jpg
フランセジーニャ



この料理だけは、不思議と飽きない。忘れた頃に食べたくなる。。。といいますか。


小僧にはいつものキッズミールを作ってもらいました。


P5201866.jpg
卵を細かく切ってあげたら、ぐちゃぐちゃになっちゃった。ごめん小僧。


私はデザートは食べませんでしたが、パイと小僧はクッキーのケーキを食べました。


P5201867.jpg
ボーロ・デ・ボラシャ


パイに何か欲しいものがあるかと聞かれましたが、今は特にないので、バーゲンでいろいろ買わせてもらいます^^


日本の友達からは素敵なプレゼントをいただきました♪


P5201869.jpg
USBミニ扇風機と、バンダナ、メッセージ入りのクッキー


パソコン使うときに扇風機、畑仕事にバンダナと、私の行動に合わせてプレゼントを考えてくれたんだそう。そしてクッキーはなんと彼女の企画デザインで商品化されたそうで、感動!でした。Tさん毎年どうもありがとう♪


やっとベランダのタイルはり始めました。。。


天気もいい日が続いているのでサクサクやってます~~(って、ほとんどパイがやってるけど^^;)


まずは回りには石をはります。


P5081813.jpg
ここには鉄製の柵を取り付けるので、丈夫な石でないといけません。


それからタイル。外用のタイルで、滑り止めのため表面がザラザラしています。


P5121824.jpg


ちょっと張り方を変えてみました。実はタイルはすべてがちゃんと同じ大きさではなかったりするんですよ。ほんの1ミリ程度の差ですが、張っていると、どんどんズレていってしまうのです。なので、タイルとタイルの間に間隔をあけること(白いプラスチックが見えると思います)は、多少の調節ができるんです。そしてこの張り方もそんなズレをごまかせるのです。


P5121823.jpg


でも出来上がりを見ると、やっぱり普通に張るほうがいいかも。。。玄関前は普通に張ってもらおう。


ということで、今は玄関前にとりかかっています。これで玄関前の印象も多少変わると思います。出来上がりが楽しみです^^




いつものレストラン行ってまいりました。実は4月半ば頃にも行ったのですが、この時は人がいっぱいで、写真を撮れる状態じゃなかったので記事にしませんでした。。。ちなみに砂肝の煮込みを食べました。(コレです



今回は12時すぎに行ったので、まだ席には余裕がありました。



そしていつもの~


P5141825.jpg
パン食べ放題。


今回は豚とあさりの料理、ポルコ・アレンテジャーナを食べました。


P5141828.jpg


写真はスルーしましたが、野菜スープをこのあといただきました。


デザートは、やっぱりマンゴムースにw パイはコーヒー味のデザート。



P5141829.jpg


帰る頃には席はいっぱい。ごちそうさまでした~。





以前、小僧がどういう生活環境で育っているかを調べるのか、専門?の2人の女性が家に来たことを話しましたが、この2人は、幼児の教育専門の人と(Educadora de Infância)、社会サービス専門の人(Tecnico serviço social)で、これから毎週水曜日の1時間、小僧にあれこれ教えてくれることになりました。


言葉の発達に問題がないことがわかったのに、どうしてですかと聞いてみたところ、小僧のように田舎に住んでいる子供たちは人と接することが少なく、保育園に入った時に遅れをとらないようにとのことでした。どの人の判断で訪問をやめるかはわかりませんでしたが、7歳になるまで行われるようです。また、両親が拒否することもできるようです。私にとってはとても勉強になる時間になっています。どう子供にものを教えているか、接し方など参考になります。また、私も小僧と一緒にポルトガルを学ぶ気持ちでいますw


今週は色を学びました。


色を言いながら、同じ色の部分にはめていくパズルをやりました。


P5091819.jpg


それから、紙の上に小僧を寝かせて等身大の人を書いて、それから色塗り。寝かされた時、何をされるか怖かったようで小僧は半泣きでした^^;


P5091822.jpg
手のひらで塗って~と言われても人差し指だけで少しずつ塗る小僧w


ここまでなかなか私にはできないなあ。。。と思った教え方。小僧も初めてのことで動揺してましたが、最後は手形をぺたぺたと紙に押していて、楽しそうでした。最後は輪になって歌を歌っておしまい。


1時間という短い時間ですが、2人で小僧に教えてくれるのですから贅沢な家庭教師です。


ポルトガルは子供に対してとても手厚いケアをしてくれる国だと思いました。小児科の先生の過保護すぎるくらいの診察だったり、主治医の予約も子供なら優先ですぐにとってくれる。今回のサービスもしかり。未来のポルトガルを支える人たちだからかな。。。


また来週もよろしくお願いします!




私の住むビラレアルから南に向かってヴィゼウという都市の間には約100キロの高速道路があります。ここには料金所がなく、無料で使えていたのですが、去年からか、料金を徴収するようになったのですが、これがまた悪質極まりない。


料金所を作ればいいのに作らず、監視カメラで自動車ナンバーをキャッチして、その家にご丁寧にも書留で請求書が送られてくるというシステム。そこまではまあいいのだけれど、罰金付きだから納得がいかない。


罰金を避けるには、3日以内に自己申告で、郵便局なり支払いを取り扱っているカフェなりに行って支払うか、機械が感知するパスを購入して自動車に取り付ける方法をするしかないようで。。。


わざわざ書留で請求書を送ってくるなど面倒なことをするなら、さっさと料金所を作って一人でも雇えばいいのにと思ってしまうのだけれど、逆にこんな面倒なことをしてでも、国がお金を集められる手段として活用しているのかもしれない。そうなら本当に悪質!!!


もちろんそんな注意書きは高速道路にないし、そういう情報を知らない人は、請求書が届いてびっくりという状態。また、罰金も例えばパイが使った区間を見ると、65セントに対し、罰金は2.09ユーロと高額ではないから、ま、仕方がないかとみんな払っているのかな。。。抗議する人はいないのだろうか。料金云々ではなく、やり方が悪質すぎると思えてならない。。。

ちなみにレンタカーで通ると、車を返却する時にレンタカー会社が、罰金はなしで請求するようです。でももし海外から来た車が通ったら???自分の国まで請求書が届くのかな???


ちょっと日本では考えられないポルトガルの悪質な高速道路情報でした。。。




前の更新から少し間が経ってしまいました。。。ごめんくさい(๑→ܫ←)


1階には4つアーチがあって、ここの部分はどうしようかずっと悩んでいた場所でもありました。今思えば、普通にセメントでアーチを作ってそのままが一番だったと思うのですが、当初は木の枠を張ろうと決めていたのです。でも、アーチが少し大きく感じ、それを今から少し小さくするには、レンガか石で囲うのはどうかといろいろ考えたのです。その後レンガではサイズが合わず、石ではお金がかかってくる。。。意見が出てはそのままが続いていました。

でも、石で囲うことに決め、知り合いの人から石を無料でいただけることになってからは、待っていたかのようにパイが作業を開始。



P3141812.jpg

本当はタイルの上に石を置くのは重いのでよくないのですが、仕方なく。。。なんとかタイルが割れずに積み上げることができました。


そしてアーチの部分↓


P4201823.jpg


木の枠を作ってもらってそれに合わせて石で囲っていきます。セメントが固まったら木の枠を外して完成です。


でも石と石の間や、壁と石の間に平らにセメントを入れ、スポンジで拭き、特別な塗料を石に塗って石の色がきれいに出るようにすることなど、まだまだやることはいっぱいです。それに壁と石の間はペンキも塗らないと。


またキレイに完成したときはうPします~