ポルトガルでの日々の記録



今年のクリスマスイブは、家族3人で過ごしました。家で過ごすからにはいろいろ作らねばと、朝からディナーまでキッチンにおりました。。


PC251714.jpg
すでに食べられた跡が。。。


左上・鱈のコロッケ
左中・タコのサラダ
右上・ラバナーダス(Rabanadas)というスイーツ(フレンチトーストのようなスイーツ)
真ん中・ポルトガルのクリスマスケーキ、ボーロレイ(市販のもの)
下・以前紹介したパスタスイーツ、アレトリア


これだけ作ってすでに疲労感。。。でしたが、メインは鱈の料理。(写真撮り忘れ;;)シンプルな料理法は茹でるだけですが、家庭によってグリルしたり、天ぷらのように揚げ、クリームソースをかけたりとさまざまです。うちは茹で鱈で。普段飲まない白ワインも飲んだりして過ごしました。



クリスマスの朝にプレゼントオープン!!小僧へのプレゼントは。。。



PC251715.jpg
机と椅子。お絵かきなどできるように。


既に机の上に登ったりして、違う用途になっておりますが^^;



それからクリスマスの晩は、知り合いのお宅にお呼ばれして行ってきました。



PC261725.jpg


ヤギ肉が出てきて食べれないなあ。。。と思っていたら、七面鳥があったのでよかった♪おいしくいただきました。


久しぶりに2兄の孫にも会い。。。


PC261728.jpg

小僧と一緒に遊んでました。


実はこのロドリゴ君、小僧が大きな声で騒いだりするとびっくりして泣いてしまいます。そんなことが2、3あって困らせていましたが、私にとってうれしいできごとがあったのですよ。

ロドリゴ君はどうやらママを噛んだりするらしく、この時も腕を噛んだので、怒られて泣いていました。それを見た小僧が駆け寄って「já passou」(ジャパソウ)と言ったのです。この言葉は、「もう過ぎたよ」「もう終わったよ」という意味で、例えば子供がどこかをぶつけて泣いているときに言ってあげたりするのですが、小僧は泣いている彼を見て、ジャパソウと言いながらなだめているつもりだったようです。なんだか微笑ましくて、うれしかったのです。そして、これからもこんな心優しい子でいてくれたらと思いました。


ま、こんなクリスマスですたよ。。

スポンサーサイト

小僧2歳3ヶ月。毎日元気にぐずっております~^^;



27m1.jpg



おまるがまだ探せない中、おもしろい行動を始めました。部屋の隅に行き、ちょうどそこが私のいる所から見えない場所で、そこに行ってう○ちをするのです。人の前でするのが恥ずかしいものと思うようになったのでしょうか。。。とにかく隅でうーんうーんとふんばっているので笑えます。


小僧の言う言葉がいろいろ増えておもしろくなってきましたが、笑えない言葉を発していることも。。。私が小僧に言う「うるさいっ!」完コピです。それから、ずっと気になっていた、「おーしぇしゅ」 何を言っているのかさっぱりでしたが、実はこれ「Оh S**t」だったのデス!!!英語でチクショーという意味ですが、ダンナ発信で覚えてしまったようです;; そんなに言ってないはずなのですがー;; そして、食べ物をあげるとき、「○○食べる人~!」と私が言い、小僧が返事をするパターンなのですが、もう食べたくて待ちきれない時は、小僧が一人で「食べる人~ は~い」と言うのですよw 言ったらすぐ食べれると思ってるようですw


少しずつ一人で寝てもらえるようにしていますがなかなか。。。小僧が寝てから私が寝室に行くのですが、気が付くと夜中に泣き出していて、そのまま戻って朝まで添い寝が日課です;; 他の場所で寝るものダメなようで、外出先で寝るときは寝てくれるのだろうか。。。と思っている今日この頃です。


それから。。。小僧はダンナの前と私の前では態度が違うようになってきました。ダンナは食事の時は小僧に厳しく、食べ物を残すと叱るため、食べさせると嫌々ながらも口を開けて食べるのですが、私がやると全くです。怒られないのをわかっているみたいです。なめられてるのかなあ。。。ずる賢くなっているというか何というか。。。




両親からあったかグッズが届きました♪ 今回はSAL便、約3週間かかりました。開けられてなかったし、食品は入ってなかったんだけど、最近届くのが少し遅いです;;




PC091703.jpg
ユニクロのヒートテックばかりw 


完全に冬眠モードに入るための商品ですw これで今年の冬を越しますよ。


それから楽しみにしていた商品も届いた♪



PC091705.jpg
ストールとキッチンタオル!


このストールも、ガーゼ素材なのにサーモギアという繊維で作られたあったかグッズ。毛のようにちくちくしないで肌触りもいいとのことだったので、欲しかった商品。いろんな色があった中でプラム色をチャレンジしてみました。使えるかなー?

あと、このキッチンタオルはデザインがフランスのアンティークのようで気になってたのですが、再販してもすぐ売り切れていた商品だったので以前はなかなか買えなかったのですが、みんなの欲しいに応えてくれたのか?いつでも買えるようになり、やっと購入。リネン混で吸水性もあるので、活躍してくれそうです。


 



PC021694.jpg


焼きそばじゃありません(-_-)



イタリア人もびっくりな?ポルトガルの素朴なスイーツ、アレトリアです。クリスマスに家庭でよく作られるスイーツの一つで、この季節になると食べたいとダンナが言うのでしぶしぶ作りました。


細いパスタを砂糖とマーガリン、レモンの皮が入った牛乳で茹で、黄身を入れてシナモンをふりかけてできあがり。とても簡単なスイーツです。でも。。。決しておいしいスイーツではないのはここだけの話w いろんなお宅でこのスイーツを見かけましたけど、ライスプリンと共に食べないスイーツですが。。。それでもダンナも小僧もおいしいと食べるので、ポル人のお口には合うんでしょう~


ということで、ポルトガルの素朴なスイーツを紹介しました。。


作る人はいないかと思いますが、覚え書きとして一応レシピを。


Aletria(中皿6皿分)

・アレトリア用の細パスタ 300g
・牛乳          1リットル
・マーガリン       70g 
・砂糖          200g
・卵の黄身        4個分
・レモンの皮 
・シナモン 


1.砂糖、マーガリン、レモンの皮が入った牛乳を温める
2.1の中に細パスタを入れ茹でる
3.茹で上がったらその中に溶いた黄身を入れて混ぜる
4.必要なら牛乳を少し加える
5.皿に分け、シナモンをふりかけてできあがり








プラスチック製のおもちゃ箱が壊れてしまったので、新しく購入したら。。。








ある日箱の中に。。。








 
小僧が入ってた。。。



もう形がおかしくなってる。。。壊れるのも時間の問題;;



それから、今年も動くクリスマスカード作りましたよ。今年は無料のがワンパターンしかなくて残念。


ということで、小僧バージョンだけ作りました。よかったら見てくださいね!→ こちら



ただ今駐車場作りを少しずつ始めております。。。とりあえずセメントで床を作るまでやってみようということになったのですが、今ある木製の電柱が邪魔になるので、移動が必要。この電柱は電話線なので、電話会社に連絡。電話で依頼ができると思いきや。。。ここはやっぱりポルトガル!




手紙を書いて依頼が必要だった。 2、3メートル先に移動するだけなのに。。。



また一筆か。。。と思ってしまった。実は以前もある手続きで、一筆添えて書類を提出しなければならないことがあったので、これがポルトガルでの形式的なやりとりかなと思ったのですが、そういえばご近所のおばあさんたちの時代の人たちの多くは、字が書けないわけで、いつからそういう方法になったのだろうと今でも疑問。。。



とにかく自分たちの連絡先と、電柱を移動させたい理由を書いて手紙を送った。それから2週間してやっと電話会社から、今から状況確認をするから行きますと電話があった。移動に何が必要かを確認してから、次の週にようやく移動をしに来てくれたのでした。







ヘルメットも何もなしで大丈夫か、おにーちゃん。。。 しかも建てたばかりでぐらぐらしてるのに



今ある電柱をひっこ抜いて、移動するかとおもいきや、新しい電柱を持ってきたのでした。でもこれがまた木製でしたw 


ということで3週間ほどかかってようやく希望の場所に電柱が建てられて、駐車場の床の部分が作れそうです。やっぱりこの国はいろいろと時間がかかります^^;