ポルトガルでの日々の記録




生まれてからずっと放置していた小僧の髪の毛、切ってみました。




P5281142.jpg



なんとかさまになったかなーという感じですが。。。サイドは。。。



P5281143.jpg



うーん。。。微妙w  もう少し伸びたら修正をしようと思います。




ときどき頭をぽりぽり掻いて暑そうにしていたので、これでさっぱりしたかな。始めは見慣れなくてまるで別人のようで笑ってましたけど、だんだん定着してきた感じ。それでもふと見る瞬間、どっかのおばはんに見えることがあるのですが~w


スポンサーサイト


小僧1歳8ヶ月。離せません。本当に目が離せませんw 気がつけばソファーによじ登ったり、階段を登っていったり。。。ずいぶんとやんちゃになってきました。



20m5.jpg



ようやくメッセンジャーで祖父に向かって「ジジー」と手を振りながら言えるようになりました。祖母に言う「ババー」はまだ言ってくれません。相変わらず言葉よりジェスチャーのレパートリーが増えることが多く、何かがもうなくなってしまった時に「não há」と言うのですが、両手を胸の前で広げるポーズをしたり(アメリカ人がわからないというときにするジェスチャーに似ている)、何歳?と聞くと、ひとさし指を出して1を作って見せたりします。


その中でも、最近覚えてくれたジェスチャーが、おじぎ。もちろんポルトガルにはないことで、使わないですが、いつかの時のために。いろんな場面で使いますが、今はありがとうの意味でおじきをすることを教えてあげました。


クッキーをあげて、ありがとうの代わりにおじぎをする小僧、はりきってどーぞww




[広告 ] VPS



母上の言い方をマネしたら、本当に母上が言ってるみたいになってしまいましたw 


ちなみにポルトガルでは、ありがとうを「オブリガード」と言うのですが、まだ言うには難しいようで、言えずにいます。その代わりにキスをすることはできますが、なかなか他人にはまだできないようです。私たちの前では、一度頼むと、ほっぺを両手でガシッと押さえてなんどもするくらいキス魔の小僧なのですが。。。



今シーズンのサクランボやビワをご近所さんからいただいて、新しいフルーツに挑戦した小僧ですが、フルーツ好きなので、よく食べてくれています。食事はというと、なかなか全部食べてくれません;;基本的に甘いもののほうが好んで食べるのかもしれませんがこれではダメですので、アレンジしてみたりしてなんとか完食してもらえるような努力が必要そうです。。。






先週はわたくしの誕生日でした~のでレストランに行ってきました。



初めて行ったレストラン。8時すぎでもまだまだ空いていましたが、そのあと次々にお客がやってきました。相変わらずポルトガル人の夕食は遅いですw



私はビーフストロガノフを。


P5211082.jpg



フライドポテトが付け合わせだったのを、ローストポテトにしてもらいました。ローストポテト、大好きなんです♪ 


ダンナはサーモンのグリルを。


P5211083.jpg



デザートは、ケーキの型のアイスを食べてみました。(カットされてケーキには見えませんが。。。)ダンナは好物のプリン。



P5211084.jpg



小僧は早く食べたくて、クロスをひっぱるひっぱる。マチャアキじゃないんだから。





いつもの散歩道。



P5121071.jpg



車も人もほとんど通らない場所。



ときどき休憩しては歩いて。。。



P5121063.jpg



牛にも遭遇して。。。



P5111056.jpg



たくさん歩いて、帰る頃には指しゃぶり。



P5111061.jpg



そのあとぐっすり寝たのでした。。。






鶏その後・・・実は、ひよこが3羽死んでしまいました;; ですが、残りのひよこは元気に育っています。私が小屋に入ってくると、網目から覗くようになりました。フレンドリーになってくれたのか、ただのえさ待ちなのかはわかりませんが。。。



実は先週にダンナが鶏小屋を修理してあげたお礼で、メスの鶏をご近所さんからいただきました。




P5111050.jpg


こちらは、もう卵を産んでくれる鶏。毎日1個産んでくれます。



P5111051.jpg


どうぞ~といわんばかりに、1個いつもある卵。午後に産んでくれているようで、午前中にはまだなく、夕方くらいに様子をみがてら取りにいっています。



はじめて卵があったときに、まだ家に残っていた市販の卵と一緒にゆでたのですが、驚き!



P5101036.jpg


左が産みたて卵。右が市販の卵。黄身の色がぜんぜん違うのですよ。黄色を越えて、オレンジ色です。のびのびと育っている鶏の卵はここまで色が濃いんでしょうかねえ。。。それにしても驚きでした。


大きな鶏たちは、ときどき小屋から出して、自由にさせています。不思議と逃げることもなく、好きなようにすごしています。こういうことも大事なようです。








月曜日から結構気温が上がってきたポルトガル。ここのところ最高気温は25、6度。家の中は涼しいので、長袖を着てても大丈夫なのですが、一旦外にでて小僧とお散歩でもしようものなら、汗が出るほど。急いで夏服を出したのは言うまでもありませんw




ということで、この方もすでにバテっているような感じです。



















P5101043.jpg



だっら~



こんなに暑けりゃ目もうつろになりますわな。。。








ときどきランチを利用するいつものレストラン(いまだに名前を知らないw)、先週行ってきました。



今回はこちらの料理を食べてみました。





P5031022.jpg
パエリア風?ごはんとサラダ。



デザートはこちらを


P5031023.jpg
ご飯飛び散ってますが^^; フルーツサラダ。



小僧もしっかり食べました。ごちそうさまでした。







久しぶりにマーケットに行ってきました。



P5031012.jpg


マーケットは朝7時ぐらいから開いているので、本当は早く行ったほうがいい商品も買えるのですが、今回は10時半過ぎに行ったら、すでに片付けて帰ってしまったお店もありました。


P5031013.jpg



以前は市内の真ん中にマーケットが開かれていて狭かったのですが、場所が変わってから広くなって、見やすくなりました。



P5031014.jpg
靴屋さん


P5031016.jpg
なんでも一着3ユーロ(約350円)のお店に群がる人たち。



P5031017.jpg
CD屋さん


で、結局今回はこれを買っただけでした↓


P5051027.jpg

小さめのテーブルクロス。キッチンのテーブルが隠れるちょうど良いサイズ。2ユーロ(約230円)。


男女が踊っているイラストがプリントされていると、かわいくてついついそれを選んでしまいます♪






鶏をいつか飼いたいとダンナが言ったのが2ヶ月ほど前。私は鳥インフルエンザのことなどもあってあまり賛成していなかったんだけど、いろいろ調べてポルトガルは日本に比べて渡り鳥があまりこないことなど、完全ではないけど大丈夫じゃないかと個人的に判断して、飼うことに決めた。



それからはもうダンナが飼う気満々になって、早速家にあったいらないもので鶏小屋を建てた。



rooster1.jpg


見た目はよくないけど、ご近所さんのアドバイスなどをうけて、この小屋の中の半分に2階も設置して、そこはヒヨコを入れれるようにもしました。



ということで、週末にやってきた鶏とヒヨコたち。



rooster2.jpg

メスを2羽。産みたて卵が食べれますように~。



そして、オスとメス半々の15羽のヒヨコたち。


rooster3.jpg


みんなでいつもくっついて緊張ぎみ。。。



この鶏たちが来てから、気になっちゃってちょくちょく鶏小屋に通っておりますw 動物好きの私にとっては食用として飼うのは心苦しいというか何というか。。。複雑です。そして、いつか絞めるときが来たら、私は絶対立ち会わないということをダンナに言っておきましたw 鶏肉の解体はなんとかポルトガルに来て慣れましたけど、やっぱり絞めるのは見れそうにありません;;



今年は、じゃがいも、レタス、玉ねぎ、細ねぎ、トマト、キャベツを植えました。これに加えて鶏もやってきて、ますます我が家は自給自足の田舎暮らしに近づいております。