ポルトガルでの日々の記録



ご近所さんたちが、ぶどうを狩り始めました。もうそんな時期なんですねぇ。。。



ワインを作るためのぶどうですが、もちろんおいしく食べれるので、いつもいただいています。



GRAPE1.jpg



こんなにたくさんで食べきれません。早く食べないと腐ってきてしまうし。。。で、半分は日の当たらない場所に吊るして、干しぶどうみたいにするのです。そうすると、もっと甘くなりおいしいとのこと。



そしてここに、秋の味覚を堪能している人が。。。












GRAPE2.jpg


片手で枝の部分を押さえて、器用に食べるフラン。ちなみにキャンディはお好きではない様子。


他にも家には、これまたご近所さんからいただいた桃やイチジクもあって、食後のデザートが潤っております。ありがたやありがたや。


追記-ぶどうは犬に与えてはいけない食べ物と後で知りました。犬を飼ってらっしゃる方、お気をつけくださいませ。

スポンサーサイト



家づくりはほぼ週末しかできない状況で、家の外壁の石積みを優先にしてやってきましたが、あと残り一面、家の後ろ側のみになりました。



ie3.jpg



もうすぐやってくる雨季の季節前に積み上げて完了したいので、がんばってます。ま、作業をする日が天気なら、雨季の季節でもいいのですが。。。


ポルトガルもすっかり秋の気配。夏のような暑さもすっかり去って、日中も涼しく、朝晩は冷えるような気温になりました。そろそろ衣替えが必要かも。。。




小僧の誕生日には、ケーキを買ってお祝い。



12M2.jpg
汚いキッチンは一部自粛、とw



やっぱりケーキも黄色系がなぜか多いポルトガル。ケーキには、「おめでとう」と書かれています。



そして、プレゼントはおもちゃを。




12M1.jpg



うちの母上が、音楽に触れれるようなおもちゃを買ってあげて~と言っていたので、ミニピアノやシンバル、ドラムなどの音が出るおもちゃを買ってみました。でも、残念ながらまだあまり興味を示してくれません。。。



おもちゃ屋に行ったのは、もう何年かぶり。本当にいろんな種類のものがあるんですね~。子供にとってはまさに夢の場所。






小僧やっと1歳になりました!長かったような、短かったようなこの1年。おかげで大きな病気をすることもなく育ってくれました。




生まれた頃は、お猿ちゃんのようだった小僧も。。。



PA030570.jpg



1年でこんなに変貌w



P9210754.jpg



赤ちゃんの顔は変わってくるっていうけれど、こんなに変わるとは。。。生まれてすぐは、ほぼ私寄りの顔つきだったのに。。。今はすっかりダンナ寄りです。



今はつかまり立ちをしたり、手を離して立っていることができたり、拍手をしたりといろいろなことができるようになってきました。ときどき「ママママ・・・」とか「パパパパ・・・」と言っていますが、まだ意味がわかってなく言っているような。。。用があったら「ママ~」と言ってくれるといいのですがw


そして、子育てで気になっているのは、寝る時のこと。もう2ヶ月くらい私が添い寝をしてあげています。果たしてそれが正しいかどうか。始めたきっかけは、小僧が夜泣きをするので、私がその都度起きて寝るまで抱っこしたりして、寝かしつけてから私がまた寝る、という繰り返しだったのですが、それがちょっと大変で、一緒に寝ることで、夜泣きが始まったら、そのまま横でトントン、と体に触れれてあげると、安心してまた寝てくれることも多く、私もわざわざ起き上がらなくても済むからだったのです。でもこの添い寝が癖づいて、一人で寝てくれなくなるかな、とも思っています。どっちがいいんでしょうかね?



なにはともあれ、小僧1歳。今日お誕生日の方も、おめでとうございます♪


ポルトガルに住むのは、決して楽ではありません。住んでみた方だけがわかる、驚きの連続だったりします。(怒りの驚きのほう)


でも、それにいちいち怒っていても仕方がないのが現状。でも内心「だからこの国はいつまでたっても発展しないんじゃコラ!!!」と思っているのが本心。


久しぶりにやってきました。懐かしい怒り込みの驚きが!


昨日は小僧の12ヶ月検診で予約が入っていました。その旨を受付で伝えると。。。お姉さんちょっと険しい顔。


もしや予約が入ってなかった?と思ったのですが、












なぜか主治医がバケーションで不在。




じゃなぜ予約が入るのか、って話。予約後にバケーション入れちゃったなら、電話の一本でもよこせ、って話。



お姉さんも、ちょっと呆れ顔。で、私に申し訳なさそうにしてくれたのがせめてもの救いだったけど。。。










来た意味ねーし。あ、ちょっとお下品になってしまったヮ





しかも予約が入れれるのが1ヶ月後って、








もう12ヶ月検診じゃないし!




でも後で電話があり、なんとか来週に予約を入れてくれました。



やっぱりあなどれない。油断禁物ってあらためて思いましたw



ことのついでだけれど、7月に検診に行ったとき、小僧はまだ一人で座ることができなかったので、一応専門家に見てもらうように予約を入れてくれたはいいけど、予約がはいったのは、






3ヶ月後の10月半ば!



未だに専門家に見てもらえる日が来てないわけです。それに小僧はすっかり一人で座れているし。







もう意味ねーし。今日2発目。






愚痴になってしまいました。。。





小僧の真剣に見つめる先は。。。





P9120727.jpg







テレビでこざいます。




ベッドにいるのが嫌いな小僧なので、最近はよく2階で遊ばせているのですが、どうしても家事で一人でいてもらいたい時は、ベッドにいてもらって、テレビをつけておくと、真剣に見ているので泣かずにいてくれます。


ベーシックなケーブルでも、キッズチャンネルが3つもあり、時間帯によっては国営放送のチャンネルでも子供向けの番組が放送されているので、小僧に合うような番組を選んで見せています。


さすがアニメ大国日本だけあって、ポルトガルでも「キャプテン翼」や、最近初めて知った、「おジャ魔女どれみ」なんてやっております。もっと探せばあるかも。。。


これらのキッズチャンネルを見せるようになってから、そこで流れる音楽が頭から離れません。。。特にその中でも、「CANAL PANDA」というチャンネルは、そこの主題歌的な音楽を子供たちが勢いよく歌っているのですが、その音楽を合間合間にちょいちょい放り込み、嫌でも耳に入ってきてしまいます。



私が小さい頃は「ポンキッキ」をよく見ていたのですが、その中でよくビートルズの曲を放り込んでいたのを大人になってから知ったんですよね。物心もつかない間にビートルズの曲に触れていたとは。。。と驚いたものです。そういう曲って、大人になっても忘れず、懐かしさをも覚えるんです。そういう点では、「CANAL PANDA」の軽い洗脳的な音楽は、子供の心を掴もうとする意図さえ感じられるような。。。って考えすぎですかね?w




今度は週末まで5姉家族が私たちが住んでいるところまで来ました。



カフェしたり。。。


vr20103.jpg



子供たちがマーケットで動物を見たい!というので見に行ったり。。。



vr20101.jpg
七面鳥(1羽約900円)



vr20102.jpg
アヒル(1羽約200円)


他にもニワトリなどいまして、みんな食用として買っていくのですが、アヒルは本気でペットとして飼いたいと思いました。キャンディがいる限りは無理そうですが。。。



その後はマーケット内でお約束の買い食い。パン売り場では、売り子のお姉ちゃんが小僧にパンをくれました。小僧もその場で食べとりました。


で、お昼はこれまたお約束のフランセジーニャ。


vr20104.jpg
やっぱり完食できず。。。



一時でしたが、兄弟家族が集まって、普段静かなわが家がとてもにぎやかになりました。



vr20105.jpg
姪甥たち。


またみんなで一緒に会えるのも一年後でしょうか。



混みあうあのレストランに再びいってきました。今回はちゃんと名前も調べてきました。レストラン名は



SOLAR DOS AMIGOS



行くとすでに混み混み。かなり席が空いていると思えば、予約席。すごいです。本当は待たなくてはいけなかったのですが、5姉たちがオーナーと知り合いで、レストランに隣接しているオーナーの家のテラスで食べれることに。ありがたや。



P8290760.jpg



前回行ったときに、他の人が食べてておいしそうで、食べてみたかったバカリャウ(鱈)の料理を。



tres4.jpg
Bacalhau a Campino


パンの中にバカリャウや野菜を炒めたものが詰まっています。実際はグラタン風のが乗っていると思ったので、ちょっと期待はずれ。。。でもおいしかったです。




tres3.jpg
ダンナは豚グリルと付け合せを



そしてデザート


tres2.jpg
種類がいっぱい


そして前回撮れなかった、ここのサービスがコレ!


tres1.jpg

ジンジーニャというさくらんぼ酒と、クッキーのサービス!クッキーは袋にいくつか入っていて、持って帰れるようにもしてくれてます。ちょっと隠れてしまっていますが、袋の写真はオーナーの娘さんが馬に乗っています。この写真がレストランのシンボルマーク的にもなっています。


ここのレストラン、比較的料金は高いのですが、それでも人が集まるのは、焼きたてのパンが食べれることや、料理の多さ、最後のジンジーニャやクッキーのサービスなどが挙げられると思います。



Solar dos Amigos
Rua principal 49, Guisado
Salir de Matos
Caldas da Rainha
tel 262877135


サイトはこちら



ボルダロ・ピニェイロに行く前に、隣接しているドン・カルロス1世公園を通りました。




crp4.jpg
自然がいっぱいの公園




crp5.jpg
小さな湖をボートで一周することもできます




crp3.jpg
おじさんがパンをあげだすと、ハトやアヒルが集合




crp2.jpg
クラシカルな建物の図書館も




crp1.jpg
美術館もあります



カフェもあって、いて気持ちのいい公園。家の近くにあったら、毎日通いたいくらいです。



そして、ボルダロに行ったあとは、町の中心のレプブリカ広場で毎日開いている市場へ。



crpp2.jpg


規模は大きくありませんが、土曜日でもあったのでたいへん賑わっていました。やはり多いのは、野菜や果物を売るお店。



で、やっぱり素通りできないのはスイーツのお店。



crpp1.jpg


とうもろこしの粉でできた、ドライフルーツの一口ケーキを買おうか迷っていたら、一つくれて試食させてくれました。シナモンがよくきいていて、おいしかったので購入。12個入って200円くらいでした。(迷うほどの値段ではないw)


ここでは、5姉の長女はひまわりの種を、次女はチーズを、ダンナは梨を買ってその場で食べる、まさに買い食いに入ってました。


ボルダロと公園、そして市場は歩いて行ける範囲です。オビドスやナザレまで来たら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。






カルダス・ダ・ライーニャに行くたびに、立ち寄りたい場所がありました。キャベツの形をした食器で有名なボルダロ・ピニェイロです。



あのウィリアムズ・ソノマでもここの商品を売っていたらしく、有名のようですが、私が知ったのはポルトガルに来てから。普通に買うと結構するらしいのですが、この場所には直営店(アウトレット)があり、安く購入できると聞いていたので、ずっと行きたいと思っていたのです。



BP2.jpg



置物などは比較的高めですが、食器などは平均して1500~2000円くらい。大皿などはもう少しするものもありましたが、マグや小皿などは1000円以下と良心的なお値段のもありました。


特に奥は狙い目です。はんぱ物や、さらに安くなった食器があります。


P8280739.jpg

P8280741.jpg


欲しいものがいっぱいでしたが、今回こちらを買ってみました。


BP1.jpg


相変わらず動物に弱い私。ブタとヒツジが描かれています。このお皿、なんと1皿約400円!安いです。


このお店の中である日本人の方と遭遇。やはり観光名所の一つとして有名なんでしょうね。


ボルダロの食器に興味を持った方は、サイトの中に商品の写真がありますので、ぜひ見てみてください。素敵な食器ばかりです♪


Bordallo Pinheiro
Rua Rafael Bordalo Pinheiro 53
2500-246 Caldas da Rainha

月~土 10時~19時
日   14時~19時 


サイトはこちら (Catalogoをクリックして、左に種類が出ますので、それぞれクリックすると、商品が表示されます。)