ポルトガルでの日々の記録
去年の6月のおわりにリスボン近郊から、北部のビラレアルまでのお引越しは、そらーもうハラハラものでした。というのも、




強風で、1兄が運転するトラックから荷物が高速に落っこちる。



ハプニングに見舞われたのですよ。幸い落っこちた荷物は、家づくりの時に着れる、所謂「ひとみんの普段着以下ランクの服たち」だったのですが・・・そのあとも、カーペットが舞いそうになったりして、トラックの後ろを走る私とダンナは、心配で心配で、落ち着いていられなかったのですよ。それに、落ちた荷物が原因で、交通の邪魔になったりしてないかしらとも考え・・・ハラハラしましたです。


次の日から早速家づくりが開始。毎日のスケジュールはというと・・・


朝6時~6時半 起床

6時半~7時頃 家づくり開始

10時頃 ブーシャタイム(スナック付きのちょっとした休憩時間)

11時頃 ひとみん昼食を作りに一時家にちゃりんこで帰る

12時頃 ひとみん家づくり現場に昼食を持って戻り、昼食

12時半すぎ~7時半くらいまで家づくり

8時頃 帰宅

10時すぎには就寝





どですか。この過密スケジュール。これを9月までの3ヶ月間、ほぼ毎日やってましたから・・・もう二度と経験したくないとも思いましたよ。


仮に住まわせてもらった1兄のセカンドハウスから、家づくり現場までは歩けば15分~20分、ちゃりんこなら7~8分という距離。時間のロスにならないよう、ちゃりんこも購入、昼食を作っている間もダンナだけでも家づくりを続けられるよう、ひとみん昼食調達も兼ねたスケジュールだったわけです。


はじめにとりかかったのは、部屋の仕切り。




P6300054.jpg
これは家づくりを再び始める前。



P7040056.jpg
家の外壁と同じように、レンガのようなブロックを積み上げていきます。階段まわりに半分ほど積み上がっているのがわかりますでしょうか。


それから同時に屋根サイドにもブロックを。


P7040058.jpg

煙突もブロックで積み上げます。1が暖炉用、2がキッチンからの煙排出用。


私の仕事は主に、このブロックとセメント運び。男並みに働いてました。。。


こんな感じで家づくりを再び始めていったのデス。。。

スポンサーサイト


全国のみなさま、お元気でいらっさいますでしょうか。ひとみんはこうしてピンピンしております。

気がつけば、1年もブログを放置。ネットがなくても生きていける術を知り、まるで仙人のような暮らしをしていたさなか、ようやく現実の世界に戻ることができましたです。

ここ1年、それはまあいろんなことがありまして、さらっと説明できるのならしたい勢いですが、できそうにないので、これから順に報告していきたいと思いマス。

まずはじめに報告したいのは、わが家に家族が増えたこと。(注・焦らず最後まで読みましょう。)


まずこのお方。















PC080322.jpg



といっても、これは12月の始め頃の時のフラン。今ではすっかりカワイさもなくなって、ワイルドな風貌になってしまっておりやす。現在のフランは、また今度。



そして今月やってきたニューカマー。













P6260441.jpg





以上です。












以上です。








・・・モウーてっきり子供が産まれたと思ったじゃないの~と思ってしまったアナタ。フフ




実はひとみん、腹んでしまいました。ご懐妊ですよ、奥さんっ、ご懐妊。もうすぐ7ヶ月です。ということで、10月にはもう一人家族が増えるっつーことです。このことも今度詳しくお話したいと思いマス。



ランキングも外し、これからは少しずつマイペースで更新していこうと思います。(誠に勝手ながら)


ぽる男さんは1年前のまま、まだダンボールの中で眠っておりやす。( ̄△ ̄;)


ということで、再びよろしくお願いしまっす。<(_ _)>


お詫び・ここ1年の間に、メールを送ってくださったということを何件か聞き、すぐにメールを開いたのですが、長いことサインインしていなかったということもあり、すべてのメールが削除されてしまい、お返事もできない状況です、ごめんなさい。。。