ポルトガルでの日々の記録
少し前ですが、こんな雑誌をガソリンスタンドで見かけて、買ってしまいました。



P2270015.jpg




Casaと書いてあったので、「家」、インテリアの雑誌ということはわかりました。



手にしていたのを見たダンナが、「田舎の家」という意味だと教えてくれました。



Campoは、「畑」、サッカー場などの「競技場」という意味もありますが、ここでは「田舎」という意味。



田舎の家!私のためにあるような本じゃないかー。おぅいぇー。



P2270016.jpg




でも後から知ったのですが、




スペイン発のスペイン語の雑誌だったのですよ。。。




ポルトガル人も読めるだろうから、普通に売っているのかな、きっと。



P5090070.jpg
まあええか。


うん、まあええわ。


応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

スポンサーサイト
昨日は、オスカーでしたねー。あんなにセレブが一挙に見れるイベントもそうないので、楽しみにしておりました。一番の楽しみは、誰が誰とやってくるかっていうのはここだけの話。もちろんドレスのチェックも好きですけど。




でも、何か大変かって・・・







生放送してくれるのはうれしいが、







時差の関係で1amスタート。 ( ̄_ ̄)





まるで徹夜コースになっちまうわけですよ。



日本にいる私の友が、



「ワールドカップ見るために、今夜は寝ない!」



とか



「もうアラームセットした!」




とかその気持ち、わかる勢いです。



去年は、わてくし、途中で挫折。睡魔に襲われ諦めてベッドにフラ~




今年は・・・見てやロー






朝の5時まで見てやロー





と気合が入る。そして次の日仕事にも関わらず、何を血迷ったかダンナまで見ると言いだしたから、もう2人で1時になるまでひたすら待った。




そして、ダンナは始まりと同時にリタイア。1時過ぎても、まだレッドカーペットを歩いてるもんだから、諦めたらしい。




そして、わて。 



3時まで見たけれど、やっぱり挫折。睡魔には勝てませぬでした。



ところでこの中継、アメリカでの中継をそのまま流し、英語のわかる解説者がときどき説明する感じで、同時通訳をしているわけでもない。



その解説者がまた、これ、ちょっと・・・ウザッ



テレビから聞こえる声と、解説の声かぶってしまうのは仕方ないにしても、




司会者のジョークに「フフッ」と笑う声が聞こえたり、のどのつまりが聞こえたり、軽く好き放題。まあええか。




最後に今年のオスカーの感想・・・




「またジョニーデップは取れなかったなあ」




P5090070.jpg
だいじょ~ぶぅ~


おそいおそい。 ( ̄□ ̄)




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア



久しぶりに、週末ごろからダウンしております。。。


快方に向かってはおりますが、まだ完治できずにおります。


いつものテンションに戻るまで、ブログ更新少しお待ちくださいませ。



驚くなかれ。 笑うなかれ。






P2130009.jpg







れっきとした、ポルトガルのブランドなのですから・・・・・





P2130010.jpg





ロゴ入りの商品がないことを願いたい・・・





P5090070.jpg
若干高級感あふれるショップなのに・・・



そのギャップがまた・・・ (/ω\*))ヾ




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

ポルトガルにも、バレンタインデーはあります。アメリカと同様、男性も女性も相手にプレゼント等を贈る日です。



去年は、確かダンナとレストランに食事に行ったような。。。




でも今年はチョコレートケーキ作りに挑戦!ノ( ̄∀+ ̄)=3



午後から、キッチンにこもりっぱなしで、なんとかできあがりました。





でも・・・






キ、キレイでない。。。 (ーд―Ⅲ)





ここで、「作りました~」だけでは、作った信憑性は薄くなる。疑われちまう。



ということで、証拠写真、公開です。。。







P2150011.jpg




このケーキ、3層にしてまして、お見せしようと切ったのですが、思った以上にキレイではなく、戻した次第です。 (*゚▽゚)あはあは




ダンナはチョコレートバカなので、「スポンジがちょっと固いけど~」とプツプツ言いながらもたくさん食べてくれました。もう当分作らないから。味わって食べるんだっ!!!



初めて挑戦したチョコレートケーキ作りに、こんなにも時間がかかるとは思わなくて、作り終えたあとは、疲労困ぱい。



今度は簡単に作れて、おいしいケーキを追求しよう、と思いました。まぢで。



P5090070.jpg
でた。めんどくさがりんな人。



やっぱり私、料理向いてないわぁ~と実感。 (  ̄‐ ̄)゚*。゚




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

ベンフィカスタジアムの中にある、Catedral da Cerveja というレストランに行ってきました。



P2120005.jpg



ベンフィカのレストランということで、もっとサッカーグッズだったり選手の写真だったりが飾ってあるかと思いきや、至ってシンプルなレストラン。プラネットハリウッドのようではないのね。


みんなでいろんな料理を頼んで、いろんな味を楽しみました。


P2120002.jpg


1.アンコウのリゾット
2.タコのグリル
3.豚のグリル
4.魚介類のリゾット



デザートは~♪♪♪


P2120006.jpg



焼リンゴ!

ポルトガルでは、デザートのメニューによくある一品。




P2120003.jpg




レストランからは、フィールドが眺められます。テレビで見るより意外と小さいなあという印象。試合があるときは、レストランの料金も上がるのだそう。



P5090070.jpg
これでアナタもベンフィキシタ。


いやいや怒られてまうから。



応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

少し前に、気になっていたリスボン市内のアンティーク屋に立ち寄った。



ウィンドウからは、アンティークなオモチャなどが所狭しと並べられていて、アンティーク好きの私にとってはもう、通るたびにウズウズ。



思い切ってダンナとお店に入ると、案外若い感じの店員だったので、ほっ。ご年配だったら、軽くあしらわれそうな気がしていたから。「あなたに目利きができるのかしらぁ~?」ってな感じで。










そうでつ。ド素人ですけどね。 (゚∀゚*)てへ




ひととおり見たあとで、ある陶器の置物が気になった。胴体と足が糸で繋がっていて、きっとドレスを着ていただろうけど、古くてなくなっている感じ。



私 「ねーいくらって書いてあるか見える?」


ダンナ 「2.75ユーロ(約440円)って書いてあるよ」


私 「そんなものか・・・」


アメリカでも、アンティーク屋でこのくらいで売られているものもあったから、疑いもしなかったんだけど・・・



私 「見せてもらえませんか」



店員 「どうぞ・・・・ これは・・・」



電卓をかちゃかちゃとし始めた店員さん。



店員 「165ユーロでいいですよ」






私&ダンナ 「え?」




どうやら、ダンナが見た2.75ユーロは、275ユーロ(約44000円)だったのですよ。






ダンナ(表情) 「(;゚σ゚)えーっ」




私(心の中) 「2桁違いって、ヲイ。(д)」






そのあと、ダンナは慌てるように、「帰ろ。帰ろ。」を連発。おちつけ。押し売りではない。




そのお店を出たあとも、終始ダンナは、「あれが275ユーロなんて信じられない」とブツブツ言っていた。それがアンティークなのよ。


アンティークの価値がわかる人にとっては、宝物に見える。興味のない人には、ただの壊れかけの置物にしか見えないのだろうなあ。


私は、頼んでもいないのに値引きしてくれた店員の、値引率のすごさに驚きましたけど・・・



P5090070.jpg
値段はよく見ましょう。



(゚ロ゚)そうしましょう。



応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

ポルトガル人の名前は、苗字が二つあります。



例に、クリスティアーノロナウドの名前で説明すると・・・



Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro


dos Santosは、母親の苗字  Aveiroは、父親の苗字 と二つ並ぶわけです。



クリスティアーノのように、 Ronaldoと2つ目の名前を名づけられる人もいれば、ただ一つの人もいます。



私が今のダンナと結婚をする時に、名前はどうしますかと聞かれました。


選択は、


1.夫婦別姓にし、そのまま

2.苗字をダンナの姓に変える(日本式)

3.ダンナの姓を加える(ポルトガル式)


(補足-この場合、ダンナの姓は、父親の苗字のみ。母親の苗字に変えたり、加えることはない)


この3つ。


私は、結婚したら苗字を変えたいとずっと思っていました。漠然とですが、結婚したと実感できると思ったのです。でも2にしてしまうと、例えば子供ができた場合、2つの苗字が付くはずなのに、ないのはおかしくなる。


ということで、3をとり、私は苗字がただ増えただけになってしまった結果になっている。


ただ日本の戸籍上の名前は変えられることはないらしいので、結局今の姓とずっと付き合っていかないといけないようだす。




P5090070.jpg
っ増えたって。



まさか名前が増えるとは思わなかったゎぁ~ (´д)=з




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

昨日2月5日はカーニバルで祝日でした。みんな思い思いの仮装をするのは、まるでハロウィンのようです。


子供たちは、プリンセスやスパイダーマンなどに扮して学芸会のよう。


ところで、このカーニバル、あることをするんですよ。困ったもので。










それは水風船を投げること。





そんなことをすっかり忘れていたけど、市民はこの日ばかりと用意していたんですねー。



道路をあるいていたら、車から、






車から!!!




水風船飛んできました。私の足元にバシャっ!と来た時、一瞬何がなんだかわからなかったけれど、そういえばこんなことするんだった!と記憶が蘇ってきた。



的が外れたのか、親切にやってくれたのか、服がぬれずにすんだのは不幸中の幸い。


キッと車を見ると、サッと隠れやがったヤローども。今日だけだぞ。


まったく困った風習だ!と思ったんだけど、私の地元にもあるお祭りで、小麦粉をまき散らすお祭りがある。その粉にかかると、1年は風邪をひかないという言い伝えがある。

子供の頃、真っ白になって帰ってきた私を見て、母上がびっくりした記憶が。









ま、それは粉をかかりに行ったんだけど。





でもあの水風船。ホントに水がかかったら、寒い時期だから、普通につらい。




P5090070.jpg
こえー


うん、普通にこえー


応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア



ポルトガルスープ界ではおそらく一番有名であろう、カルドヴェルデと呼ばれる、ジャガイモのスープがあります。




久しぶりに作ってみました。




P2050044.jpg



オリーブオイルでニンニクと玉ねぎを炒めたあと、水とジャガイモを入れ茹でる。


そしてあのマシーンでガーっ。


そしてCouve galegaと呼ばれる、キャベツの一種の千切りを入れ、塩コショウで味を調え、最後はポルトガルのソーセージ、チョリソーをのせてできあがり。


体が温まる、冬にはもってこいのスープです。



P5090070.jpg
コレだけでいける。


あとパンがあれば、昼はコレでいい勢い。


応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア

2月になると思い出すことがあります。












節分でもバレンタインでもありません。






4年前の2月に、友とドミニカ共和国のプンタカーナに行ったことを思い出します。



ニューヨークから約3時間のフライトで行けるカリビアンパラダイス。さっきまでコート着てたのが信じられないくらい、プンタカーナは常夏でした。



びっくりしたのは、アジア人がぜんぜんいないこと。どこに行っても見かけそうな日本人もぜんぜんいない。確かに日本からでは、遠いかもしれない。近いハワイなどに行ってしまうのかな。



ここで初めてヨーロピアンの視線攻撃の洗礼を受けました。多くの観光客は、イタリア、フランス、カナダ人なのです。ホテル従業員の中には、イタリア語、フランス語、英語、そしてスペイン語を操って話している人も。驚きです。




do-1.jpg
お部屋から




ドミニカのリゾート地は、オールインクルーシブといって、食事や飲み物などがホテル代に含まれているシステムがほとんど。



アルコールは好きなときに飲めるし、レストランも4、5件あるので、その日の気分で、メキシカンだったりイタリアンだったり・・・そのレストランでデザートが充実してなかったら、大きなバイキングレストランにハシゴして、デザートだけ食べたり・・・



ここでは、特別なことをしないで、ただビーチでまったり。夜はクラブに行ったり。そして、食べる。




友と 「帰りたくない~」 と叫んだっけ。




dominica3.jpg
どですか。この海の色。



海でただまったりなんてつまらなそうですが、アクティビティーも充実してます。ホテル内のところどころで、ゲームやサルサレッスン、エアロビクスもやっていたり、毎晩夜にはゲスト参加型のショーがあったりして、飽きませんでした。



ひとみんイチオシのリゾート地です。いつかまた訪れたい場所です。




P5090070.jpg
当分お預けやな。



日本も行きたいし~ハワイも行きたいし~お金ないし~(;д;)




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア


最近家でウマイウマイと食べてるパンがありまして。



これざます。




P1310036.jpg




袋に入っていて、スーパーの一角に山積みにされておりますパン。



その名も・・・ Pão de Rio Maior



Rio Maiorはある都市の名前。“リオ・メイヨールのパン”という名前です。



ところでパンってポルトガル語ってご存知でした?でもこちらではパンではなく、パォンって感じの発音です。




P1310037.jpg




ずっしり感があります。



P1310039.jpg




そして、もちもち。画像で伝わりますでしょーか。



これにバターを塗って食べると、たまりません。すぐになくなってしまいます。



P5090065.jpg
そしてチミはまた太っていく・・・




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア