ポルトガルでの日々の記録
TOPフリーエリア



リスボン動物園に行った次の日は、親戚の子の洗礼式でした。



20621090_200526903815565_7583142728667977891_n.jpg


ペアルックを一度着せてみたかったので小僧と師匠はこんな感じで参加↓ 


IMG_1903.jpg



トップスだけですが、これでゲストのみんなにも兄弟ってわかったと思います。


教会での式のあとはレストランへ。ウェルカムドリンクとちょっとした前菜を食べてゆっくりしている間に、子供たちだけ先に食べてあとは遊ぶシステム。これは子供たちが食事中に騒いでいたりしないで、大人たちがゆっくり食べれるのでいいシステムだなあと思いました。


IMG_1911.jpg


小さな遊び場があってそこで子供たちは思う存分遊んでいました。


IMG_1914.jpg


フェイスペインティングまでしてもらった小僧。


IMG_1919.jpg


かなり本格的なライオン!


食事はフィレステーキにタラのグラタン、ライスやサラダなど。


IMG_1913.jpg


美味しかったです。


レストランのオーナーがパイの昔の英語の先生だったようで久しぶりの再会となりました。このレストランを経営しつつ、まだ現役で英語を教えているのだそう。彼女のセンスが光るデコレーションや、クラシカルな雰囲気のレストランで行われたパーティーは素敵でした。


スポンサーサイト


とにかく軽くて楽なのと、カジュアルだけでなくて、スラックスのようなパンツにも合うので気に入って履いているスリッポン。


DSCF3855.jpg
最近小僧用にも買いました。(手前)by ZARAkids


でもこのスリッポンの悩みが、底の白い部分の汚れ>< 気が付くと黒い汚れがついて、それがブラシや洗剤ではぜんぜん取れなくて困っていたのです。恥ずかしいと思いながらも履き心地がいいので汚れたままでも履いておりました。。。

それでもなんとかならないかとネットで調べたら、メラミンスポンジで落ちることが判明!


DSCF3857.jpg


メラミンスポンジは水だけで油汚れや蛇口などが綺麗になるので重宝していて、とにかく軽いので、日本から送る荷物にときどき両親が入れてくれます。


早速メラミンスポンジで底の部分をこすると、2,3回のゴシゴシして綺麗になりました!新品の時のようにまでにはなりませんが、驚くほど綺麗になって改めてメラミンスポンジのすごさを知りました。


もう知っている人も多いかもしれませんが、100円ショップで買える安さだし、まだ使ったことがない人は使ってみるがいいですよ。特に海外在住の方は、荷物を送ってもらうことがあったら、配送中はクッション代わりにもなるし、おすすめです。感動しますよ♪



我が家はポルトガルの大型スーパー、コンチネンテをよく利用しているのですが、一昨年から突然始まった、ヤマザキ春のパン祭り的なキャンペーンが今年も始まりました。


20ユーロ買い物するたびに1シールもらえて、集めるとキッチングッズをもらえるしくみになっているのですが、一昨年はナイフや包丁、去年はPYREXの耐熱ガラス商品で、今年はグラスとなっております。


DSCF3797.jpg


ワイングラスやシャンパングラス、コップなど6種類。今年は16シール集めて1ペアグラスがもらえます。320ユーロ(現在約39000円)買い物すれば、20ユーロ相当のグラスをゲットできるわけです。すでに16シール集めたので、コップをゲット。ワイングラスが素敵ですが、家にあるし、お客さんが来るときしか使わないので普段使えるコップにしました。

いつものように3月半ばまでやっているキャンペーンなので、コップを集めたいと思いますw でもビールグラスも1ペアぐらい欲しいなあ。。。



小僧が学校に行くお迎えのマイクロバスを待つ場所のそばの家で買われているパウレタという犬がいるのですが。。。ほぼ毎日警備を買って出ております。


まず朝、玄関前に座っているパウレタは、私と小僧を見かけると立ち上がって吠え始めます。そして待ち合わせの場所まで吠えながらついてきます。


DSCF3674.jpg
こんな感じでブサイクに吠えながら先導。


もう何年も同じルーティーンなので、警備をしてくれてるのを理解しましたが、始めのころは私たちを追い払おうとしているのかとか、嫌いなのかとか思ったものです。吠えることでまわりに注意を払うように伝えてるんでしょうか。なんとなく「〇〇様のおなーりー」と言ってるような気がして笑えます。


DSCF3676.jpg
警備ちう。


そして、私たちのそばを離れません。他の犬を見かけると追いかけて警備。車が通っても吠えて追いかけることも。そして小僧の見送りが終わったら、一緒に家の方向に歩いて解散です。夕方のお迎えの時は朝ほど警備はなし。不在だったり、家からお迎えの場所を見つめていたりします。本当に守ってくれてるんだな、と感じたのは、勢いよく車が前から来た時。私の目の前にサッと来て、体を横にしてしっかりガード。また、普段見慣れない集落の人と話しているのを見かけると、すぐに飛んできて、集落の人に向かって吠える始末。あの。。。














私あなたの飼い主ではなんですが。


こんなブーちゃんなパウレタも、ここまで尽くしてくれるとかわいいもんです。ときどき頭を撫でてあげるんですが、そうなると調子に乗って、もっと触って!と言わんばかりに前足を私の体に乗せてくるんですよ。そのあとは私の服が泥だらけになってしまうのが困りもの。そして困りものと言えば、パウレタはときどきお尻を私の足に押し付けてくるんですよねぇ。。。完全にセクハラです。。。




今年のカーニバルは、小僧はピエロになりたいというのでコスチュームを探してこんな感じになりました。


DSCF2878.jpg



顔をペイントしたいか聞いたら、嫌だと言うので鼻を付けるだけになりました。同級生たちが赤い鼻のところや帽子のところを興味深々でよく触ってきて困ったとのこと。


それから3兄家族たちが住む集落のカーニバルにも今年も参加して、いとこやはとこたちと一緒にパレードに参加したのでした。


DSCF2901.jpg


3兄の娘は「かかし」になっていました。