ポルトガルでの日々の記録
TOPフリーエリア




師匠1歳11か月。飛行機やヘリに興味津々。




IMG_2105.jpg




先日もヘリが飛んでいるのを発見して、こんなふうに真剣に空を見続けていました。家にいても、飛んでいる音を聞くと、私のところに飛んできて「Avião(飛行機)!」と叫びます。外に一緒に見に行くと満足気ですが、家に戻ろうとするとぐずります。とにかく師匠はアウトドア派。外に出たくて仕方がありません。



最近の口癖は「Oh não...」。英語でいうオーノーで、なんかやらかしてしまったようなときによく言っています。手が汚れてしまったら「Oh não...」、テーブルから食べ物をおとしてしまったら「Oh não...」などなど。Ohとnãoの間をためて言うので感情が入ってますw それからいろんな質問に何でも「não」と返事をします。イエスの返事もとにかく「não」なので、私たちもつい面白がっていろんな質問をしてしまいます。



師匠がいろんな音や人の言うことをちゃんと注意深く聞いているんだなあと感心したのは、「外に行く?」というと飛んできて自分でサンダルを履き始めたり、キッチンのファンを止めると、料理ができあがって食べるんだとわかって、飛んできてキッチンの椅子によじ登ろうとしたり。10時のおやつはだいたいヨーグルトなのですが、「ヨーグルトを食べる?」という言葉を聞くと、冷蔵庫の前に飛んでいって私がヨーグルトを出すのを待っています。



先月までマーと呼ばれていましたが、マインという言葉を定着させ、マインと呼ばれる毎日です。私が確か保育園の頃、母を「ママ」と呼んでいて、友達に「まだママって呼んでるの?」と言われて“お母さん”と呼ぶように変えた記憶がありますが、マインは幼児語ではなく、大人になっても母をマインと呼ぶので、もう呼び方を変える必要はなさそうです。



師匠は私を叩くようになりました(涙)何かに対してやっちゃだめ、など叱ったりすると、気に入らないのか、私を叩くのです。ときどき小僧からいたずらされて怒った師匠が私を叩きにくることも!とんだとばっちりを受けています。。。

スポンサーサイト



小僧、8歳になりました。



21617635_884723028344734_5803434712660644263_n.jpg



以前は学校でケーキをみんなで食べたいと言っていたのですが、急に気が変わったのか家で食べたいというので、パイに買ってきてもらおうとしたら、自分でケーキを選びたいと主張w パイと一緒に選んだケーキを買ってきました。


ディナーは小僧の好きなシュラスコレストランへ。お腹いっぱい肉を食べて、家に帰ってみんなでケーキでお祝いしました。


ジジババやご近所さんからはお祝いのお金をもらい、プレゼントは欲しかったレゴと妖怪ウォッチの時計風のおもちゃを買い、サプライズでピノキオの木製のおもちゃをあげました。



9月中旬から小学3年生が始まりました。日中は私と師匠だけなので、驚くほど家の中が静かになりました。早速宿題も毎日出て、タブレットを使う時間が減ってほっとしています。3年生からは分度器や三角定規やコンパスを使うようになり、早速コンパスを使って時計の枠を描いたそうです。風邪をひいたり、けがなどしないで1年無事に学校に通えることを願ってます。





師匠、1歳10か月。マ~~~ッ!!!



IMG_2036.jpg



師匠はついに「マイン」や「ママ」と私を呼ばず、究極の略語で私を呼ぶようになりました。「マーッ」と大声で呼ばれる毎日。返事をもらえるまで叫び続けます。



師匠はどうやらゆっくり時間をかけて食べる人のようです。少しずつ食べて、デザートを食べたらまた残りの食事に戻って食べることも。朝ごはんもそうです。もういらないかと思えば、少し経って食べていたりします。自分のペースもあるだろうし、せかさないようにしています。でも、あと少しの時は、「ウン、ドイシュ、トレーシュ」(1,2,3の意味)と口に運ぶときに数字を言うことでなんとか食べてもらおうと手伝います。自分でも1,2,3と言う真似をするようになりました。あと、車のことをなぜか「オカ―ニャ」と呼ぶ師匠。ちなみに小僧は小さいころ「ガギウ」って呼んでいたのですよw



師匠はとにかく外が大好き。外を指さして行きたいとアピール。ドアのそばでアピール。自分でサンダルを履いていつでも行く気マンマンです。日中は暑いからとダメというと、ギャーッと叫んでお冠。ご近所さんがクッキーをいつもくれるからかもしれませんが、とにかく家にいるより楽しいみたいです。小僧はこんな催促をしたことなかったような気がします。師匠は小僧より行動的で、アウトドア派になりそうです。



相変わらずキッチンのキャビネットをよく開ける師匠。チョコやクッキーなどおいしいものの居場所はすでに知っているので、とにかく開けて食べたいのです。ある日そのキャビネットの中にあったワインボトルを持ち出して家の中をウロウロしていた師匠。思わず息を飲みました。。。その場で叱ればワインボトルを離して床にガシャンとなりそうなのが予想できたので、とにかく無口で近づいてパッと取り返しましたよw やっぱり目が離せません。。。



IMG_2049.jpg


師匠はキャンディに興味しんしん。側にいればこんなふうにおさわりしています。




小僧7歳11か月。一人でお泊り。


20767728_1738675866160465_2919684045067075734_n.jpg
@Berlengas



5姉家族がアメリカからやってきて、セカンドハウスに3日ほど一人でお泊りした小僧。すぐにホームシックにならないか心配でしたが、いろんなところに連れて行ってもらい、いとこたちと一緒に過ごしたことで寂しい思いをする暇がなかったのかも。


その中でもいい思い出となったのがPeniche(ペニシェ)という町から船で行くBerlengas(ベルレンガ)という島への旅。ペニシェから約10キロほどの島で、小僧は車酔いをするので、船酔いもあるだろうと5姉が袋などを用意してくれていたようですが、全くリバースしなかったとのこと。


5姉の娘たちも大きくなりました。上の子はもうすぐ大学生!


20664695_201531257048463_9188682755567586434_n.jpg


野生のイルカも見ることができたそう。


20664572_1738676039493781_2465323756329942871_n.jpg



20664981_1738675989493786_3763477164682974348_n.jpg


ビーチで泳いだり、島を観光したりと楽しかったようです。小僧は水を怖がってプール教室も「溺れたらどうするの?」と行きたがらないくらいだったのに、この島では崖から海に飛び降りる遊びを何度もやっていたとのこと。いつからそんな度胸がついたのやら。


小僧はすでに5姉にもらったタブレットを2つも壊してゲームができない状態でしたが、また新しくもらってご満悦。タブレットを使っている間は師匠にちょっかいを出さないので、師匠のギャーという声はほとんど聞かなくなり静かでいいのですが、時間を決めて使うようにはしています。目にもよくないし、何よりゲームは中毒性があるので。。。初日は朝の挨拶もしないで、朝ごはんも食べないでタブレットを使っていたので注意したら、「何が問題なの?」と口答え。早速罰としてその日は夕方まで使用禁止としたのでした。




師匠1歳9か月。キス魔に変貌!



IMG_1821.jpg


師匠は最近キスがお気に入りで、ぬいぐるみや私の足を抱きしめてチュッとよくしています。ときどき私の後ろに回っておしりにチュッとされたときには「ちょ!」となりますけど。。。


相変わらず小僧にちょっかいを出されている師匠は、とにかくよく「ギャー」っと怒りながら叫びます。どんだけ声が通るんだっていうくらいの叫びで、頭が痛くなりそうになるほど。山の中なのでどれだけ叫んでも近所迷惑にもならなくていいのですが、街中で叫んだときはまわりのみんなが振り返るほどです。カフェのおねえさんはびっくりした顔をしておりましたw また思い通りにいかないと手足をバタバタさせて怒るのですが、まるでサンバを踊っているようですよ(爆


師匠は午前10時ごろヨーグルトを食べるのが日課になっているのですが、その食べ方が独特です。私が持っているヨーグルト目がけて小走りでくるのですが、わざわざ後ろに下がって助走をするのです。まず障害物をどけて、後ろに下がって小走りの用意をしてから走ってきてヨーグルトを食べるという感じです。一口食べたらまたその繰り返し。これが楽しく食べる方法のようです。


カーズの乗り物をスイスイ運転できるようになった師匠。以前は要領がつかめず、腰をフリフリして少しずつ進んでいましたが、今は足を器用に使って前にも後ろにも行けるようになりました。横に座って進むことも。なかなかの技です。



最近小僧が師匠にあだ名をつけました。それは「ダンカン」。ダンカンといってもダンカンこの野郎のダンカンではないですw トーマス仲間のダンカン。ダンカンは事故や失敗が多く、師匠がよくプラスチックのコップを落として床を水浸しにしたりするので、そのあだ名をつけたそうです。