ポルトガルでの日々の記録
TOPフリーエリア



師匠1歳7か月。夏は大敵!


^07B9DDED71F7F50B7800F735E516584E6CFFF77727B8F31701^pimgpsh_fullsize_distr



師匠はデリケートな肌持ちなのですが、最近の暑さは師匠の睡眠の邪魔をしているようで、汗をかいてかゆくなり、泣いて夜中に起きることが多いです。なので寝る前にぬるめのシャワーを浴びさせて、クリームを塗って寝かせるようにはしていますが、それでも起きてしまい、少し困っています。エアコンがいるほど暑くない家なので設置してませんが、師匠にとっては暑いかもしれません。


師匠は少しずついろんなことを記憶して行動するようになりました。例えば、2階の部屋で遊ぶときは、ドアを開けないように言っていたので、今ではドアを閉めるようになったり、私に抱っこをせがむときは、私が抱っこしやすいように後ろ向きになって手を挙げて待っていたり、立ってパンツを履かせる時は、足を上げて手伝ってくれるようにもなりました。


また、私の言っていることも理解してきているようで、「おしゃぶりはどこ?」と聞くと、指をさして教えたり、自分で探したりします。


今よく言っているのは・・・マイン、オーリャ(見て、の意味)、シャウ(バイバイの意味)、カォン(犬の意味)、ワンワン、ケ?オケ?(何?の意味)などです。


相変わらず困っているのは、すぐに怒ること。物を投げたりしてましたが、とうとうマインを叩くようにもなりびっくりです。。。かと思えばテンションあがってハハハーッといきなり笑ったり。。。兄弟でも小僧とは少し違う性格は興味深くもあります。



18950950_827672254049812_6445432998716143445_n.jpg
最近行ったお祭りにて


スポンサーサイト


小僧7歳8か月。自ら行動!


^1E16DAE318059944705A5847011E4DAA747EB11DE437FAB8EB^pimgpsh_fullsize_distr


ご近所の女の子の家に遊びに行きたいと思っていた小僧。「いつ行けるの?」と私に聞いていたけれど、「行ってもいいか相手に聞かないと」と言ったら、自ら行動に移すべく、女の子のお母さんに直接交渉したようで、念願かなって遊びにいくことができたのでした。2時間ほど一緒に遊んで、おやつを食べて帰ってきました。写真に写っている小僧はご満悦のようです。可愛かったのは、女の子がおめかしをして外で小僧が来るのを待っていたこと。初々しかったです。


この1ヵ月の間に母の日イベントもありました。それぞれのクラスで食べ物に関するレクチャーみたいなのが行われ、小僧のクラスは練乳にレモンの皮と汁を入れて作る簡単なスイーツ作りをやっておりました。


^C7F315A4E0000C7A3CC07418251430FCF57F72AA3619C36A08^pimgpsh_fullsize_distr
小僧、レモンの皮をすっております。


母の日はお母さんと一緒にエクササイズしたり、一緒に歌を歌ってお祝いしたりする場面もあったのですが、小僧は母をそっちのけで遊んでおりました。。。一緒にいるのが恥ずかしいのか、眼中にないのかはわかりませんが、マインは少し寂しかったです。そのことをパイに話すと、父の日イベントでも、小僧はパイとあまり一緒にいなかったとのこと。


小僧は最近自分で絵と文章を書いて物語を書いていました。たまご男とピザ男の話だったのですが、内容はあまり意味がないというか、ちゃんとした物語になっていないようでしたが、自分でいろいろ考えて作ったものは、出来上がったときに見せてくれた時、うれしく感じました。こういうことは集中してやりますが、外でのお手伝いはなかなか持続できません。冬に暖炉で使う木を運ぶのを手伝ってもらったのですが、とにかくやりたくないので、「足が弱ってる」とか「体が機械のよう」とブツブツ言いながらやっておりました。パイに「機械は疲れ知らずのはずだけど」と言われて、何も言い返せずにおりましたが。。。w それでもパイと木や植物に水やりをするなど短時間のお手伝いはちゃんとやってくれるようになりました。



師匠1歳6か月。もう1歳半。。。早い。



DSCF3964.jpg
それな!


ボールを蹴ることができるようになったことは前に書いたのですが、先日師匠のベッドの中で小僧と一緒にいるのを見た時、なんと師匠が小僧を蹴ったり踏んづけたりしておりましたw とにかく師匠にとって小僧は遊び相手で好きだとは思うのですが、小僧はときどき師匠に意地悪をしたり、ウザいこともあり、そんな時は泣いたり、自分の目の前にあるものを投げたりしていましたが、とうとう蹴って応戦することを覚えたようですw タフな子になるだろうな、と確信しましたよ。


毎日スタスタと歩いている師匠ですが、色の違うタイルに出会ったり、カーペットが敷いてあるところは、段差があると思うのか、立ち止まってかなり慎重に前に進みます。


先日いとこたちが遊びに来た時、師匠より3か月だけ年上のマティルダちゃんが、スプーンを持って一人でもぐもぐ食べているのを見て、師匠にも覚えさせないと、と焦った私。だめなら手づかみでもいいので、とにかく始めから手伝わないことにしました。やはり手づかみが多いのですが、スプーンで一生懸命すくおうと必死でトライするようにもなりました。ちょっと手伝おうとすると怒るようになったので、スプーンに食べ物を乗せて置いてあげると、自分で口まで運ぶようにもなりました。お肉や魚など、おいしいものを先に食べ、ごはんや野菜を後に食べるのがお約束ですw

最近の口癖は 「Que?」(何?) 「O Que?」 (何だって?)で、少し意味は違うものの、本人は指を指しながら言うので、「それは何?」という感じで使っているようです。ときどき「Quem é?」(誰?)も言います。キャンディはあまり言わなくなりましたが、その代わりにCão(犬)をよく言っています。


DSCF3968.jpg

小僧7歳7か月。 言うこときかん坊。。。



18157732_804983052985399_6033726065714611016_n.jpg


なかなか言うことを聞かない小僧。ときどき聞いてるのか聞いてないのかもよくわかりませんw 叱れば必ず言い返して態度も大きいです。先日は、お迎えのバンを待っている時に、車が通るからあちこち行かないようにと何度も言っても聞きませんでした。そんな時は、いつもバンから私に手を振って去るのに、まるで無視。。。


短気なのは血の気が多いポルトガル人の血を引いているのか、私の黙っていない性格が災いしているのかは不明ですが、とにかく宿題ができないと怒り、何かがうまくやれないと怒り、困ったちゃんです。学生のころ私は理科が苦手でなかなか理解できず泣いたことがありますが、小僧は怒るタイプのようですw


相変わらず私の隣で毎日寝る小僧。自分の部屋があってベッドもあるのに、小さいころから添い寝していた習慣がまだ抜けきれません。それなのに、夜中にいきなり「いい夢見てたのにマインのいびきで起こされた」と言う始末。その時は寝ぼけ眼だったので「そんなにうるさかった?」と言いましたが、今考えれば「じゃあ自分の部屋で寝れば?」ですよ。。


小僧はスープにしない限りあまり野菜をたべてくれませんが、先日いとこのアフォンソ君が来てサラダをもりもり食べているのを見て、「自分も食べる!」とすすんでレタスを食べていた小僧。時にはこういう刺激や競争心が小僧には必要そうです。



師匠1歳5カ月。相変わらず。。。




17884432_795668227250215_1389651624702375556_n.jpg





相変わらず、こんなコワイ顔をする師匠。怒っている時は、物を投げたり、テーブルから落としたり、椅子の後ろに頭を打ち付けるようにしたり。。。態度がどんどん大きくなってます。でも何か欲しいときは、指をさしながら甘えた声でねだるようになり、親ばかながらかわいいのでついつい言うことをきいてあげたくなります。1番目の子供よりも2番目の子供は世渡り上手と聞いたことがありますが、まさに師匠もそんな感じ。ある意味賢くなりそうです。


これまでも私がイスに座ってPCを使っている時、師匠はときどき来ては私をペチペチ叩いて呼ぶことはしていたのですが、私が振り向くと、顔を私の体にくっつけるようになり、私が頭をなでてあげたり、ハグしてあげると満足してまたどこかへ行くというやりとりを何度もするようになりました。パイは小僧にはしないで、私にだけしてくれるのがちょっとうれしかったりします。


他にできたことと言えば、ボールを蹴るのができるようになったり、使い方が間違っているような気がしますが、ママ~やパパ~をよく言うようになりました。携帯の使い方を見たことがあるのか、小さな古くなった電卓を耳に持って話すしぐさをするようにもなりました。


師匠はあまりミルクを好んで飲まなくなり、特に寝る前は飲まないのでやめて、朝飲むだけになりました。お腹が空いて起きることはないのですが、昼から少しずつ食事の時間をずらしていき、夕食は私たちの食べる時間(夜8時ごろ)にして、ゆっくり食事をとって9時すぎにはベッドに入ります。すぐには寝ませんが、ちょっと遊んだりしたあとで自分で横になり、寝るという感じです。それでもときどき夜中に起こされます。だいたいPCで「BabyTV」の動画を少し見せたりしたあとは、ディズニーのオルゴール音楽を聞かせながら寝かしつけがお約束になっています。