ポルトガルでの日々の記録
TOPフリーエリア


何度か実家に行くと、田舎の掟があるな~と感じさせられる。






それは・・・










ひたすら忍耐。 ( ̄_ ̄ ) 石になっとこ。







ま、これはポルトガルに住むにあたってもそうなんですけど、田舎はもっとハードルが高くなります。





例えば同じ集落に住む友達などと、車ですれ違ったとする。そこで立ち話ならぬ、すれ違い話が始まる・・・










どんなに後ろで待っている車やバイ

クがいようとも。
 はい。そんなの関係ねーですよ。






そして待たされている人たちも、いつものことのように、ひたすら待つ。会話が終わるまで待つ。




誰もイラッとしていないのが田舎生まれ、田舎育ちのせいでしょうかね。まさにスローライフ。



逆にそんなスローライフだったのにも関わらず、どこをどうカブレてしまったのか、忍耐に欠ける男・・・それは















うちのダンナ。 USA帰り






ある日スーパーに行って、レジに並ぼうとしたところで、レジのおばはんが、いきなり「クローズ」の盾をサッと出した。でも客としゃべくりに花咲かせまくり。どうやら客は知り合いで、話がしたいがためにクローズにいきなりしたようだった。




これにはもう・・・





イライライラッ。となったダンナ。





そろそろポルトガルペースに戻すべきでっせ~旦那ァ~




P5090069.jpg
あんたもや。





応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア


スポンサーサイト




また会ってきました、ジニーニャ







PB010008.jpg






PB010009.jpg





またくう~んと鳴いて迎えてくれたものの、少ししたら・・・




PB010010.jpg








とっとと帰る。






感動の再会場面じゃないのよ~。ヽ(`д´)ノプンプンッ




それでも、口笛一つでやってくる。




PB040019.jpg




PB040020.jpg






でも、食べ物がないと・・・







PB040022.jpg






すべて食べ物のためにすっとんで来ていたなら・・・









やっぱりジニーニャは犬なのね、と思うしかない・・・(´д)=з







P5090070.jpg
口笛は食事の合図。




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア



PB020011.jpg




実家に着くと、秋色の景色が広がっていて素敵でした。



実家の敷地内は、ぶどうの木や、いちじくの木などがありましたが、状態が良くないこと、そして家を建てることもあって切り倒してしまいました。今残っているのは、桃の木と、栗の木。



PB010005.jpg




この栗の木もあまり状態が良くないかもしれないけれど、栗の出来具合を見てからにしようと、残しておいたのでした。


PB010007.jpg




木の下には、栗がいっぱい落ちていました。



PB010006.jpg




状態のよさそうな栗を持って帰ってきました。



そして、秋になると食べたくなる栗きんとんを今日作ってみました!




といっても、茹でて、砂糖をまぶすだけの簡単なお菓子ですけどね。




PB070035.jpg




どーですか。この素朴な感じ。秋がつまったお茶菓子です。




やっぱり栗の木、残しておこう。




P5090070.jpg
食欲の秋やね





応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア





PB040028.jpg
山も秋色





実家から戻ってまいりました。







いやー






北は寒かった。 2日ほど寒かった。





今回は、祝日があったので、みんながきっと移動する夕方~夜を避け、明け方4時半くらいに出かけていったのですが、








そもそもそれが大きな間違いで。





高速に入ったころ、もちろん交通量も少ないので、少し飛ばしてたんです。(←危ねー)



ふと見ると、警察が。



やヴぁいよ、やヴぁいよー。と思っていたけれど、追いかけてくる様子もないので放置。



でも少しすると、ランプがクルクル回り、







ハイ、誘導。 






サービスエリアに誘導ー。(これは、うれしくもない心遣いなのですよ)




スピードで捕まったかと思ったら、左車線にずっといたからだとか。



右車線にいなきゃいけないらしい。追い越す時だけ左車線に行ってもいいとか・・・そんなルールあるんだね。






てか、左車線ばかりいたんだけどな

ー、いつも。





警察が、話し始める度に、ダンナの名前を先に呼ぶのが笑えた。









話しかけるのは、ダンナしかいない

はずですが・・・
 私は寝たフリ♪







その他にも、飲酒をしているかのテスト(息を吹きかける機械ね)とか、質問が。





「これからどこに行くのだね?」


っていう質問には、









それは言えねー (`τ´)






とか言いたいところ。 行っちゃいけない所があったら教えて♪





どこの出身かの話になって、一人の警察官が、







「僕はアルガルベの出身」て。











知らん、知らん。そんなの知らん。そんなプチ情報もいらん。





さて、このサービスエリア誘導。実は、チケットを切られて罰金を払わなくてはいけないのですが、それも






その場で払わなくてはいけないの

だすよー。(+△+;)
 放置できねー






もし払えないなら、その場で免許取り上げられるのだとか。


だから、ATMでお金も下ろせるようにの配慮か(?)サービスエリアに誘導してくれたんですねー。ありがたいわーってこりゃ!




60ユーロというイタイ出費が私たちを襲ったのですたー。



お陰で、「もうイタイ出費は御免」と普段よりもスピードを出さなかったり、帰りに渋滞にあったのもあって、いつもよりガソリンの減りがすくなかったと喜んでいたダンナ。いい勉強になったと思うしかありませぬ。




P5090070.jpg
スピードで捕まるよりよかったやん



スピードは、罰金も多いようですからね。




応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア







PA300002.jpg





11月1日が万聖節という祝日にあたり、週末まで連休にして、実家のほうへ行ってきます。ずっと晴天だといいのですが・・・



写真のバッグは、小旅行で活躍しているVera Bradley(ベラ・ブラッドリー)のもの。


ニューヨーカーが休暇に行く、ロングアイランドのハンプトンにハイソな方達がよく使っていることから、通称ハンプトンバッグとも呼ばれているようです。


本当に失礼ながら、始めは「あのオバサンバッグは何?」と思っていたのですが、上品な若い女の子が持ち歩くのをよく見かけるようになり、存在を知って、遂には私まで購入。


ハイソな方達がお持ちなのは承知なのですが、ハイソじゃない人でも手が届く価格が何よりもうれしいところです。



それでは、またネタを集めて?戻ってきます。




P5090070.jpg
4兄と行動は同じやん



他人の持っているのが欲しくなった結果ですわい。



応援クリックよろすくお願いします。



人気blogランキングへ
   





←ひとみんオススメコスメ☆

4万人のカウンセリングから生まれた
 結果の出せるスキンケア