ポルトガルでの日々の記録
TOPフリーエリア



師匠9か月。急にいろいろできるようになりました。


DSCF3335.jpg


拍手のやり方を教えてあげたらすぐに覚え、得意がってやるようになりました。師匠の名前を呼ぶと、呼んでいる人をパッと探して見るようにもなったし、自ら手を伸ばしてほしいものを掴むようにもなりました。この1カ月でいろいろ急にできるようになったので驚きです。

今ではうつ伏せからくるっと向きを変えてお座りをし、ベッドの柵を掴んで覗き込むようにもなり、柵の高さを上げて立って落ちないようにもしました。歩行器は座ったり立ったりする練習になるので上達が早いのかもしれません。


驚いたのは、本当はまだ早いのですが、バニラアイスを2,3度舐めさせてあげたことがあり、そのおいしさを忘れていないようで、ある日いきなり大騒ぎするので何かと思えば、小僧がアイスを食べていたのを見て「ちょうだい」とおねだりしていたわけです。言葉は話せなくても、意思表示ができるようにもなったんだなあと感心させられたのでした。


ちょっと困るのは、ベッドからものを落とすブームが来ているようです。おもちゃやおしゃぶりを手に取ってベッドからポイっ!その都度洗いに行くのが大変です(T_T)

スポンサーサイト


師匠8か月。うつ伏せができるようになりました。


DSCF3271.jpg


仰向けからゴロンとうつ伏せをして、こんな状態をしていることが増えました。この状態が疲れると泣くこともありますが、これで絶壁の頭が改善されるんじゃないかと思いますw


そしてうつ伏せができるようになったことで、ベッドから覗くこともできるようになりました。


DSCF3212.jpg


気が付くとソファーベッドにいる私をガン見。話しかけるとニコニコしてベタっとベッドに横たわるため、消えてしまいますが、また起き上がってガン見。そんなことばかりしておりますよ。


相変わらず叫ぶことも多い師匠ですが、気分がいいときに行うので、家族はみんなで叫び返しをしてます。普段なかなか言わない「ヴァ」のような言葉を発することがあるので、言葉が言えるようになるのももうすぐかもしれません。「ジジ」「ババ」「ママ」「パパ」を本人の前で言っていますが、今のところニコニコするのみです。。。



小僧6歳9か月。また取れました。


DSCF3220.jpg


前歯がとれて、笑うとちょっと滑稽。先日食事中に小僧が吹いた時、食べていたご飯が前歯の穴から米粒が飛んできたことがあって、私もそれで吹きましたw すでに新しい歯が出始めているのですが、その歯が押し出そうとしているせいなのか、夜中に痛くて寝れない日がありました。水でうがいすれば少しの間は痛みがなくなるようで、何度も繰り返ししてその夜は乗り切りました。その後は痛みはきてません。


すでに小僧は夏休みに入っていますが、宿題も何もないのでちょっとダラダラ過ごしてしまっています。お勉強を勧めるのですがやる気ナシです。おまけになかなか言うことをきかず、口答えも増えました。ちょっと頼めば「すぐ僕に手伝わせるー」と言う始末です。


そんな小僧ではありますが、小学1年生だった1年間はそれなりに勉強を頑張ったようで、総合成績はとてもよかったので褒めてあげました。無事に9月からは小学2年生になれます。


相変わらず悪い夢を見たり、眠れない時もときどきあってかわいそうですが、先日小僧は眠れない時、小さな声で歌を歌っていたようです。それを聞いて抱きしめずにはいられませんでした;;



師匠7か月。いろいろ使っています。


DSCF3185.jpg


歩行器を使い始めました。でもまだまだ後ずさりが多く、前に進むのは少しだけです。テーブルにも赤ちゃん用の椅子をつけて座らせています。まだ少しフラフラするので、バスタオルで固定したりしてます。おかげで離乳食をあげるのが楽になりました。約7キロの師匠を抱えては結構たいへんだったので・・・

以前は離乳食を泣きながら食べていましたが、もう慣れてきたのか泣かずに食べるようになりました。食事を与えるのも一定になってきました。朝はミルク、昼はスープ、午後は甘い離乳食、夕食にスープ、寝る前にミルク で、朝までぐっすりという感じです。

また寝返りがうてるようになりました。これで少しは絶壁の頭が改善されるかな。。。


師匠は乾燥肌で、かゆみがよく出るので爪で顔や体を引っ掻くため、靴下をはめたり、クリームを塗って保湿を十分にするなどしていたわけですが、どうやら引っ掻いたところから細菌が入ってしまって、それを触って他の所をまた引っ掻いて、という状態で、だんだん肌がひどくなり、病院に連れて行ったら、そのまま治療のために入院が必要となり、先週4日ほど泊まり込みで付き添いしておりました。

付き添い人用のベッドもあり、食事も、朝昼おやつ夕と4回も出してくれるので助かるわけですが、ネットも使う人が多くてつながったり、つながらなかったりで師匠が寝ている間は暇で、雑誌を読んだりダウンロードしてきた曲などを聞いたりと過ごしておりました。師匠はというと、点滴姿がかわいそうでしたが、本人はいたって元気で、食事もちゃんととり、看護師さんや医者にもニコニコしていい子でおりました。今は傷もだいぶ良くなってきました。




小僧6歳8か月。心配。。。


DSCF3158.jpg
Zomlingsというおもちゃにハマっている小僧。


ご近所に住んでいたテルムリンダおばあちゃんとその旦那さんが去年なくなり、そのあとから「死ぬということ」を強く感じ取ってしまったのか、ときどき、「パイとマインが死んだら、自分は誰と住むの?」とか「マインは死んでほしくない」など言ってきていた小僧。そして最近はよく考えてしまうようで、夜にベッドで一人考えたりして、怖くなると私のところに来て泣くこともあります。小僧自らが病気になって死んでいく夢もみるようで、トラウマになってしまっていないかと心配です。ネットで調べてみると、同じことで悩んでいる人もいて、「正常に成長している証拠」という言葉を見て少しほっとはしているものの、私が6歳の時には考えもしなかったことを小僧は考え、恐怖を感じていると思うととても辛く感じています。


もうすぐ小学校1年生が終了するわけですが、ずいぶんと読みもできるようになったんだなあと感じました。ものの写真やイラストとそれが何かを指す字が書かれている本があるのですが、小学生になる前は読みがまだまだできず、写真を見てものは何かを記憶して言っていましたが、今では字を見てそれを読むようになったのはずいぶん大きな成長に感じます。本も自分で読むようになったり、文章も書けるようになりました。


小僧にこのホームページを見せると、載っている写真に疑問を持ったようで、「どうやってカメラで写した写真をパソコンに移せるの?」と聞いてきました。今どきの疑問だなあとつくづく思ってしまいましたw 気が付けば、中古のタブレットを小僧に与えるようになってからは、自分でキャラクターなどの画像をグーグルで検索してパソコンに保存したり、トップページのアイコンをカスタマイズしたり、いろいろできるようになりました。Youtubeから見たい動画を検索したいけど、スペルがわからない時などは、私に聞いて自分でタイプもするので、子供の覚える速さはすごいなと感心させられます。


先日、まる一日がかりで遠足に行ってきた小僧。バス移動の時間が長いので、車酔いやおもらしがあるかも?と念のために着替えとかも持たせて行かせましたが、問題なかったようです。初めて小僧のためにお弁当も作りました。キャラ弁でも作ろうかと考えていたのですが、冷たいご飯を食べさせるのはかわいそうだとパイが言うので、ツナサンドとチキンカツサンド、ソーセージにゆで卵を入れて持たせましたが、ほとんど食べてくれていたのでよかったです。